Step by Step

category: 宝塚歌劇団  1/3

宝塚花組公演 スペシャルステージ 『Delight Holiday』

舞浜の某夢の国の奥にある「舞浜アンフィシアター」。声優クラスタにとっては、ある意味ホームグラウンド的に馴染み深い劇場です。もともとシルク・ドゥ・ソレイユが本拠地としていたところで、半円形のステージに盆、セリ、ライティングなどなど、その舞台機構はショーをやるにはもってこい。初めて訪れたときから「ここで宝塚やったら良さそうだな~」とチラリと思っていました。それが本当に実現したよ!たぶんね、ほとんどの観...

  •  0
  •  0

宝塚花組博多座公演「あかねさす紫の花/Sante!!」

花組博多座公演。昨年の宣言通り(?)、福岡まで飛んで観てきましたよ!初めての博多座、噂には聞いていましたが、本当に素晴らしい劇場でした。舞台と客席の配置はコンパクトで、座席も心地よくてどこからでも見やすい。コインロッカーは大小たくさんあって、しかも無料。トイレの案内もとてもスムーズです。しかも幕間に客席で食事ができるので、開演直前にはゴミの回収も徹底しています。なにより物販の充実ぶりがハンパない!...

  •  0
  •  0

宝塚花組公演『はいからさんが通る』

昨年秋、とても話題になった花組さんの『はいからさんが通る』。舞台はスケジュール的に見に行くことができなくて(超チケ難でもあった)、みなさんの「楽しかったー!」感想を指をくわえて眺めていたんですが、それをやっとやっと、やっと見ることができました!放送されるこの日を今か今かと心待ちにしてました。「ほんっとに楽しかったーーーー!」 感想はこの一言に尽きます。これ、DVDが出ないの惜しすぎます。こんなに宝塚...

  •  0
  •  0

宝塚花組公演『ポーの一族』(クリフォード考)

No image

『ポーの一族』の感想も、第3回になってしまいました。キャスト感想じゃスペースが足りなくて語りきれないと思ったんですよ。だって、鳳月杏さんがクリフォード先生だから、必死にチケットを取りに行った経緯もありますし。(笑)これでラストということで、満を持してクリフォード先生のことを考えてみたいと思います。ジャン・クリフォードという人物は、まず優秀な医者です。名医カスター先生の弟子で、娘婿として、そしておそら...

  •  0
  •  0

宝塚花組公演『ポーの一族』(キャスト)

「ポーの一族」で感想をググると、みなさん長文&シリーズ連載になっていて、どうであれ「語りたくなる」作品には違いないようです。かく言う私も、前回全体を語って今回シリーズ第2回ですからね。(苦笑)ところで今回のプログラム。初日開けてからずっと評判ですが、本当に綺麗で凝ってます。中に入っている綴じ込み冊子がちょっとした写真集になっていて、ファン垂涎の構図等々にかなりの騒ぎになっていました。これで通常と同じ...

  •  0
  •  0

宝塚花組公演『ポーの一族』(全体)

現在絶賛上演中の「ポーの一族」。あまりにもチケットが取れなくて「ポー」「ポー」「ポー」とばかり口にしていたら、ついに家族に「お前は汽車か」と言われてしまったんですけど、「お前はハトか」と言われたという方をお見かけしましたから、私一人が異常だったわけじゃないと思います!本当にチケ難なんですよ、この公演。それでもなんとかもぎ取った1枚を手に、ようやく見てまいりました。演出の小池修一郎先生が原作コミック...

  •  0
  •  0

宝塚星組公演『ドクトル・ジバゴ』

星組の赤坂ACTシアター公演『ドクトル・ジバゴ』を観てきました。ぜんっぜん行くつもりにしていなかったので、予習もなにもないままの観劇だったのですが、これがすっごく良かった!私が事前に知っていたのはオマー・シャリフ主演の映画があることと、ロシア革命下の愛憎劇であるということのみ。しかもヅカヲタのブランクが長すぎて、生徒さんたちの顔すら知らないというのは、宝塚を見る上では結構致命的なんじゃないかと危惧し...

  •  0
  •  0

人は突然、沼に墜ちる。

No image

先日、私の大切な趣味仲間であるAkiさんから、「遊佐さんの朗読劇のチケット先行販売が始まってますけど大丈夫ですか~?」と、お声がけいただいたんですけどね。それよりも……「ポーの一族のチケットをください!!!」と、叫んでしまいました。(↑現時点でまだ1枚も確保していません)や、もちろんチェック済みですよ?遊佐さんがハムレットに出演して、亡霊をやるって。しかも公式ツイッターには、『シェイクスピア作「ハムレッ...

  •  0
  •  0

ワタシをHAKATAへ連れてって!

海外からクリスマスマーケットの写真が届くようになって、とうとう今年もクリスマスの季節がやってきたんだわ……と、年々、月日の経つのが早くなるといいますか、あっという間に1年が終わることに茫然としています。さて、ブログをさっぱり更新していないもんですから、ブログの存在を知っている方から、「ねえ、大河見てる?」「○○は読んだ?」「最近は城攻めしてないの?」と、リアルにあれこれ質問されてしまうくらいなんですが...

  •  0
  •  0

懐かしの舞台

ちょうど一週間前になりますが、マグノリアホールで開催された、阪急文化財団が贈る 小林一三没後60年記念小林一三が愛したタカラヅカVol.2~麻路さき×白城あやか~に、行ってきました。キャパ140を4公演の予定が、1ヶ月連続公演ができるほどのチケット申込みがあったそうで、1公演追加の全5回公演。私のこれまでのチケ運の悪さを、すべてここで消化したんじゃなかろうかという神席を頂戴し、とにかくとにかく幸せな1時間50...

  •  0
  •  0