Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

道中気をつけて 

今年のGWが始まりました。
みなさん、お出かけの予定はおありですか?

この1~2週間、車を運転していて思うのですが、
注意不足の人がものすごく増えているように感じます。
車だけでなく、自転車や歩行者まで、よく確認もせず飛び出してくる。
特にこの2日間は、どっきりすることが何度もあって、
正直「身がもたねえよ…」とつぶやいてしまいました。
片方だけが注意していても、事故は防げませんからね。
GW前で、みなさんお忙しいのでしょうか。
何か急がなければならないことがあるのでしょうか。
疲れていて、ボーっとしてしまうのでしょうか。
いずれにせよ、GWは人出も多く、事故も起きやすいです。
遠出する方だけでなく、ちょっと近所のスーパーへなんてときでも、
どうぞ気を抜かずにお出かけくださいね。

尼崎での大事故があったあとです。
ああいった事故は連鎖反応を起こすといわれていますが、
案の定磐越道でバスの事故も起きてしまいました。
楽しい連休を過ごすためにも、どうか道中、充分に気をつけてください。
私もいつもより注意を払いたいと思っています。
[ 2005/04/29 12:09 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

いよっ、豆腐屋! 

こんなの見つけました。
豆腐屋ジョニー

風に吹かれて豆腐屋ジョニー

ん? 波乗りジョニー…?

ここのお店、他にも「水もしたたるいいトーフ 男前豆腐」とか、
「喧嘩上等やっこ野郎」(豆乳仕込み)とか、「厚揚げ番長」とか作っていて、
面白い会社だと思っていたんですけど、また新しい商品が増えてた。
そして、HPまで面白い!
特にトップページ、「組!」ファンの方は耳を澄ましてお聞きください。

興味をもたれた方は、どうぞ☆こちら☆へ。

因みに波乗…じゃなくて豆腐屋ジョニーはまだ食してません。
[ 2005/04/27 23:28 ] 食・グルメ | TB(1) | CM(5)

JR福知山線 列車脱線事故 

尼崎で列車が脱線。
飛び込んできた速報の映像は想像もしない酷さで、本当に言葉を失った。
何がどうなったらあんな形になるのか、もはや考える意志さえ働かない。

今日たまたまこの列車に乗った人。今日は偶然この列車に乗らなかった人。
前方の車両に乗った人。後方の車両を選んだ人。
それらが、今日を境に人生を変える選択になってしまったなんて、
あまりにも残酷な話だ。
また、事故の連絡を受けて家族や友人を探した人たち。
彼らはおそらく一日中祈り続けたであろうに、もしもそれが報われなかったとしたら、
その絶望と恨みはどこへ流せばいいのだろう。

自分がそれらの立場にあったらと考えると、痛い思いばかりが胸に広がる。

初めて脱線現場の映像を見たとき、ドイツで起きたICE脱線事故の図がオーバーラップした。
あれは1998年6月、ミュンヘン発ハンブルク行のICEが、
ハノーファー手前のエシェデという街を出たところで脱線。
原因は車輪の疲労強度の問題で、死者101名を出す大惨事だった。
あのときも、一体どうなったら列車の上に列車が乗り上げるようなことになるのか、
方々の専門家が様々な説を繰り広げていた。
あれから7年がたつわけだが、関係者は未だに精神的に病んでいるという。
とりわけ救助活動に当たった人たちの心労は相当なもので、
夜な夜なうなされたり、不安や恐怖、幻像に今も悩まされていると聞く。
とてもこの世のものとは思えない、地獄のような有様だったらしい。

今も尼崎の事故現場では、夜を徹して救出活動が続けられている。
できるだけ多くの命に助かって欲しい。
そしてその後のメンタルケアにも、心をくばってもらいたい。

亡くなられた方々の冥福を祈ろうにも、やりきれない悔しさのほうが溢れてきてしまう…。
[ 2005/04/25 23:13 ] ニュース | TB(0) | CM(5)

デルフィニア戦記第Ⅳ部2 茅田砂胡著 

うーむ。
物語は明らかにクライマックスに向かっているはずなのに、
読み手の私はテンション下がり気味。
そろそろ惰性で読んでいるような気がしてきました…。
なので、感想らしき感想が見つからず^^;

デルフィニア戦記第Ⅳ部2

デルフィニア戦記第Ⅳ部2 茅田砂胡著
全18冊というのは、やはり引っ張りすぎな気がしないでもない。
ラストに向けて、パワーアップしてもらいたいもの。

……だけど、最近まともに読んだ本て、このシリーズだけだ…。
狂ったように活字を読み漁った頃が懐かしい。
いや、懐かしんでないでたまった本を読まなくては。
[ 2005/04/24 21:18 ] 読書/ファンタジー | TB(0) | CM(2)

春の新ドラマ 

4月スタートのドラマは、ほとんど第1回の放送を終えましたよね。
見ようと思っていて見れなかった作品もありましたが、
・恋におちたら
・タイガー&ドラゴン
・雨と夢のあとに
・エンジン
と、いつもはほとんど見ることのないドラマにもかかわらず、話題作は初回をクリア。
いやいや、単に「新選組!みーはー症候群」が治ってないだけですが^^;
で、この4作品の中から、最終的にはどれが残るのでしょうか。

まず「恋におちたら」は、お金持ちでもなく、天才的才能も持っていない人間が、
何かをきっかけに成功するというようなストーリーであれば、
きっともっと共感できたというか、興味を引かれたような気がします。
しかし主人公の島男くんは天才プログラマーであり、
彼はすでに凡人ではないことがわかっています。
また本日放送の第2話を見てみると、後味は悪くないものの、
丸く収まりすぎる展開に、少々がっかりさせられたことは否めません。
こちらは、ストーリー展開は気に留める程度で、
おおらかでちょっと見栄っ張りな魚屋副長(龍太)と、
爽やかさを気取りながら、相変わらず嫌味な雰囲気たっぷりな、美声の谷原先生を、
毎週の楽しみとさせていただく…そんな見方になりそうです。今のところ。

「タイガー&ドラゴン」は、正月スペシャルを見逃したこともあり、
今期ドラマで一番期待している作品。
落語のお話を毎週一つずつ、ドラマの進行と合わせて紹介してくれるのがイイ!
テンポと歯切れよく、進んでいって欲しいと思っています。

話題性からいけば、木村拓哉主演月9「エンジン」でしょう。
木村拓哉はどれを見ても木村拓哉でしかありえないので、
どうしても彼のドラマはお腹いっぱいになるのですが、
今回は周りに曲者ばかりが配置されているせいか、
どうやら今までの「木村拓哉だぜ!」的路線からは、
少し外れてくれるんじゃないかと思っているのですが、どうでしょうか。
案外いいドラマに仕上がってくるかもしれないと、ちょっと期待度UP。
個人的には割烹着を着ても艶やかな高島礼子姐に注目。
あ、もちろん浮きまくってる感じな堺さんもね^^;

「雨と夢のあとに」は、幽霊である自分のことを見える人と見えない人がいる、
それ故に起こるであろう行き違いや葛藤など、話の要素は面白いと思ったのですが、
毎週見たいと思わせるエネルギーを感じることができず…。
1回終了後の今は、こんな感じです。
途中経過は、また1ヵ月後くらいに~。
[ 2005/04/21 23:23 ] ドラマ・その他 | TB(3) | CM(3)

新ローマ法王 

ローマ法王という存在を、歴史ではなく現世のものとして認識したのは、
おそらく今から10年位前のことだと思います。
当時の法王ヨハネ・パウロ2世は、防弾ガラスの入った特別車で紛争止まない地域も訪問。
その窓ガラスを開ける開けないが、議論を呼んだことを覚えています。
身の危険を冒してでも、様々な宗教や文化との対話を実現することで、
世界平和への呼びかけを実践しようとされていた姿を、
キリスト教徒ではない私でも、敬いを持って見ていたものでした。

そのヨハネ・パウロ2世が帰天され、新法王ベネディクト16世が誕生。
法王の交代を見るのは、これが初めてです。
法王名は、自分自身で名づけることができるのですね!!!
「ベネディクト」には、「穏健」の傾向があるとか。
ドイツのニュースサイトでは、「厳格な枢機卿から笑顔の法王へ」と、
ドイツ出身の枢機卿が法王に決定したニュースを、喜びと期待をもって伝えています。

その新法王の衣装ですが、ヨハネ・パウロ2世が亡くなった2日後に、
すでに注文されていたというのです。
あの丈の長いガウンのような衣装は「ソッターナ」と呼ばれ、
ウール製と絹製の2種類があるんだとか。
注文を受けた店では、どのような体型の人が法王になっても困らないように、 
2種類の衣装をS、M、Lの3サイズ用意し、
法王選出会議のコンクラーベが始まる前に、法王庁に納品したといいます。
前法王の死で悲しみに暮れる人々の陰で、すでに新法王への準備が始まっている。
それは当たり前のことではあるけれど、人が過去へと追いやられてしまう事実に、
少なからず虚しさを感じずにいられません。

新法王も、他宗教との対話を進めて行きたいと発言されておられます。
争いの火種となりやすい宗教問題が、少しでも理解しあえるものに変化していくように、
今まさに祈らずにいられません。
[ 2005/04/20 21:34 ] ニュース | TB(1) | CM(0)

やっぱり生クリームはダメ… 

今日、久しぶりに外でお茶をしました。
地元ではかなり有名な洋菓子店で、クリスマスやバレンタインになると、
デパ地下に出店まで出しちゃうほどの人気店です。
その店のケーキは開店当初から美味しいと大評判で、
当時は文字通りの「大・大・大行列だ」という話をよく耳にしていました。
それから数年が過ぎ、ちょっとほとぼりが冷めたのか、
今日は土曜日で晴天にもかかわらず待っている人が少ない!
ラッキーとばかりに早速入ってみました。
しかし、ここで難問が発生しました。
私はもともと生クリームが苦手なので、ケーキはカスタード系しか食べられないのです。
チョコレートも好んで食べないので、ケーキになっても選ぶことはありません。
ところがこのお店、どのケーキも生クリームなんです…(涙
そこで仕方なく、一番安全パイと思われたチーズケーキを注文。

なのに、なのに、なのにーーーー!

一口食べた途端、顔がゆがんでしまいました。
しっかり生クリームが練りこんであるよー(屍
チーズケーキって作ったことないんですけど、
やっぱりクリームチーズと生クリームを合わせるんですよね?
そうでなければ、私がこれほどの拒否反応を起こすはずがない…。
結局上下のクッキー生地だけ必死に口に押し込み、
肝心のチーズの部分はナフキンで隠して残してきてしまいました。(謝
しかも、その足でデパ地下へ走り、ハムの試食品で口直し。
胸のムカムカは治まりませんでしたが、とりあえず口の中は落ち着きました。
ケーキでこんなに気分悪くなったの、2年ぶりだわ……。

昔仕事仲間に、
「Katharinaさんて、生クリームとか好きそうなイメージあるよね」
なんて言われたことがあるんですが、正反対です。
ダメなんです、生クリームは。
あーあ、生クリームもチョコレートもダメな女なんて、
傍目にはかわいくないんでしょうねー。
まあ、明日は飲んできます。(爆
[ 2005/04/16 22:22 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(5)

満開 

梅


我が家のが満開です。
市内のもようやく開花。
来週が見頃になりそうです。
[ 2005/04/15 21:40 ] 日常 | TB(1) | CM(1)

長唄の流派 

久しぶりに祖母を見舞ってきました。
最近の祖母は「結婚はまだか」という話題に終始してしまうので、
何とか別な話に持っていこうとするのですが、結局そこへ戻ってしまう。
そこで、時々コメントくださるレッドさま(神変紅丼)が長唄をされていると知り、
「これだこれだ!」と、早速その話題に便乗させていただくことにしました。

実は祖母は長唄の師匠です。
小さい頃は毎回祖母の「おさらい会」を聞きに行き、何が何だかわからないなりにも、
三味線の音色や唄には親しんでいました。
祖母の家に遊びに行くと、時々お弟子さんたちに出会うことがあって、
みなさんにかわいがってもらったこともよく覚えています。
そうそう、高校の体育で創作ダンスをやりましたが、私のグループはテーマが「忍者」。
そうとなれば「音楽は三味線だ!」と強引に(?)仲間を説き伏せ、
内容は全くミスマッチな「越後獅子」を選曲。
祖母のおさらい会の録音を拝借させていただきました。
しかし、こんなに身近にあった三味線にはあんまり興味なかったんですね。
2、3度祖母に手ほどきしてもらって、「さくらさくら」は弾けるようになりましたが、
まだ未発達の頃でしたから、撥を持つ手が痛いわ、正座の足が辛いわで挫折しました。
ヴァイオリンにはお子様サイズがあるのに、なんで三味線にはお子様サイズがないの?

それはさておき、祖母の流派は稀音家です。
しかし同音異字で杵屋さんもあります。
(他に杵弥さん、杵彌さん。また杵正さん、杵勝さん……等たくさんの流派がある)
これはどういう流れになってるんでしょう? 素朴な疑問なんですが。
お茶ですと、利休から生まれた千家は三つに分家してますね。
分家したとき通りの表側に住んだから表千家、裏側に住んだから裏千家、
武者小路通りに移り住んだから武者小路千家というように、
ものすごく安易に通りの名前からこうなったと聞いています。
じゃあ杵屋さんは?
祖母に訊いてみましたが、「さあねえ、どうしたんだろうねえ」ということでした。(苦笑

レッドさまは今度のおさらい会で「船弁慶」の、それも立三味線をされるとこのとで、
何気に祖母にその話題も出してみたのですが、
「私は賤機帯が好きだよ」と、何となくずれた答えが返ってきました。
いえ、祖母は至って正常なのですが、自分の思っているように話を進めるので、
微妙に焦点がずれたり、かみ合わないことはしょっちゅうです。

帰り際、2冊だぶっているからと「都鳥」の譜面をくれました。
それなら三味線も貸してくれなきゃ練習できませんてば。おばあさま!
こうなると、パイプオルガンの次は、三味線に手を出しているかもしれません。(笑
[ 2005/04/14 23:51 ] 音楽/クラシック | TB(0) | CM(2)

お祝いスピーチ述べてきました 

先日、快晴夏日のような陽気の中で、友人の結婚披露宴が開かれました。
そして私は、無事スピーチを終えてきました。

今まで何度も結婚式には出席させていただいてますが、
今回のような雰囲気は初めて味わいました。
新郎新婦はサッカーを通じて知り合ったということで、
出席者もサッカーつながりの人が多く、あとは学生時代の友人と親族のみ。
本当に内輪だけのお祝いという感じだったので、なんとも和やかなムードでした。
それにお式そのものも、余興もなく、いろんなイベントもなく、
スピーチ5名のみの至ってシンプルパーティー。
言葉通り食事を楽しむ時間が充分に与えられていました。
まるで、新郎新婦の家に呼ばれたような感じ。

が。

おしゃべりに忙しくて、何を食べたのかあんまり覚えてな~い^_^;
私は一人参加で知り合いもいなかったのですが、新婦が考慮してくれたおかげで、
隣席の着物姿の華やかな女性と親しくお話させていただきました。
その彼女が、歌(ドイツ歌曲)を学んでいるということで盛り上がったんですが、
もう歌の典型のような方だったんです。
ポップスはどうか知りませんが、クラシックの歌の人って、
たいてい食べるの好き、飲むの好き、おしゃべり大好き、の3点セットなんです。
それも、「口から生まれてきた」と言われるほどのおしゃべり好き。
その彼女もまさしくその通りで、私は「うん、うん」と相槌を打っているだけで、
食事をする時間がどんどん奪われていきました。
なのに、彼女のお皿はどれもカラってどういうことよ?
やはり歌手のパワーには勝てないなあ…^_^;

だけど、幸せそうな花嫁さんを見ると、自分も華やいだ気分になりますね。
友人に、結婚おめでとうを送ります。
[ 2005/04/13 20:36 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

結婚式のスピーチ 

明日は友人の結婚式です。
披露宴では大抵余興を頼まれるのに、今回は頼まれず、
「やったー! 何も考えずに食事ができるよぉ」と喜んでいました。
ところが、3週間くらい前でしょうか。
「悪いんだけど、友人のスピーチ、お願いできないかなあ」
突然のメールでした。
ぎょぎょっ、スピーチですか…(-_-;)
なんでも頼んでいた友人が体調不良で欠席することになったとかで、
代打出場をお願いされてしまったのです。
さすがにスピーチは、今まで一度もしたことない…。

職業柄、人前で話すことに抵抗はないんですが、
ここのところ忙しくて、実は文面がまだ練りきれてません…。
うおー、どうするよ、明日だよ明日っ!!!
とにかく、まずはスピーチの様式だけは押さえなくてはとネット検索してみたのですが、
ある掲示板で、スピーチを頼まれて憂鬱で悩んでいるという書き込みを発見しました。
  「高いお金を払って披露宴に出席するのに、何でこんな嫌な思いをしなくちゃいけないの?」
と、祝福の気持ちはあるものの、今は恨み言しか浮かばないということでした。
この気持ち、わかりますねえ。
人前で何かするとなったら、緊張せずにはいられないですよね。
心からの祝福を贈ろうと思って披露宴に出席するのに、
緊張で食事も喉を通らないどころか、式の何週間も前から、
憂鬱で憂鬱で仕方なくなってしまうなんて、これではお祝いの気持ちも萎みます。
そもそも人前に出ることが苦手、絶対ダメという人には、
拷問のような披露宴になってしまうでしょう。
そんな人たちからは、披露宴でのスピーチやインタビューなどは、
この際やめて欲しいものだというレスがたくさんついていました。
でもやっぱり新郎新婦にとってはお披露目の席。
宴の中でお祝いの言葉くらい、欲しいものだとも思います。
ということは、やはり新郎新婦の人選にかかっているということになりますね。

私が今までで一番面食らった披露宴での出来事は、
食事中にいきなりビデオカメラがやってきて、
「新郎新婦にお祝いの言葉をお願いします!」というものでした。
全員がこれをやらされてたわけですが、ちょっと非常識だなって思いました。
今ステーキを食べてて、お祝いの言葉なんか考えてもいなかったのに、
「お願いします!」と言われたときには、もうカメラが回ってるんですからね^_^;
ステーキでギラギラしてしまった口で話す、その姿がビデオに残るかと思うと尚更イヤ…。
自分たち独自の披露宴を追及するのはいいですが、
やっぱり招待客の気持ちや立場というものも、少しは思いやってくださーい(願

さーて、明日のスピーチ練習しなくちゃ…><
[ 2005/04/09 22:22 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

加藤清正でした 

あちこちのブログを彷徨っていたら、こんな診断サイトを見つけました。

【もののふ診断】

あなたは戦国武将にあてはめると誰なのでしょうか?
総勢166名の登場人物があなたの参加をお待ちしております。


ってことでやってみたら、結果が加藤清正
評価値を見てみると、武力と政治力はあるが、魅力に欠けるらしい…。
加藤清正については、豊臣秀吉に頑ななまでの忠誠を貫いた人であることと、
徳川家による毒殺説があることくらいしか思い浮かばないのだけれど、
印象としては信頼できる家臣ではあるけれど、融通が利かないタイプ?
自分との共通点がピンとこないというか、加藤清正そのものの印象があまりありません。

この診断、設問が結構面白くてどれも悩んでしまうのですが、

戦で一番重要だと思うのはどれですか。
○信頼できる家臣団
○兵数・武器の多寡
○情報


これに一番困りました。家臣も情報も大事だー!

暇つぶしにひとつ、あなたも考えてみては?
[ 2005/04/08 01:25 ] 日常 | TB(0) | CM(3)

仕事との両立って難しい 

とあるコンビニへ行きました。
店内には親子と、若いカップルが一組ずつ。
商品を探していると、やがて子どもの声が聞こえてきました。
「…いらないよ」
しばらくして、またその子の声が聞こえました。
「い・ら・な・い」
「ほしいよ~」と駄々をこねる光景はしょっちゅう見ますが、
「いらない」と怒る子どもってのはあまり見たことがなかったので、
思わずその子を観察(?)してしまいました。

学校に上がるか上がらないかくらいの、ちょっとかっこいい男の子。
服もイマドキに決めているし、学校に入ったらモテそうな感じです。
どうやらほしいお菓子が売ってなかったようで、
お母さんが別なお菓子を勧めていたのでした。
しかし彼は、お母さんの持ってくるもの全てに、「いらない」とそっぽを向いています。
それは売ってないからといって拗ねているのでもなく、暴れるでもなく、
ないから仕方ないと、幼心にちゃんと諦めているようでした。
「へ~、我儘言わないんだな」って感心していのですが、
どうやらお母さんは納得いっていないみたい。
どうしても息子に何か買ってあげたいようで、アイスやジュースまで見せていました。
その様子に何となく違和感を感じ、ふとお母さんを見てみたら…。
わー、某局の有名アナウンサー!
その彼女の手には、菓子パンが5つ。ファッション雑誌、オレンジジュースのパック。
きっとこれが、この親子の夕ご飯なんだと思いました。
彼女ほど仕事が忙しければ、きちんとした食事もなかなかできないでしょう。
子どもとの時間だって、そうそう持てないだろうと思います。
だからきっと、こういうちょっとした時間が大切なんでしょうね。
だからといって、「これはどうなのかな?」と考えさせられました。

仕事と家事と育児と。いつまでたっても難しい問題です。
[ 2005/04/06 23:09 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

とりあえず修了 

去年の春からパイプオルガンを習っていましたが、
ようやく修了演奏会を終えました!!!
やっと練習の日々から解放された~~~~><

…とはいえ今年も引き続き習うので、これでおしまいってわけじゃないですけど。

オルガン演奏台へ

オルガン演奏台へ行くには、裏手の別階段を上ります。

コンサートホールの大オルガンで演奏できる喜びと、
オルガンに触れるだけでもシアワセだというのは確かなのですが、
慣れない足鍵盤があるかと思うと、さすがに怖い思いもしました。
これからまだまだ、いろんなことを学んで経験積まないといけないです。

で、演奏会とはいえ、私はまだ始めて1年でしたから、
どちらかといえば「発表会」的なものではあったのです。
なのに、一人一人にちゃんとした楽屋が与えられ、
前室にはお菓子やらお茶やらが用意され、おまけにお弁当までついた!

お弁当だよ

楽屋にはそれぞれの名札も下がっていて、「うわー、芸能人みたーい」などと、
思わず喜んでしまう出演者たち。
演奏会後には軽く打ち上げなんかもあり、自分の演奏を反省しつつも、
それなりに楽しい演奏会だったな~と感じました。

さあて、来年こそはもっとましな演奏できるように頑張らないと。
[ 2005/04/05 21:25 ] 音楽/オルガン | TB(0) | CM(0)