Step by Step

archive: 2004年06月  1/1

新選組! 第25回

No image

「新選組誕生」 「すべてはこの瓢箪」(すべてはこの手紙by第9回)からだったのですね。 酒豪の鴨さんを象徴していた瓢箪は、鉄扇とともに彼の必携アイテムでした。 しかも鴨さんの初登場シーンは、確か自らが手伝っていた居酒屋「ひょうたん」。 まさかその瓢箪が、最後の最後にこんな役目を果たすなんて…。 しかし、やはり鴨さんは強かった。 土方、沖田、山南、原田という精鋭に囲まれてさえ、その剣を気迫だけで押し返してしまう。 ...

  •  0
  •  0

ドイツ語

No image

……を、教えることになりました。急に。 この夏から交換留学生としてドイツへ行く高校生で、 ドイツ語はまったく真っ白な状態だということ。 ………いいんですか、私で??? 何しろ私は語学学校に3ヶ月しか行ってません。 後は実地で覚えたので、かなりいい加減なドイツ語しゃべってますが^_^; とにかく行って戸惑わない程度には、ドイツ語に馴染んでもらおう、 できるだけ不安にならないように、いっぱい単語に触れてもらおう、 ...

  •  0
  •  0

新選組! 第24回

No image

明日の第25回放送を前に、やっと見ました。 「避けては通れぬ道」 登場人物それぞれが、それぞれの思いで動いているという24回。 とても一言では、感想なんて言えない45分だった。 そんな中から一つだけピックアップしようと思うと、 やはりこの回は山南アワーだったということに尽きる。(私にとってはね) 本来は、新見切腹の回である事は事前から知っていたし、 当然新見アワーになるものと思ってDVDのスイッチを入れた。 ...

  •  0
  •  0

EURO2004! ドイツ敗退

No image

やー、予想通りというか、ウワサ通りというか。 やっぱりグループリーグで敗退してしまいました。 ……ドイツ。 元代表のJ.クリンスマン氏も言ってましたけど、 ゴールを入れなきゃ勝てないのです。 言葉通り。 このところのドイツの試合ぶりも、EURO2004での戦いぶりも見てませんが、 中継を見ていた友人たちの話を統合すれば、 まあ、負けるべくして負けたのかなーという感じです。 早速監督も交代のようで、FCバイエルンの監督...

  •  0
  •  0

同窓会案内

No image

先日、高校の同窓会案内が届きました。 私の学年は、まだまだ同級会や同窓会で話に花が咲く年代ではないので、 毎年出席者もあまりいないように聞いています。 そういう私も、いまだかつて一度も出席したことがありません^_^; で、毎回、出欠を知らせる返信用はがきが入っているのですが、 宛先の名前が誰だかわかりません(汗 確かに同期であるはずなのですが、名前を見ても思い出せない。 女性ですから、結婚して姓が...

  •  0
  •  0

EURO2004 in ポルトガル!

No image

すでに始まっているサッカーEURO2004も、あと一日でグループリーグが終わります。 今現在、開催国ポルトガル、ギリシャ、フランス、イギリス、チェコが、 決勝リーグ進出を決めているわけですが。 ドイツはどうなるんだ~~~~~。 明日のチェコ戦の結果によっては、グループリーグ敗退・・・。 前回のEURO2000ベランダ(ベルギー&オランダ)大会の悪夢はもう嫌です>< なのに、今回のドイツ代表は、これまでで一番最...

  •  0
  •  0

少年サッカー

No image

今日、地域ニュースを見ていたら、地元の少年サッカーチームが紹介されていた。 イラン人の監督のもと、全日本少年サッカー大会全国大会出場をかけて、 練習に試合にと頑張る小学生たちを追ったものだった。 県大会も決勝リーグまで上ってきて、いよいよ強豪チームとの対戦。 1-0とリードしていたものの、終了間際に同点にされてしまう。 (やはりロスタイムやら終了間際やらというのは魔の刻だ!!!) 結果、どんなプロ選手も...

  •  0
  •  0

イクイリブリアム =Equilibrium=

No image

オーラ・ソーマで使う、上下二層に分かれたボトルを、 イクイリブリアム =Equilibrium=という。 2月に初めてボトルを手にして4ヶ月。 昨夜、やっと一本使い終わった。 普通は3ヶ月で使い切るのが目安らしく、早い人だと2ヶ月くらいで終わるらしい。 そこを4ヶ月もかかってしまったのは、なんだか自分の心を映しているようだった。 のろのろと、迷いながら悩みながら、消化していっている感じで。 でも、最後の一滴を手のひら...

  •  0
  •  0

アルビレックス新潟vs清水エスパルス

No image

久しぶりにアルビの試合見てきました。 ・・・・・・。 あの試合展開で、なぜ勝てませんか(ー_ー)!! シュートを打てども打てども、ポストとバーに当たるって、どういうこと? つき運に見放されたんですかね。 実は彼らがJ1に上がってから初めて見た試合なんですが、 確かにすごく上手くなったなって感じました。 個人の技術も進歩してたし、チームワークも取れるようになってきていた。 なのに、最後の詰めが甘いというか、正...

  •  0
  •  0

the Corrs: angel

No image

コアーズの最新アルバム、シングルカットされた<Summer sunshine>より、 <angel>を気に入っている人のほうが多いようです。 私もその一人なんですが、歌詞と音楽の織り方がものすごくイイ! 内容的には彼らの亡くなったお母さんのことを歌っているのに、 悲しみが昇華されて、すべてを含めてお母さんを愛してる、感謝してると歌い上げている。 そうして、間奏では思いっきりケルト色たっぷりなアンサンブルを聴かせてくれ、 地...

  •  0
  •  0

ネットの世界

No image

少し前、あるサイトの掲示板が大荒れに荒れていた。 ある意見に対して、反対・否定的な意見が書き込まれたためだ。 もちろん、単なる反論ならよかったのだ。 彼の意見には納得する部分も、賛同できる部分もあった。 ところが、書き方があまりに無礼。 多くの人はその投稿者の態度に憤慨し、様々な意見を述べていたが、 私が問題だと思うのは、たった一点のみに関してだけだ。 彼は、自分の投稿の中でこう書いていた。 ― 自分は海...

  •  0
  •  0

新選組! 第23回

No image

政変、八月十八日。 今回は、物事が静かに水面下で動いている・・・そんな回でした。 見ている間中感じていた物足りなさ、もどかしさは、 考えてみればそのまま壬生/精忠浪士組の気持ちでもあるんですよね。 外では大事件が起きていて、それなのに自分たちは蚊帳の外。 必死にお花畠を警護する姿は、滑稽でもあり哀れでもあり・・・。 これまでは優柔不断に見えた近藤さんも、雨にぬれながら何を決意したのでしょうか。 最後の滴の響き...

  •  0
  •  0

語学の習得

No image

ある海外出身のタレントさんの話しぶりを聞いていて、 なんとなく引っかかるところがあった。 日本語に関しては、発音がたまに聞き取りにくい点を除けば、まあ流暢なほうだと思う。 問題は言葉遣い。 女性にしては少々乱暴で、ときどき「えっ?」と思うような言い回しもあり、 これは彼女の男っぽい性格から来るのかなと思っていた。 正直に言って、あまり好感は持っていなかった。 しかし、ふと思いついたことがある。 もしかして彼...

  •  0
  •  0

・・・リストラ?

No image

昨日映画を見に行ったときのこと。 昼の上映だったのだが、なぜか働き盛りのおじさま方が多かった。 多かったといっても、そもそも観客が20人くらいしかいなかったけど。 おじさま方はみなブリーフケースを持ち、スーツを着て、 いかにも外回りの最中ですといったいでたち。 ちょうどランチの時間帯ということもあり、それぞれ食事を手にしていたわけだが、 あるおじさまの手には、映画館内で売っているポップコーン&ドリンクの...

  •  0
  •  0

TROY

No image

図書館で調べ物と思ったら、なんと蔵書点検で2週間も休館とのこと。 そういえば毎年6月に蔵書点検するんだっけ…忘れてた~>< このまま帰るのも癪だし・・・と、思いつきで映画館へ。 しかしここでも思うようにならなかった。 せっかくだから「パッション」が見たかったのに、先週で上演終了。 そこで仕方なく、某サイトの映画評がとても良かった「TROY」を観ることにした。 そして……。 久しぶりに、たくさん心に残るセリフを聞い...

  •  0
  •  0

新選組! 第22話

No image

本日、「屋根の上の鴨」。 タイトルが「鴨さん」なのに、今日のマイ主役は「沖田くん」! 先週に引き続き、今夜もやっぱりキミから目が話せなかった(^^ゞ なんだかこの2週、「沖田くんの青春物語」みたいですねえ。 鴨さんに認められて「少し大人になれたのかな」と思ったのもつかの間、 その憧れの鴨さんが、実はとんでもない側面を持っていたと気づいていく過程。 「そんなことしていいの?」、「どうして?」、「それはやっちゃいけない」…そ...

  •  0
  •  0

金星のトランジット

No image

6月8日(火)、太陽の前を金星が通過する、金星のトランジットが起こるそうです。 何でも、前回日本で観測できたのは130年前。 1874年は明治7年ということだから、 今生きている人の中に体験したことのある人はいませんね。 次に見られるのは2012年で、その後は2117年まで観測できないとか。 欧州では1882年以来122年ぶりとのことで、 しかも次の2012年は見ることができない地域が多いそうですか...

  •  0
  •  0

ひねくれもの

No image

よく、「好きな俳優は誰?」と聞かれます。 なぜか私は、それに答えられない。 ほんとに、好きな「俳優」っていうのがいないんですよね。 最近気づいたのですが、どうも私はドラマや映画を見ても、 俳優さんのことはあんまり見てないようなんです。 つまり、ドラマの中の人物としてしか見ていないってことなんですよ。 なんだか書いてて屁理屈みたいなんですけどね~^_^; 要するに、その人物がドラマの中でどんな風に人と接して、 ど...

  •  0
  •  0

オーラ・ソーマ、ボトルのメッセージ

No image

昨日はビーズアクセサリー作りに熱中してしまい、日記をサボった。 ・・・・と、いきなりjugem(このレンタル日記)が進化していて、 絵文字表示が可能になっている! すばらしい~[:拍手:] さて、三大テノールの一人、ルチアーノ・パヴァロッティが世界ツアーを開始した。 彼は来年70歳の誕生日に、故郷イタリアでの公演をラストコンサートとする予定だ。 一世を風靡した稀代の歌手、パヴァロッティが引退する。 数年前、大好き...

  •  0
  •  0

過去を見る

No image

お気に入りの占いサイトを見ていたら、懐かしい名前があった。 ユリ・ゲラーである。 ユリ・ゲラーといえばスプーン曲げしか頭に浮かばないほど、 彼のスプーン曲げはインパクトが強かったが、 本来の彼にはもっともっとすごい力が備わっているらしい。 その彼が、世界でもとも簡単なマインドパワーを紹介していた。 あなたがすべきことはただひとつ、眠ることです。  もっとも、あとひとひねりする必要はありますが…。  枕に頭を...

  •  0
  •  0