Step by Step

archive: 2006年11月  1/1

一体何が彼を駆り立てるのか

No image

おとといの晩からメールが受信できなくなり、とりあえずWEBメールで内容確認だけはしていたんですが、さすがに丸1日以上受信不可っていうのは不便を通り越してイライラにつながり、サポートセンターに問い合わせるやら自分であれこれ解決策を探るやらで、本当に何にもできなかった今日一日。結局サポートからの返信が来る前に、何とか解決させました。サーバーのメール詰まりが原因だったようなのだけど、特に大きなメールが届いて...

  •  2
  •  0

あと1ヶ月

11月もあと2日。1年なんてあっという間だなあと思います。今でもまだクリスマスまであと1ヶ月もあるというのに、11月に入ったとたん、正月飾りを売ってましたからね……。商戦とはいえ、このフライング(?)はちょっとやりすぎじゃないのかなあと、季節先取りビジネスにちょっと違和感を覚えつつ……。 さて、最近はクリスマスのイルミネーションを、 普通のご家庭でもされているところが多くなりました。 それも窓の内側にで...

  •  2
  •  0

「のだめ」Lesson7

No image

千秋 「オレが親なら、お前だけには絶対預けたくない」……ぎゃぼー! 初めて千秋様が「鬼で悪魔」に見えました。(涙そんな風に言わなくったって!!!先生になりたい人に向かって、これって一番堪える言葉ですよ…。「上を目指す」って、本当にどういう意味があるのだろうなあと考えたLesson7。幼稚園の先生になりたいのだめには、なぜ「上」を目指さなければならないのかが、理解できていません。「上」って、単純に上の地位という意味もあ...

  •  4
  •  0

さらば背番号18。

No image

桑田真澄が巨人を去った。私が巨人ファンだったのは、中学高校のときだ。祖父も父も大の巨人ファンで、私にとっての夏の風物詩は、蝉と扇風機と野球中継だった。だがそれ以上にファン心に火をつけたのが中学時代の同級生。彼女と彼女の家族は熱心な巨人ファンで、それこそ学校を休んでまで観戦に行くほどだった。あるときなど、彼女は風邪という理由で学校を休んでいたのだが、その晩の野球中継でしっかりテレビに映ってしまったこ...

  •  2
  •  0

やっぱり生オケはいい!

No image

日曜日、「キップが余ってる」と友人から誘われて、オーケストラの演奏会に行ってきました。前回行ったオケの演奏会が去年の10月。そのときは子供向けのものだったので、きちんとした演奏会というと、去年の2月まで遡ることになり、なんと1年半ぶりでした。学生時代は週1回、ひどいときは週に2回も3回もオケの演奏会に行っていたことを思うと、本当に全然クラシックを聞かなくなってたんだなあとしみじみ思います。まあチケッ...

  •  2
  •  0

「のだめ」Lesson6

No image

Sオケが宴会やってた居酒屋はどこですか!?あの居酒屋に、興味をそそられる焼酎が!!!◆米焼酎 「甘美な閃き」◆黒糖焼酎 「腹中の思惑」◆麦焼酎 「謀」どれも飲みたいですが、ひとつだけ選べと言われたら迷わず「謀」ですね。香ばしさに加えて、ちょっとクセのある味で所望。もちろんロックで飲みますよ~~~!……って、セットなのはわかってるんだけどさー。(苦笑それはさておき。それぞれが、それぞれの歩む道を見つけたLesson6。...

  •  4
  •  0

酒バトン

No image

ブログで親しくさせていただいている、Akiさんから頂きました。以前にも「酒バトン」が回ってきたんですが、今回は別な設問のようです。【1.好きなお酒はなんですか?】やっぱり日本酒と焼酎ですかねえ。寒くなってきたから温かいのがいいな~。【2.嫌いな(または苦手な)お酒はなんですか?】それは、ビールです!味というより、炭酸系がだめなんですよ。お腹一杯になっちゃう!なので「とりあえず生ビール」ってことは、私はめ...

  •  14
  •  3

そこにニューヨークを見た。

No image

昨夜、『tick, tick...BOOM !』新潟公演を見てきました。Akiさんのところに、「開場と同時に席に着くべし?」とあったので、なんと開場15分前には劇場に入ってしまいました。これまでの人生で、チケットを持っているのにこんなに早く劇場に着いたのは初めて!とはいえ理由はそれだけじゃなく、隣のホールで吉井和哉のライヴがあったので、共有してる駐車場の激込みが予想できたというのもありました。おまけに大荒れの天気でしたか...

  •  4
  •  0

ママじゃないよ

No image

スーパーで買い物をしていたら、4歳くらいの女の子が走ってきました。私の前で立ち止まり、ひとしきり私の顔を眺めたあと、クルッと45度回転して別なほうへ行ってしまいました。突然のことに呆気にとられていた私に、女の子を追ってきたらしい店員さんが、「あら、お嬢さんじゃないんですか?」と、声をかけてきました。「え? 違いますけど…」女の子を捜して視線を動かすと、店の外へ出て行こうとする姿が目に。慌てて店員さんが...

  •  2
  •  0

「のだめ」Lesson5

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。ラフマニノフというのは手が大きくないと物理的に弾くのが難しく、この2番もしょっぱなから手が届かないというクセモノ。最初の和音は、男性なら一発でとらえられる人も多いでしょうが、女性にはなかなか厳しいというか、一発でとらえられる人はほとんどいないはず。そういう曲なので、千秋様は一発で和音をつかまえるのか、それともバスと上の音に分けて弾くのか、そこが一番気になっちゃうわ...

  •  6
  •  1

ご不浄のお話

No image

ウィーンの「オペラ・トイレ」(国立歌劇場地下アーケード街にある)に設置されていた、男性用の「唇トイレ」が非難集中で撤去⇒オークション出品となり、1,510ユーロ(現在のレートで約23万円弱)で落札された話。この唇トイレ、女性の口を模っていて、マリリン・モンロー並のぷるっぷるの唇に、白い歯が輝くトイレに向けて、男性が用を足すという代物。観光スポットとしては人気があったようですが、果たして芸術なのか悪趣味なのか……。で...

  •  4
  •  0

まな板の鯉

No image

朝9時、大学病院へ行きました。今日はなぜか全館にクラシックがかかっていて、それがなんとワーグナーの「タンホイザー序曲」。「財前教授の総回診です」(@白い巨塔)というアナウンスが今にも聞こえてきそうで、ちょっと緊張しました。(苦笑といっても、行き先は歯学部だったんですが。酷い肩こり持ちの私は、月2回ほど整体に通っているのですが、そこで毎回「あごの調子は大丈夫?」と聞かれるんです。昔、顎関節が痛くて口が開かな...

  •  6
  •  0

「のだめ」&BGM Lesson4

No image

学校の練習室で窓も開けずに七輪で魚を焼くのだめ。練習室って防音だし、機密性高くて危険だってば!それ以前に、ピアノに魚の臭いが移るじゃねーか。(怒とか。のだめが作った大量のおにぎりを、翌朝食べた千秋。ラップもかけずに一晩放置しといたらご飯乾燥してマズイよ…。もしかしてそれで具から腐って、練習で倒れた?(←深読みしすぎとか。何でAオケの前座であるSオケのほうが、定期演奏会での演奏時間が長いのか?(Aオケの演奏...

  •  6
  •  0

息抜きは性格判断

No image

仕事で行き詰まると、つい「性格判断」やら「各種能力検定」なんかに手を出してしまいます。昨夜見つけて結構合ってるなあと思ったのが、こちら「ツカエル! 相性占い」です。特に相性に関心がなくとも、性格、性質、対人関係、恋愛性質まで詳しく出てくるので、かなり読み応えのあるものだと思います。そこに多数の有名人のサンプルを加えて、最高のパートナーだの、最悪の関係だの、あるいは最高の上司から最高の部下まで、いくつかの...

  •  4
  •  0

愛の呪文料理

本日文化の日。文化の日というのは、統計的に見て快晴なことが多いのですが、今年もその例に漏れず、心地よい秋晴れの1日でした。だけど一歩も外に出なかった……。(苦笑そんなわけで、さて今夜は何を食べようかと冷蔵庫を覗いたところ、茹でたブロッコリーの残りを発見。ふと「ミッレリーゲ・アラ・パンナ・コン・イ・ブロッコリ」が作れるのでは?と思い、さらに覗いてみると牛乳もバターもあったので、安易にメニュー決定。この M...

  •  2
  •  1

12月を目前にして感じる焦り

日本人の気が早いのか、それとも単にビジネスのためだけなのか、シーズンを先取るペースが年々早くなっているように思います。11月に入ったとたん、クリスマス飾りと並んでもう正月飾りが置いてある。ここまでやられると、なんとなく節操がないように感じてしまうのは、私だけでしょうか。 最近は、クリスマスに家をライトアップするご家庭が、 非常に増えてきました。 住宅街を歩いていると、あちこちで外壁や窓に、 色鮮やか...

  •  0
  •  0

何にもなくてごめんなさい。

No image

このブログで、1つ気になっていることがあります。それは、6月くらいから毎日、ほぼ同じキーワードの検索で、このブログにたどり着かれる方が多数いらっしゃるということです。そのキーワードとは、「水着&ハプニング」。すごいです。本当に毎日毎日、誰かがこの検索ワードでここを覗いてるんです。もう11月だというのに、検索ワードの上位に相変わらずランクされてます。皆さん一体何を期待して検索されるんでしょうか。やっぱ...

  •  5
  •  0

250種類もある「ものもらい」

No image

子供の頃は、よく「ものもらい」ができたものです。目の中におできみたいなものができて、かゆかったり痛かったり。毎日新聞のWebサイトで、「共通語だと思っていたのに、使ったら驚かれた言葉」の1つとして、この「ものもらい」が紹介されていました。ロート製薬では、2004年に「ものもらい」の呼び名を全国調査し、全部で250以上の名称が集まったとか。因みに私は子供のときから「ものもらい」と言ってましたが、母はいつも「めっぱ...

  •  2
  •  1