Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

龍馬の旅 

昨日のエントリと同日、崇福寺や興福寺といった寺が並ぶ寺町を歩いていたら、
「亀山社中へ」という案内板を発見、何となくそれに導かれて「龍馬通り」を進んでみました。
私は坂本龍馬という人にそれほど愛着があったわけではないのですが、
「新選組!」を見た後とあっては、幕末を知るに欠かせない人物である以上、
そのまま通り過ぎることはできない気がしました。
亀山社中跡亀山社中は、理想の日本を実現するその第一歩として、
薩摩藩などの援助で龍馬が設立した貿易商で、
後に海援隊となり、薩長同盟締結にも貢献しています。
そんな亀山社中跡に行くには、
長い長い坂道を登らねばなりません。
ここを、亀山社中の同志たちは常に昇り降りしていたといい、
今では「龍馬通り」という名で親しまれているとのこと。
しかしいくら親しまれているといっても、
この坂道は半端じゃありませんでした。(泣
何しろこんなところに来る予定もなかったし、
そもそもこんなにしんどい坂道だとも知らなかったため、
足には8センチ高のハイヒールでございます。
しかもやっと辿りついてみれば、3月19日をもって閉館との張り紙が!!!
まあね、何の下調べもせずに来た自分が悪いんですけどね、
ここまでハイヒールで上ってきたことを思うと、その落胆やいかに…。
でもそこは、
「この道を龍馬たちは毎日昇り降りして、日本の将来のために活動していたんだ」
「ここから長崎の街を眺めて、『長崎はわしの希望じゃ』って思ってたんだ」
なんて、ろまんち(ロマンチスト=「新選組!!」参照)になってみることで、
疲れた自分を癒してみました。(苦笑
龍馬といえばブーツですが、私は下駄の方が好きだなあ。
下駄の軽やかな音が、颯爽って感じを醸し出すから。
さあ、ここまで来たら、司馬遼太郎の「龍馬がゆく」を読まねばなりませんね。
そんな読書の共にはこちら、「龍馬が愛した珈琲」がお勧め?
幕末珈琲 幕末のコーヒーを再現ですってよ!
 一応当時の焙煎方法でって書いてありますが、
 どんな味がするんでしょうね。
 今よりも粗っぽい感じなのかな、苦いのかな?
 と、いろいろ調べてたら、
 タカラから「創造空間 歴史の魂(かけら)」という、
 フィギュアシリーズが出ていることを知りました。
 「本能寺の変」「池田屋襲撃」「薩長同盟締結」の3種類があって、
その歴史的場面をフィギュアで再現すると共に、
【モンタージュボイス技術により、写真や似顔絵の骨格から、
実際の偉人たちの肉声を完全再現(アマゾンより引用)】した、究極のジオラマだそうです。
ジオラマにはあんまり興味ないけど、声は聴いてみたいですねえ。
長崎の街を歩き、龍馬に思いを馳せていたら、
何となく自分も前向きに駆けてみたくなりました。
うーん、ろまんちだな…。
[ 2006/03/30 23:10 ] 史跡めぐり | TB(0) | CM(2)

長崎はやっぱり雨だった 

九州は長崎。雪国の人間から見れば、とんでもなく南な都市。
当然、爽やかな春の風とポカポカ陽気、美しい桜を期待していったはずが、
なんとも冷たい風に桜も縮こまっていて、少々がっかり。
しかも仕事中はずっと晴天で、やっと解放されて「観光!」と思った途端に雨が降るとは!

一日乗車券 今回必ず行こうと思っていたのが、浦上天主堂。
 ここにはイギリス・マンダー社製の、
 立派なパイプオルガンがあり、
 どうしても見たかったんです。
 3段鍵盤でストップ数も52と、かなり大きなもの。
 出来れば触りたかったんですが、
 信徒でもなければオルガニストでもない私には、
 やはり無理というもの。
一応知り合いの神父様を通して、きちんと探りは入れたんですけどね、ダメでしたわ…。(涙
でも長崎まで来たんです。せめて下からパイプだけでも眺めたい!
受付の男性にお願いして、何とかその姿だけは確認してきました。

その浦上天主堂から下ってくると、そこは原爆落下中心地。
平和公園や原爆資料館は1度訪れているので、原爆落下中心地公園を歩いてみました。
長崎展望あたりはすっかり整地され、桜などの樹木も茂り、
まるで普通の公園のようです。
もちろんモニュメントがあります
落下中心地を示す黒御影石の碑があります。
浦上天主堂の遺壁が建っています。
だけどそれと意識しなければ、
原爆と結びつけることさえ出来ないほど、
穏やかな広場なのです。
碑の脇には、原爆落下に関する説明板、加えて当時の地図も掲示されていました。
昭和20年当時、この一帯には地元の有力者の別荘と庭があり、
その周りは一般市民が暮らす住宅街だったようです。
米屋、歯医者、金物屋、魚屋…。
その住宅地図を見ていると、人々のごく普通の営みが蘇ってくる気がして、
それらを一瞬で無に帰した原爆の事実を前に、恐怖で身が震えました。
ところが、ふと広い公園を振り返ってみると、子供が駆け回り、
ベンチでは若者がハンバーガーをほおばっています。
反対側では若い女性が携帯電話でおしゃべりをしています。
「原爆のことを考えると、今でも恐ろしさが拭えない」という被爆者の方々がいる一方で、
こうした場所が、ごく普通の公園として市民の中に定着しつつあることに、
60年の年月を思わずにいられませんでした。
[ 2006/03/29 22:40 ] 旅行/出張 | TB(0) | CM(0)

おめでとう☆王JAPAN!!! 

WBCが始まる前、確か王JAPANメンバーが発表されたとき、
イチロー選手が「日の丸をつけて戦うのが嬉しい」と言っていたように記憶しています。
彼の熱っぽい口調に、「日本代表」という重みをずしりと感じた気がしました。
「日本代表」といえばサッカーもあるし、バレーボールもあるし、
その他個人競技のスポーツでも、国際試合に参加する選手たちは日本代表です。
だけどイチロー選手ほど、日本を代表しているんだという意識を強調した人は、
これまでにいなかったような気がします。
それは、現在の国民的スポーツとしての歴史を持つ野球だからなのか、
あるいはアメリカで長く活躍しているイチロー選手だったからなのか。
いずれにしても、その彼の決意がチームを引っ張っていたと言っても、
過言ではないと感じました。
挑発的と受け取られた発言も、「屈辱的」という言葉も、
イチロー選手だから言えたのだと思うし、彼がそう言ってくれることで、
他の選手それぞれがそれぞれの思いを消化できたんじゃないかとも思います。
個人主義と思われているイチロー選手ですが、彼は自分の立場、
自分がやらなければならないことを充分わかっているし、
それに対してきちんと責任を果たせる人。
プレーヤーとしての技術は言うまでもなく、やはりすごい人なのだと、
今更ながら見せつけられた思いです。
チームの若い選手が、イチロー選手の隣のロッカーを取るのに必死というも頷けます。
それだけのものを、彼は持っていますからね。

決勝の今日、6-5と追いつかれてからの日本選手たちは、
ファインプレーならぬ執念プレーを見せていたと思います。
川崎選手のホームベース右手タッチ、松中選手の力走、大塚選手の見事な三振。
スイングアウトの三振で優勝なんてドラマのようでした。
そんな選手たちの活躍は、
「このチームで、メジャーでやりたいぐらいです」
というイチロー選手の言葉が、多分全てを表してるんじゃないでしょうか。
最後に王監督。見事な采配ぶり。
選手を信じるっていうものすごい初歩的な、
だけど一番大切なことを思い出させてくれました。

たかが野球で、何で涙が出るんだろ…。
スポーツを見て泣いてしまったのは、これが初めてです。
[ 2006/03/21 23:15 ] スポーツ | TB(0) | CM(2)

終わっちゃった 

オルガンの発表会が終わりました。
本番はあんまり緊張することもなく、音がとても心地良くて、
こんな凄い楽器で弾かせてもらえて幸せだな~なんて感じながら弾いてました。
自己満足に終わらないよう、ちゃんと反省もしましたけど。(笑
本番前はドキドキするけれど、終わっちゃうとやっぱり寂しい。

前日のゲネプロで先生からもらったいくつものダメ出しを、その晩必死に練習し、
翌日の本番で実行しようとしたんですけど、いや~付け焼刃は無理ですね。(苦笑
「これは一か八かのチャレンジになるな」と思ってた部分は、やっぱり成功しませんでした。
練習あってこその本番。日々精進です。

そんなこんなで本番も無事終わり、打ち上げと相成ったのですが、
そこでの話題にショックなことが1つ。
オルガニストはみんな足の付け根に「痣」ができるって話。
オルガンは足鍵盤があって足に重心をかけられないので、腹筋と背筋と腰で体を支えます。
なので腰痛がオルガニストの宿命なのは理解してましたが、「痣」って何よ?と。
お尻の真下に、信じられない痣ができるのは嘘のような本当の話だそうで。
多分、オルガンの椅子は木製で硬いですし、その上を腰を使って移動したり、
重心乗せて体を支えたりしてるので、圧力がかかりすぎるんだと思います。
ヴァイオリニストの首にある「痣」と同じです。
門下の人曰く、「絶対水着は着れないよ! 温泉だって行けないよ。
荒川静香みたいな格好だって出来ないよ」
いえあの、荒川さんのような格好は、普通でもしないですから!(苦笑
そこへ先生が一言。「痣がなかったらオルガニストじゃないわよ!」
ごもっともなお言葉で、「これは勲章だよね」ってことで話は落ち着いたんですけどね。
やはりちょっとショックでした。
だからといってみなさん、今後オルガン弾く人を見るたびに、
「この人も腿の付け根に痣があるんだなー」とか想像しないように!!!
[ 2006/03/20 00:37 ] 音楽/オルガン | TB(0) | CM(0)

久しぶりにビーズワーク 

オルガンの演奏会用に、ビーズでイヤリングを作ってみました。

イヤリング(長) ←初めはモチーフを3つにするつもりでしたが、

  イヤリング(短)
耳につけてみたら長すぎたので、分解して2つのイヤリングにしちゃいました。↑
最近はテグスでビーズを編むのが面倒になり、もっぱらピン使いばかりです。
頼まれていて作らなくちゃいけないものが、いっぱい溜まってるんですけどね…。
テグス恐怖症になっててやる気がおきません。(苦笑
だって、ビーズに通すのが面倒なんだものー。特に2~3廻り目になると!!!
それにピンだと、ペンチとか使えるのが楽しくて。
ペンチやドライバーの作業が、なぜか大好きです。(笑
[ 2006/03/18 00:40 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

SAPPORO☆畑が見えるビール 

「サッポロ 畑が見えるビール」が昨日3月15日、全国で発売になりました!
320,000函(大瓶換算)の数量限定販売だそうです。
畑が見えるビール
買い物に行ったらPR部隊のおばちゃんにまんまと捕まり、
延々とドイツビールの説明を聞かされてしまいました。
すごいはりきって説明されていたので、途中で立ち去るわけにもいかず、
3缶(350ml)で630円はちと高い…と思いつつも、おばちゃんの思惑にはまってお買い上げ。
材料は、サッポロ指定のドイツ契約農家から調達。
ドイツの大麦とホップ、そして水以外何も入っていない麦芽100%のプレミアムビール。
ドイツはミュンヘンで親しまれているヘレスタイプのビールとのこと。
日本は軟水なのでビールといえばピルスナーが主流ですが、
硬水で作るヘレスなので、どうしても限定生産になっちゃうんだそうです。
「限定生産」。この言葉には弱いですね。(苦笑
ヘレスは口当たりが滑らかで、苦味も少ないので女性向けかなと思います。
でもピルスナーに慣れていると、ちょっと物足りない感じがするかもしれません。
ヘレスは語源(helles=明るい)通り淡い金色と、爽やな風味が魅力ですから、
グッと冷やして飲むと美味しいと思いますよ!
[ 2006/03/16 23:17 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(2)

神はサイコロを振らないのだろう。 

2006年冬クールのドラマで唯一見ていた作品「神はサイコロを振らない」が、
今夜とうとう最終回を迎えました。


忘れてた。(汗


今週はちょっと余裕がない上、曜日ではなく日付で行動していたせいかすっかり失念。
今、他人様のブログで拝見するまでまったく気づきませんでした。
おまけにこの作品、録画もしてなかったですし。
あ~ここまできて、肝心の最終回を見逃すなんて!!!
402便の乗客は予想通り消えてしまったようですが、
その瞬間をそれぞれがどう過ごしていたのか、見逃したことはあまりに悔しい…。
今期はドラマ「氷壁」も途中で見逃し、最終回も見逃し、
結局どちらのドラマも結末がわからないという、超欲求不満な結果になってしまいました。
なので、今日のタイトルは「神はサイコロを振らないのだろう」と、推定形です。(涙
これはもう、原作を読むしかないってことですね…。
だけどやっぱり、小林聡美さん演ずるヤス子を最後まで見守りたかった。
うー、眠れなくなりそうなくらい悔しい。
[ 2006/03/15 23:48 ] ドラマ・その他 | TB(0) | CM(0)

イマドキの合格発表は 

今日は公立高校の合格発表だったみたいです。
午後、いろんな制服を着た中学生たちを、あちこちで見かけました。
昔は結果を知るや否や公衆電話に走ったものですが、
今は携帯電話があるから報告もラクチン。
おまけに、張り出された自分の受験番号を写メールに撮り、
それをそのままみんなに送れちゃうんですよね~!
親子で結果を見に来て、帰り道でそれぞれ電話をかけていたり、
どちらも黙々とメールを打っていたりする姿に、時の流れをひしひしと感じてしまいました。
そう、「中学生で携帯なんてまだ早いっ!」とか言っていた時代すら、
もう古い話ってことなんでしょうねえ。
そういえば大学なんかだと、合格発表もインターネットで確認できるんですよね。
ありがたいシステムではありますが、やっぱりこの目で見てこそ…じゃないかと。
受験シーズンも終盤ですね。頑張れ受験生!
[ 2006/03/10 22:03 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

人間の眼は、カーブするボールを追うことができない。 

1次ラウンドが終わったWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)ですが、
こんなタイムリーな時期に、聞き捨てならない(?)ニュースを目にしました。

【人間の眼は、カーブするボールを追うことができない】
野球の捕手やサッカーのキーパーが、
カーブなどの変化球を取り損ねるのは仕方がないことなのかもしれない。
北アイルランド・ベルファストにあるクイーンズ大学の心理学者、キャシー・クレイグ氏が、
運動選手を対象に、強いスピンがかかったボールの軌跡を追う能力をテストした結果、
人間の眼では、その軌跡を予測できないことがわかった。
                            エキサイトニュースより引用


同氏の研究によると、スピンがかかると人間の視覚では処理できない形でボールが加速し、
こうした人為的な回転に対して人間の視覚は適応できず、
経験豊かなプロでもボールの軌跡を予測することができないというのです。
確かにサッカーを見ていると、予想もしないほうへボールが曲がり、
それが奇跡のゴールに結びついて感動の勝利!なんてことがよくあります。
しかし野球の場合、どうなんでしょう。
よくカーブ打ちが得意な選手とかいますよね。
私は見る専門なので、実際の感覚というのはまったくわからないのですが、
これって頷ける説なんでしょうか。
そうだとすると、カーブ打ちが得意な人って長年の勘と技を頼りにしているんでしょうか。
キャッチャーも、勘とピッチャーとの呼吸を頼りにしてるんでしょうか。
捕り損ねてることってあんまりない気がするんですけど。
やー、なんだかすごいな、ホントすごいんだなあ。
これからは変化球に注目だ!!!
…ああ、今更こんなこと言ってていいのかしら。(笑
WBC2次ラウンドはハラハラドキドキな試合の連続でしょうね。
久しぶりに子供時代に戻って野球に熱中しそう。
ええ、何を隠そう高校生までは野球少女でしたから!(でも見るだけ)
[ 2006/03/06 23:22 ] スポーツ | TB(0) | CM(2)

KOKIAのアルバム「pearl」と「ありがとうFlash」 

もう1ヶ月も前に出ていたKOKIAの初ベストアルバムを購入。

pearl~The Best Collection~ pearl ~The Best Collection~ (←視聴あり)
 改めてタイトルを眺めてみると、ドラマやアニメの主題歌、
 CMソング、そして番組のエンディングテーマと、
 本当にタイアップ曲が多いことにびっくり。
 その割には、それほどメジャーではないみたいですよね。
 でもそれが、かえっていい感じを生み出しているのかも。
 KOKIAの歌を聴いていると、痛かったり、嬉しかったり、
 辛かったり、切なかったり、ただ楽しかったり……。

その心の動きに、「ああ、自分は生きてるんだな」と感じさせられます。
彼女の歌はラヴソングよりも、人間そのものを歌っていることが多く、
そのあたりは他とは一線を画す感じで私は気に入っています。
でも実のところ、詩には目新しさもひねりもありません。
でもその飾らない、自然な言葉の連なりと音の連なりが、
おそらく気持ちを素直にしてくれるんだろうと思うのです。
そう聴かせてしまうパワーが、彼女の歌にはあります。
今回のベストアルバムの中には、かれこれ7年前に出した「ありがとう…」という作品が、
新録で入っているのですが、これ、一部ではかなり有名だったんですね。
「ありがとうFlash」
元は終了したゲームを懐かしんでのFlashだったようですが、
後にいろんなヴァージョンが生まれたようです。
これ見て、不覚にも涙してしまいました。
KOKIAの歌は、今回の新録の方が断然良いのですが、Flashの中身に…。
人はどうして、「そのとき」が来るまで大事なことに気がつかないんだろ。
人はどうして、伝えられるときに伝えなくちゃいけない言葉が言えないんだろ。
その後悔はものすごく辛いと知っている…だけじゃだめなんだろうなあ…。
[ 2006/03/05 23:21 ] 音楽/ポップス | TB(0) | CM(0)

無音の世界 

愛用していたMDが壊れて早数年。
MDは音質がイマイチなので買い換えるのを渋っていたのですが、
さすがに購入しないとマズイ状態になりました。
で、最近のMDがどれくらい進化しているかまったく把握していなかったので、
購入前にいろいろ調べているんですが、そこでちょっと発見!
QC2 こちらBOSEのQuietComfort2なのですが、
 フィギュアスケートの荒川静香選手が、
 本番前に使用していた噂の(?)ヘッドホンだそうです。
 AppleかBOSEの直販しかないみたいで、
 お値段41,790円也。もちろん値引き無し。
 ヘッドホン1つにこのお値段!
 「イヤホンでいいや…」と思ってしまいましたが、
 やはりそのお値段だけの値打ちがないはずがないわけで、
人間が不快に感じる音はシャットアウトし、必要な音だけクリアに聴かせる点では、
他社に負けない性能を持つらしいです。(投稿レビューを参考にしました)
音楽を聴かなくても、このヘッドフォンを装着するだけで雑音がカットされ、
仕事や作業にも集中できるのだとか。
ここで気になったのが、
圧倒的な静けさを提供する画期的なノイズキャンセリング・ヘッドホン
という一文です。
家にいれば、車の行き交う音、工事の騒音、空調の音、電化製品の音などが聞こえます。
店に行けば騒音のような音楽が溢れ、店内放送が、宣伝が流れ続け、
つまり、私たちはどこにいても音から離れられない。
現代において、自然が発する音以外聞こえない、
いわゆる無音の世界は存在しないといっても過言ではないでしょう。
それがストレスに繋がっていくこともあると思います。
本来は音を聴くための機器であったヘッドホンが、
今や音を遮断する機器になっているという矛盾。
昔から耳栓というものが存在していますが、今はそれでは対応しきれないほどの騒音が、
私たちを取り巻いているということなんでしょうね。

荒川選手に因んだ商品がバカ売れしてるそうですが、これも問い合わせが殺到するのかな?
ちょっと惹かれますが、まずはMDを買う方が先です。
[ 2006/03/02 23:59 ] 日常 | TB(0) | CM(2)