Step by Step

archive: 2005年06月  1/1

意外なオチだった「27歳の夏休み」

No image

「谷原先生がモテモテな役をやるというからには見なくては!」と、またもやテレビの前にスタンバってしまった私。本日のテレビの友は「黒豆五穀麦茶」です。仕事だの人生だのといった要素はこの際抜きにして、注目したいのは3人の女性に攻められる、1人の男の身の振り方です。女としては、あんなふうに自分のありのままの姿を見ていてくれて、ありのままにさらっと評価してくれる男性に出会ったら、それが恋愛に即結びつくかどうかは...

  •  2
  •  2

Musical Baton

No image

とうとううちにも回ってきました、Musical Baton。ぷ~さまのお調子天国から受け取ったバトン、面白いので乗ってみます。これ、受け取ったバトンは次の5人に渡すというチェーンメール方式が嫌ですよね。回ってきてひどく真剣に悩んでおられる方も多いようですが、面白そうなら乗る、嫌なら無視すればいいじゃないですか。これってその程度のアソビだと思うんですけどね、私は。私はみんながどんな音楽を聴いているかにはとても興...

  •  9
  •  1

春のドラマ終了~

No image

2005年度春ドラマ、見ていたものは全て最終回を迎えました。結局最後まで見たのは「恋におちたら」「タイガー&ドラゴン」「エンジン」の3本。こんなにドラマを見ているのは、正直に言って生まれて初めてです。これも「組!」の恐ろしい副作用です。さて、一番良かったのはやはり「タイガー&ドラゴン」でしょうか。歌舞伎などの日本の伝統芸能を観に行ったら、お囃子がロックだったというような感覚。そう、どこか「マツケンサンバ」に通じる...

  •  0
  •  2

白塗りの謎

No image

歌舞伎や日舞の舞台上で、また舞妓さんなどがお仕事でされるメイク。顔から首、背中にかけて白粉を塗る「白塗り」のことですが、この姿を見るたびに思うことがあります。それは、「なぜ手は塗らないのか?」ということです。今、手元に確認できる資料がないのですが、舞台関係では手もちゃんと塗っていたような気がします。しかし、舞妓さんや半玉さんは確かに塗っていない。これ、見るたびにものすごく違和感があるんです。肌が見える...

  •  2
  •  0

もすかう…Moskau!

No image

dayuさまが「単細胞生活」のなかで紹介しているFlash動画「もすかう」。あまりにキョーレツな面白さで、おなかが痛くてたまりません。知らなかったんですが、この曲ってドイツ語なんですね。ちょっと調べてみたら歌ってるジンギスカンは、西ドイツ(当時)のグループで、元歌「めざせモスクワ」はモスクワオリンピック(1980年)の応援歌的なものだったとか。結局ソ連(当時)のアフガン侵攻に抗議した米、西独、日本がオリンピックをボイコッ...

  •  4
  •  1

12人の優しい日本人 キャスト発表!

No image

この年末に再々々演されることが決まっている三谷幸喜作「12人の優しい日本人」。主演となる江口洋介さん以外の陪審員キャストが、すでに発表になってました。浅野和之 石田ゆり子 伊藤正之 江口洋介 小日向文世 鈴木砂羽筒井道隆 生瀬勝久 温水洋一 堀内敬子 堀部圭亮 山寺宏一「組!」ファンとしては、注目どころがいっぱい。何しろ明里に容保様がご出演ですからね。殿内さんと会津の秋月様にも注目したいところ。個人的...

  •  4
  •  0

谷原先生がジャージ姿に!

No image

レッドさまの神変紅丼を訪問したところ、思わぬニュースに遭遇。『東京フレンドパークⅡ』に谷原章介&鶴見辰吾が出演!収録は6月27日に行われるそうで、しかもスタジオ観覧者募集中とのこと。ジャージ姿もスタイリッシュな谷原先生。ウォールクラッシュのマジックテープつきスーツ姿の谷原先生。ジョギングマシーンでバテバテの谷原先生。フラッシュザウルスのポンプ押しでバテちゃう谷原先生。この一部始終がナマで見れちゃう...

  •  3
  •  0

下駄

お土産に下駄をもらいました。会津の下駄です。浴衣は持っていないけど、ジーンズでも合うかな。...

  •  0
  •  0

2006年大河ドラマ『功名が辻』キャスト発表

No image

2006年の大河ドラマは司馬遼太郎原作の「功名が辻」。私は未読ですが、カスタマーレビューなんかを読んでいると、かなり面白そうです。その作品の主なキャストが、本日発表されました。秀吉に柄本明さんが決まっている以外、信長、家康役が伏されているのが気になります。伏されているというより、実際決まっていないのかもしれませんけど、やっぱりもったいぶっているような気がしないでもない。(苦笑ずいずいっとキャストを見てい...

  •  4
  •  0

幻色江戸ごよみ 宮部みゆき著

No image

宮部みゆき作品との出会いは、「蒲生邸事件」でした。時間旅行というSF的要素と時代歴史小説という展開が見事にマッチして、寝る間も惜しんで読みふけった覚えがあります。そのせいか、私の宮部さんに対するイメージは、ミステリー要素を取り入れた、歴史小説の人なのです。おそらく世間一般には、ミステリー作家だと認識されていると思いますけど。そういう印象を植え付けられているので、いわゆる現代物のミステリーは、残念なが...

  •  6
  •  1

抹茶黒みつ

先日の飲み会で、ハーゲンダッツのクリスピーサンド、「抹茶黒みつ」がやめられないほど美味しいと聞き、早速試してみました。もともと甘いものよりしょっぱいものが好きで、生クリームとチョコレートが苦手な私は、食べられるアイスクリームも限られてます。ところが、「甘くなくて美味しい!」との言葉通り、この抹茶黒みつのクリスピーサンドは旨かった!!!や、やばいよ、やばいよ。またコンビニへ走っちゃいそうだよー。抹茶アイ...

  •  9
  •  2

寄席に行く

No image

ちょうど東京での仕事とリンクさせることができたので、我らが監察方山崎烝こと桂吉弥さんの独演会に行ってまいりました。6月12日、場所は深川江戸資料館・小劇場。お客様の中には着物姿の方もちらほらといらっしゃって、そこからすでに「和物」を見に来たんだなあという気分になります。さて当日の番組はといいますと、まず桂まん我さんで「書割盗人」。 盗人が目星をつけて入った家には、何と物が何一つなかった。 盗人が目にし...

  •  5
  •  1

小道具の指輪

サッカー日本代表がドイツW杯行きを決めた夜。私はテレビの前でせっせと内職してました。久しぶりにビーズで指輪を作成。今回は売り物ではなく小道具。友人が舞台で身につけます。一応、バカな男が惚れた女のために無理して買った指輪をイメージしました。もうちょっと派手にしないと目立たないかも…とは思ったのですが、何しろ時間がありませんのでこれで勘弁。それにしてもそいつはバカな男です。普通に行けば、幸せかどうかは...

  •  3
  •  0

若頭が長州藩士!!!

No image

今年に入ってから「新選組!」の録画を見直し始めていますが、今日ようやく第32回「山南脱走」までたどり着きました。やっぱりだめですね、もう24回あたりから遅々として進まないんですよ。見たいけど見たくない。見たくないけど見たい。天邪鬼です。とにかく本日32回を何とか見終えたわけですが、その最中に吃驚仰天、一人で「○★※▼×~!」と叫んでしまいました。桂小五郎の行方を知りたがる長州藩士の中心人物、仙波甲太郎。なん...

  •  6
  •  1

コンタクトアレルギー

No image

今、メガネ生活を余儀なくされています。めちゃくちゃ不便。何より疲れるんです。メガネは。私はかれこれ10年以上、O2レンズを使っています。それが3週間くらい前からでしょうか。突然左のコンタクトが真っ白に曇り、何も見えなくなりました。慌てて眼科に行き、そこではちょっと炎症起こしてますねみたいな感じで、炎症止めの点眼液を処方されました。コンタクトレンズも保証期間内だったので、ついでに新しくして。2、3日...

  •  4
  •  0

調布に行ってきた

No image

所用で、約1年ぶりに調布に行ってきました。去年は駅前に「近藤勇生誕の地」とかいう、恥ずかしいほどデカイ看板があり、商店街では10mおきくらいに、恥ずかしいほど大量の「誠」の旗が翻り、甲州街道沿いには「誠」旗に改ざんされたFC東京の旗がなびき、調布の街を歩けば嫌でも新選組を気にせざるを得ない異様な雰囲気があったのですが、さすがに今回は何一つ残っていませんでした。FC東京の旗も普通に戻って、ファンはホッとし...

  •  4
  •  0

完成! アリアンツ・アレーナ

 サッカーW杯2006ドイツ大会を1年後に控え、ミュンヘンに新サッカースタジアムが完成。W杯では開幕と準決勝の試合が開催されます。このほど、2日間にわたってオープニングセレモニーが行われ、このスタジアムをホームとするFCバイエルン、1860ミュンヘンの両チームが、66000人の観客の前でそれぞれ初試合を披露。チケットは早々に完売し、オープニングに参加できなかった人多数。そのため、明日2日には追加公演ならぬ追加お...

  •  0
  •  0