Step by Step

archive: 2005年11月  1/1

あなたの風邪対策は?

No image

ぐっと気温が下がったせいか、あちこちから風邪の便りが届くようになりました。そこで第24回FC2トラックバックテーマです。私がやっている風邪対策は、まずとにかく手洗いとうがいです。神経質なくらい、手洗いとうがいはしょっちゅうです。特に、「お酢」をお湯や水で薄めてやるうがいは、効果アリと思っています。昔はイソンジを愛用していたのですが、なんだか効き目が今ひとつに感じられて、喉の管理に一番気を遣っているであ...

  •  0
  •  0

今度は歌舞伎? 三谷さん。

No image

再来年のNHK大河ドラマ「風林火山」の主役が内野聖陽さんに決まったというニュースに、どう反応したらよいのやらと思いつつ他のニュースに目を通していたところ、「三谷幸喜、歌舞伎を手がける!」との速報メールが届きました!(びすまるさん、ありがとう)いよいよ決まったんですね、オリジナル歌舞伎の演出が。演目は「決闘!高田馬場」。高田馬場の決闘といえば、堀部安兵衛ですね。まだ彼が赤穂の家臣どころか、堀部姓にすらなって...

  •  0
  •  1

毎年恒例、うさぎのダンス。

 今年もデパート前にうさぎが集合しました。 クリスマスソングにあわせて、 可愛いダンスを披露してくれます。 よちよち歩いているような子どもに、 「ほら、うさちゃんが踊るよ」と、 自らも一緒に踊ってみせるママさん。 ガラスにぴったり張りついちゃう子ども。 一瞬足を止めて眺める男性。 にっこり笑って終わりまで見ていく老婦人。 反応はそれぞれだけれど、毎年恒例になったこのうさぎたちのダンスを、実はみんなち...

  •  2
  •  0

心臓を手に生まれてきた赤ちゃん

No image

ロイター通信によると、インドで心臓を右手に持った赤ちゃんが生まれてきたという。赤ちゃんの心臓は、首と鎖骨の間から外部に露出する形になっていたと見られ、その心臓を赤ちゃん自身の右手が支えていたらしい。医師は心臓から赤ちゃんの手を離したというが、その結果、心臓は動脈と静脈のみで身体とつながっている状態になり、心臓の感染を防ぐためにも、早急に体内の正しい位置に戻す手術が必要だそうだ。これも一種の奇形とい...

  •  0
  •  0

火傷したー…

No image

朝のクソ忙しいときに、火傷しちゃいましたよ、もう。(怒お茶を飲もうとやかんの熱湯を急須に入れようとしたとき!!!……カチャン。「あちーーーーーーーーっ!」やかんの蓋が外れて、蒸気がもろに薬指と小指にかかりました。谷原章介先生ご所望の、「あちっ」と可愛く耳たぶに指を持っていくという、そんなことしてる場合じゃございません。やかんをキッチン台の上に放り投げて、速攻で冷凍庫から保冷材を取り出し、そのまま直に指に...

  •  6
  •  0

ドラえもんのポケットから欲しいものは?

No image

gooブログさんの先週のトラックバックテーマだったんですが、読んでみたら結構面白かったので便乗します。私が欲しいのは、「どこでもドア」ですね。行きたいところを告げてドアを開けると、ドアの向こうがすぐ目的地という、一番実用的かつ利用頻度多数な道具は、このほかにないんじゃないかと思うくらいです。どこでもドアがあったら、まず交通網を整備する必要がなくなります。自動車、電車、船、飛行機。どれも最低限の使用にす...

  •  0
  •  2

三谷幸喜、大河デビュー

No image

あの三谷幸喜氏が、今度は役者としてNHK大河に出演!数日前、俳優の香川照之さんがこの情報を今月発売のキネマ旬報に落として以来、各地で一時的な(苦笑)騒ぎにはなってはいましたが、ようやく画像を見ることができました。眼鏡をしていない三谷さんというのはまったく想像できないと思っていたのですが、髭も似合って結構凛々しいではないですか?さて、足利義昭役ということですが、私、足利義昭にはあんまり好印象がありません...

  •  7
  •  2

手帳選び

No image

来年の手帳を選ぶ時期になりました。毎年毎年、理想の手帳を求めて歩き回るのですが、未だに「コレだ!」というものに出会っていません。そして、大抵探し回っているうちに12月になってしまい、慌ててその辺で妥協せざるを得なくなるという…。(苦笑私の場合、1日に下手したら4~5件くらい予定が入ってしまうことがあるので、ずっとバーティカルタイプを使っています。一日を縦に使っていく、いわゆる学校の時間表みたいな形式。...

  •  2
  •  0

生きることは容易じゃない

No image

歌手の本田美奈子さんが亡くなりました。急性骨髄性白血病と診断されて、「今後も歌い続けるために、今は治療に専念します」と、舞台を降板して闘病生活に入ったのが今年1月。今は白血病イコール不治の病というわけではないし、早期に発見されれば完治する確率が高くなるとも聞いています。だから、本田美奈子さんも1年か2年、あるいはもうちょっとしたら、また舞台に帰ってくるものだと勝手に、安直に思っていました。そのせいか、...

  •  4
  •  1

節子の身体の小ささに涙する。

No image

遅ればせながら、「火垂るの墓」を観ました。今回のドラマは、清太と節子の視点ではなく、叔母久子とその娘なつの立場から描かれています。そのため、ただひたすらかわいそうでならなかったアニメと違い、戦争を語る上で、ある意味「公平」な描き方になったと感じました。とはいえ、このドラマはやはり清太と節子あっての作品。2人の子役はアニメからそのまま抜け出してきたかのようで、少なくとも節子役の佐々木麻緒ちゃんは、よっぽ...

  •  3
  •  0

かきくけこ運動

No image

昨夜は、お酒を飲める年齢になって随分時間の経った私のことを、「あなたはまだ未成年だから」などと言ってくださるような年齢の方々と、なぜか焼肉パーティーをしてしまいました。あ、ホントは私が呼ばれたわけじゃなく、ピンチヒッターだったんですが。(苦笑突然だったので車で行かざるを得なく、焼肉だっていうのにウーロン茶。食事の最中はお肉を焼いて、野菜を焼いて、追加注文してまた焼いて。炭火の熱さに汗流しながら、ひた...

  •  2
  •  0