Step by Step

archive: 2005年05月  1/1

車替えました

No image

先日、車を替えました。窓の開き加減が悪かったり、サイドブレーキの効きが悪かったり、何より音がうるさくて、排気ガスの臭いもきつくなっていたので、そろそろヤバイかなあとは思っていたんです。ただ、10年くらいしか経っていない車だと思っていたので、もうちょっと乗れるよなー、車検も取ったばっかりだし…と考えていました。でも、中古を購入するとなると、かなり前からディーラーさんに頼んでおかないと、希望の品を良い状...

  •  0
  •  0

I Love 築地

No image

今日放送の「恋におちたら」で、魚屋の龍太が着ていたTシャツの柄は「I Love 築地」。そしてドラマ中の龍太のTシャツは、築地の平山商店さんの提供とのこと。前に着ていた「鰒Tシャツ」などは、HPで見ることができます。「I Love 築地」といえば、スローフード協会の会長、カルロ・ペトリーニ氏を思い出します。ペトリーニ氏は、ローマにマクドナルドのイタリア第1号店が進出してきたとき、イタリアの豊かですばらしい食文化が犯されると...

  •  2
  •  2

「新選組!」 とうとう続編決定!

No image

ついに発表されましたね。これまであちこちから漏れてくるウワサ、つい口が滑っちゃった人の話、いろいろ総合すると、しばらく前からほぼ決定だったんでしょうけど、やっぱりこうして正式な発表を見ると嬉しいですねえ。個人的には、続編はあってもなくてもいいなと思ってました。去年1年間全49回で、きちんと満足いく結末を見せてもらったので、それ以上を「どうしても」と望む気持ちはなかったんです。続編なり外伝なりがあれば...

  •  6
  •  4

江戸の麦酒

No image

朝日新聞や読売新聞などで紹介されていますが、江戸~明治にかけてのビールが復元され、秋には完成の予定とか。復元予定のビールは、○1812年ごろに長崎・出島のオランダ商館長ヘンドリック・ドゥーフが、 自家用に大麦と小麦からつくったビール。○幕末の蘭学者の川本幸民が、1853年頃日本人として初めて造ったビール。○1870年、「ビール産業の父」と呼ばれるウィリアム・コープランドが、 横浜に設立したビール醸造所「スプリング・...

  •  2
  •  2

サイン入り「大河な日日」

今日、予期しない宅急便が来ました。今はお取り寄せも注文していないし、何か仕事関係のものだろうかと、とりあえずハンコを押して受け取りました。もしかして、連休にルーマニアに行っていた友達からのお土産?なんて期待しながら、ささっと差出人欄を見てみると……(株)アミューズソフト エンターテイメント。謎が解けないまま内容物を確認。「大河ドラマ総集編DVD春の陣キャンペーンプレゼント賞品」「えー、こんなの応募したっ...

  •  6
  •  1

レゴでサッカースタジアム!

No image

1972年のミュンヘンオリンピック以来使い続けてきた「オリンピック・スタジアム」。ここは、オリヴァー・カーン率いるFCバイエルン・ミュンヘンと、2部リーグの1860ミュンヘンのホームグラウンドです。しかし来季からの彼らのホームグラウンドは、新スタジアム「アリアンツ・アレーナ~Allianz Arena~」へ移ります。2002年に着工したスタジアムも、今月30・31日にオープニングセレモニーを迎えます。そんなアリアンツ・アレーナに関しては...

  •  0
  •  0

記憶を失ったピアニスト

No image

イギリスの海岸を、一人の男性がさまよっていました。彼は保護されたとき、黒いタキシード姿で、しかもずぶぬれの状態だったといいます。記憶を失い、今も人におびえて口を閉ざしているそうですが、ピアノの鍵盤に向かうとプロ並みの演奏をするとかで、記憶を失った「沈黙のピアニスト」として、このニュースは世界に報じられました。タキシード姿だったということは、本番直前だったか、本番中か、はたまた本番直後に何かがあったと...

  •  4
  •  0

みつ豆とあんみつ

ケーキやチョコレートは苦手ですが、団子類は大好きです。昨日、よく行く和菓子屋さんで、久しぶりにあんみつを買ってきました。白玉が3個入った「白玉あんみつ」です。なぜかあんみつとみつ豆の違いが何回読んでも覚えられないので、これを機会に書き留めておこうとこのページを開きました。みつ豆は、さいの目に切った寒天に蜜をかけて、赤えんどう豆や小さく切った果物を添えた食べ物あんみつは、みつ豆にあんこがのったものとい...

  •  0
  •  0

延命治療

No image

人はみな、いつか世を去ります。そしてそのとき、できるだけ苦痛がないほうがよいというのは、誰しも考えることです。知人から、ある延命治療の話を聞きました。人は呼吸の一環として二酸化炭素を放出しますが、それが死ぬ間際になると、通常よりも何倍もの量となるのだそうです。すると、体全体が二酸化炭素に包まれるようになり、何の苦痛もなく…つまり二酸化炭素中毒のような状態になり、たいした苦しさも味わわずに旅立てるの...

  •  2
  •  0

ツタンカーメンは美少年か

No image

ツタンカーメンは美少年王として知られています。更に彼が18歳という若さで世を去ったため、しかも暗殺説が囁かれたために、よりいっそう悲劇性が高まって、一躍人気を得ました。盗掘にもあわず、数々の副葬品とともに発見された黄金のマスクをかぶったミイラ。そして発掘に加わった人間が次々と死に、「王家の谷の呪い」などと騒がれたことも、ツタンカーメンの名を知らしめるのに一役買ったことでしょう。若く美しい王が、陰謀によ...

  •  3
  •  1

タニハラ's サーズデイ・ナイト・フィーバー!

No image

前回のモチベーションの低さはどこへやら、本日の「恋におちたら」は見る気100倍くらいで臨んでおります!お金で全てを動かそうとする高柳社長=悪 人の心を動かそうとする島男=善すっかりこういう図式が成り立っちゃったみたいですね。何の計画もなく、ただ人を信じて進んでいく島男。回りに迷惑をかけながら、自己満足だと言い、後悔したくないだけだと言い、何よりもまず誠意を大切に動く島男。社員たちが、そんな島男の術中に...

  •  5
  •  3

ランド・ウォーカー

No image

今頃知ったんですが、ガンダム世代には憧れのモビルスーツがいよいよ現実のものに?環境設備メーカーの榊原機械さんが、有人二足歩行ロボットを開発。その名はランド・ウォーカーで、高さ3.4M、重さ1t、搭乗人員1名。動力には250ccのガソリンエンジンを使用し、時速1.5kmの速さで移動可能。更にクッションボールを弾丸としたエアー砲を、バルカンタイプ(6発)とショットガンタイプ(6発)の2式で搭載。21世紀までに実現すると...

  •  4
  •  0

ショコラ

No image

 今日のビデオ鑑賞は「ショコラ」。 2000年の公開時、周りの評判は結構良かったのですが、 チョコレートが苦手な私が興味を抱くはずがありません。(苦笑 「ジョニー・デップがギター弾いてるんだよ」 という言葉に心揺れながらも、 やはりタイトルからして前面にチョコレートが押し出された作品には、 尻ごみして…。○あらすじ○フランスのとある小さな村。冬のある日、北風とともに不思議な母娘がやってくる。彼女たちは復活祭を...

  •  0
  •  0

カスタマイズ…

No image

5月になって気候もよくなったので、ブログのテンプレも衣替えして気分を変えたかったんですが…。カスタマイズはめんどうだ。 本当は1からテンプレ作ってみたいんです。でもさすがにその力はないし、かといって既存のテンプレじゃあ満足いかないし。なんとか好みのものにカスタマイズしようとするんですが、htmlにもスタイルシートにもわかんない記述があるし、あれこれ触ると崩れるし、ほんっと、半日がかりでここまで到達しまし...

  •  4
  •  1

「恋におちたら」を見ていて気づいたこと

No image

「恋におちたら」、すでに"見たいよモチベーション"が下がっております。パターンが水戸黄門のように決まってしまってるようなので、まあ見れなくてもいいかなって思ってしまいます。結果今回は、後半20分くらいしか見ていないという状態です。内容は、あのイタリア人のプロポーズ電話の不自然さとか、あんな簡単にコンサートはできませんねって突っ込んじゃいたいこととか、後半部分の全てにおいて子供だましっぽいなあと感じたん...

  •  4
  •  2

米People誌 '05版 「世界で最も美しい50人」

No image

毎年恒例になっていますが、米People誌による、2005年度版「世界で最も美しい50人」が発表されました。「世界」という割にはハリウッドスターが大半なのが、ちょっと気になります。やっぱり世界に名の知られた人となると、ハリウッド映画ほど大きな影響力を持つものは、他にないのかもしれません。それとやはり、ごく最近話題になった人がほとんどですね。シャラポワやベッカムが入っているのは納得なのですが、この50人の中では、逆...

  •  0
  •  0

耳に残るは君の歌声

No image

今年の私のGWは休みがあってないようなもの。せめてGWらしく(?)したいなあと思い、いくつかビデオを借りてきました。無性にジョニー・デップが見たくなって、全部彼の作品なんですけど。(苦笑  ということで本日の感想は「耳に残るは君の歌声」です。 原題はTHE MAN WHO CRIEDなんですが、 最近は原題とは別な洒落た邦題っていうものを、 あまり見かけなくなったので、 この作品にはタイトルからも惹かれるものがありました。 ...

  •  0
  •  0

ハンドルネームの由来

No image

本日付で、ハンドルネームの表記をKatharinaから、普段使いのカタカナ表記であるカタリーナへ戻します。ネットデビューをしたときに、まず考えなきゃならないのがハンドルネームです。私は初めの頃、3つのハンドルネームを使い分けていました。今使っているカタリーナという名前も、その頃からのものです。今になってみると、なんでこんな面倒くさい外人名にしたんだろうかと思うんですが、実はデビュー当時に拝見させていただい...

  •  4
  •  0