Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

青ひげ~異端の貴族~ 

以前おーるめんずで収録されたドラマCDで「ベルばら」を聴いたのですが、
あれが意外と(!)きちんと作られた作品だったためにちょっと興味を持ちまして、
今回同じレーベルさんから出ている「青ひげ公」の物語にチャレンジしてみました。
もちろん前回同様こちらもおーるめんずですが、
女性の役は1つしかありませんので、さほど気にする必要もないかなと思った次第でして。
で、結論!
これはオススメです。
ええ、オススメです!
物語としてもとても切なくて良いお話に仕上がっていますが、
何よりみなさんの芝居が本当に的確で引きこまれまてしまいます!
男性が演じるヒロインも違和感がありません。

さて、そんなオススメの青ひげ公の物語なんですけど、
実は最初のトラックを聞いて「ええええ~~~?!」となりました。
「私の知ってる青ひげちゃう!!!!」
そう思ってですね、途中でいったん聴くのをやめてぐーぐる先生の門を叩きました。(笑)
私が触れたことのある青ひげ公の話は、バルトークのオペラ「青ひげ公の城」です。
こちらは、青ひげ公と結婚した女性が陰気な城を明るくしようとするのですが、
7つある「開けてはいけない扉」を1つずつ開けていくに従って、
彼女は夫への不審感と恐怖心を募らせていき、最後は夫の手にかかる……といったあらすじです。
7つの扉には拷問器具や武器、財宝などが入っているのですが、どれも血塗られています。
これらは人間の欲望だとか罪だとかを象徴していると言われ、いろいろな解釈がなされています。
青ひげ公といえばもうひとつ「妻殺し」のお話もあって、
扉の中には死んだ妻たちが入っている……というような設定もあります。
しかしこのドラマCDは、このどれでもない展開で、
しかも冒頭にこのレーベルさんにふさわしいB○シチュエーションが!!!!!!!
さすがに、こう、非常に直接的なシーンというものではありませんが、
免疫のない人には「ガツンと一発食らわせてやるぜ!」的なインパクトがございます。(苦笑)
あるいはこちらを好物とされている方々(笑)には、「キター?(゚∀゚)」的な感じかもしれません。

そんなわけで「一発ガツンと食らわせられた」ワタクシは(笑)、
ぐーぐる先生の指導を受けまして、結果この作品がグリム童話と史実を上手くミックスし、
さらに女性向けにと非常によく練られたものである
ということがわかりました。
とりあえず、まずはキャストから。

ジル・ド・レイ伯爵:遊佐浩二
ジャンヌ・アスラン:日野 聡
ジョー・ランス:櫻井孝宏
アンリ:梶裕貴
クラン神父/ナレーション:堀内賢雄
少年:宮永恵太


あっはっはー、すいませんね、わかりやすくて。(爆)
そうなんです、遊佐さんが主役だったからこの話を選んだのですー。
このジル・ド・レイ伯爵というのが青ひげのことでして、
その異名の通り青いひげが生えているとされています。
実像は、あのジャンヌ・ダルクとともに戦った英雄であると同時に、
快楽殺人という嗜好を持っていて、おまけに少年が大好きという人でした。
そのために近隣から少年を拉致し、快楽に耽り、挙句に彼らを殺す。
しかも黒魔術に傾倒していたそうですから、その残虐性は目を覆うばかりです。
これをドラマCDでやったところで、当然ですが共感は得られません。
そこで採用されたのが「二重人格」という設定でした。
もうこの、遊佐さんが演じる二重人格のジル・ド・レイ伯爵が素晴らしかった。
決して贔屓目ではなく、共演のベテラン堀内賢雄さんが悔しがってくださるくらい、
言葉通り「堪能できる」芝居を聞かせてくれています。
長くなったので、キャスト交えた詳細はたたみます。(←今から詳細^^;)



青ひげ~異端の貴族~青ひげ~異端の貴族~
(2011/07/28)
イメージ・アルバム、遊佐浩二 他

商品詳細を見る

[ 2014/02/07 22:55 ] ドラマCD | TB(0) | CM(0)

言の葉の響き 

「小説家×声優×あなた」
ライオンの"言の葉"キャンペーン


ということで、羽海野チカさんのコミック『3月のライオン』8巻発売記念キャンペーンとして、
6人の作家、6人の声優、6組のファンで作られたテレビCMが放送されました。
一部地域だけだったのですが、ご覧になった方はいらっしゃるでしょうか?
「どうせうちは視聴圏外だもんねっ(怒)」と拗ねていたら、
そんな難民のためにネットでも公開してくれましたー!

ライオン“言の葉”キャンペーン コラボCM一挙放映!!

映像は月島の夜明けから夜までを舞台とし、一般公募で選ばれたファンが出演しています。
私はこちらの作品を読んだことがありませんが、声フェチ的には願ったり叶ったりの企画。
早速拝見しましたが、15秒CMとしてとても綺麗な仕上がりになっていると感じました。
そして作家さんの言葉と声優さんの朗読がさすがにそれぞれマッチしていて、
言葉と朗読の関係を考えるのに、とても面白い素材だと思いました。
それにしてもひとつの作品に6本のCMとはなかなか贅沢な作りですよね。

◆作品に正面から向き合った有川浩さんの言葉は、神谷浩史さんが硬質な声で。
よしもとばななさんによる静かな感動を、中村悠一さんが落ち着いた声で青年らしく。
森博嗣さんの作品を一歩離れたところから眺めた大人の視線を、安元洋貴さんが明るめに響かせて。
◇登場人物に語りかけた角田光代さんの文は、根谷美智子さんがほんわかと。
辻村深月さんによる誰もが一度は味わう本への思いを、高橋美佳子さんが少女のような熱っぽさで。
西尾維新さんの言葉のリズムを生かしたメッセージを、杉田智和さんがストイックに。

作品を知らなくとも、作家さんや声優さんを知らなくとも、
見てちょっと何かを感じられるCMだと思います。
みなさんは6つのうち、どれが一番お好きですか?
私が好きなのは早朝編です……ね♪
なんとなく激リピしちゃいました。(笑)

全6編は上記リンクから。
早朝編は下の動画から。

[ 2012/12/18 01:15 ] ドラマCD | TB(0) | CM(0)

神谷さんで元親! 

お世話になりっぱなしのAkiさんにまたもやお世話になって、

歴史魂 Vol.9
CD付録 歴史NEO講談
長宗我部元親 土佐の風雲児、乱世に抗う!

こちらの付録CDを聴かせていただきました♪


歴史魂 Vol.9 2012年 11月号 [雑誌]歴史魂 Vol.9 2012年 11月号 [雑誌]
(2012/10/09)

商品詳細を見る



今回は長宗我部元親を神谷浩史さんが語っています。
話は、姫若子と呼ばれていた時代から、初陣の長浜の戦いを経て鬼若子へ、
そして阿波、讃岐、伊予と四国平定に向けて軍を進めていき、秀吉との対決を迎えたところまでを、
一領具足との関わりを中心に描いています。
約30分の講談CDですが、通して聞いてみて、
「これは元親というよりも神谷さんアピールCDなのでは……」
と、思ってしまいました。(苦笑
とにかくもう、神谷さんの滑舌の良さに感服です!!!
口跡鮮やかで、声に張りも艶もあって、
「この声で大河のナレやられたら引き込まれちゃうな~」
なんて、CD本来の内容とはまったく別なことを考えてしまいました。
というのも、今回は話が歴史上のある場面に絞られているわけではなく、
20年くらいの期間を流れに沿って語っているので、
物語というよりもどうしても解説風の作りになってしまっています。
一領具足の若者や信親との対話はあるものの、
がっぷり組むことのできる人物が不在だったせいもあって、
盛り上がりに欠けると同時に感情移入もしにくい。
独り語りに近い作りであるなら、どうせなら、
息子信親を失ってからの変貌っぷりまで聴かせた方が面白かったかもしれません。
初陣時の神谷さんの初々しさがとてもよかったので、
期待の息子を失った慟哭も聴いてみたかったなあと。
すみません、今回は声優さん寄りの感想になってしまいました。(汗)
ってことで、私としてはシナリオ的には物足りなかったのですが、
「長宗我部元親って誰?」という疑問には簡潔に答えているので、
これはこれでいいのかなーと思います。
よろしければぜひ試聴してみてくださいな。

歴史魂も隔月刊行になって、講談CDも年に6枚出ることになるわけですね。
あの人とかあの人とか、いつ来るのかな~。
歴史魂さんが、
「あの歴史上の人物を取り上げてほしい、
あの声優さんにNEO講談をやってほしいなどございましたら、
ぜひ本誌のアンケートはがきをお送りください。」
とつぶやいておられたので、送っちゃおうかな~~~~。
[ 2012/10/18 02:05 ] ドラマCD | TB(0) | CM(2)

戦国武友伝 参の巻 ~魚水の契り 

このところ、ドラマCDやら講談CDやら聞いていたらすっかりはまってしまいました。
映像だとあれこれ気になったりもしますが、音だけだと絵は自分勝手に思い浮かべられるので、
脚本と声と演技が良ければかなり楽しめるように思います。

先日石田彰さんで大谷吉継の講談CDを聴いたので、
他に戦国モノがないか探してみました。
すると結構な数があったのですが、その中の1つが目にとまりました。
私、思わず叫びました。

か、か、か、景勝公があああーーーー!

カゲカツィストとして、まずこれははずせません!!!


戦国武友伝 参の巻戦国武友伝 参の巻
(2009/12/25)
イメージ・アルバム、諏訪部順一 他

商品詳細を見る


2話収録されておりまして、

第1話 『鮫ヶ尾城炎上』
上杉景勝(諏訪部順一)/樋口与六(鳥海浩輔)


第2話 『伏見城の月』
徳川家康(堀内賢雄)/鳥居元忠(小杉十郎太)


と、なっております。
このCDのシリーズタイトルが武友伝ですし、副題にも「魚水の契り」とあるように、
どちらも幼いころからの主従であり、幼馴染といってもよいほど近しい仲です。
聴くまでは、声優さんありきの企画なんじゃないかと若干危惧してたんですけど、
これがどうして、素晴らしい作品でした!
こういうのを大河で見たかったんですよ!!!
(「天地人」のときに収録してたらしいです)

『鮫ヶ尾城炎上』は、もちろん謙信後継者争いの御館の乱を扱った話ですが、
鮫ヶ尾城にいる堀江氏が三郎くんを裏切って、二の丸に火を放ったところから始まります。
それを見ている景勝くんと兼続。
自ら和議を申し入れてきた三郎くんが籠城して抵抗を続けるのはなぜか。
そこには兼続と仙桃院の陰謀がありました。
清廉潔白な道を歩いてきた兼続が嫌な策士になったとなじる景勝くん。
しかし兼続はそんなことは意に介しません。
越後に義などありはしないと言い放ち、
あれこれと言い募る景勝くんをばっさばっさと論破していきます。
冷たく、容赦なく、けれど的を射ている。
ところどころに食えない感じも見え隠れしていて、これでは景勝くんでなくても黙ってしまうでしょう。
ここで脚本として面白いのは、謙信後継者説の解釈の仕方ですね。
兼続ははっきりと、「謙信の後継者は三郎だ」と断言しています。
でもそこには裏があって、私はこういう解釈を他で見たことがありません。
だからこそ、景勝くんが上杉の家督を取らなければならないということになるのですが、
史実がどうであれ、ドラマとしてこれは非常に興味深い展開です。
史実といえば、「ん?」と思うところもあるんですけど、それは些細なことと思えてしまいます。
最後、景勝くんはすべてに納得し、鮫ヶ尾城総攻撃を下知します。
御館の乱に、なぜ景勝くんが勝てたのか。
それはぜひ本編を聴いてほしいですね!

一方『伏見城の月』は関ヶ原前夜の家康と元忠の話で、
第1話の若い2人と打って変わって、酸いも甘いも噛み分けた、老練の主従の会話が魅力です。
内容は後の血天井につながるもので、家康が元忠に伏見城を枕に死んでくれと頼みに来ます。
ここで披露される直江状、1話から引き続き鳥海さんが読んでおられますが、
これがまた本当に憎たらしいというか食えない感じでいいんですよね。(笑
それはさておき、家康も元忠も、50年以上の付き合いともなれば、
阿吽の呼吸で先のことが読めてしまいます。
なぜ兼続が挑発的な書状を送ってきたのか。
家康が会津へ向かえばどうなるか。
それをどう利用すれば自分たちは勝てるのか。
功を立てても無位無官で過ごした元忠に、家康は最後に問います。
「望みはないのか」と。
家康が勝てば、東軍の諸将は石高も加増され、その後の人生を謳歌できる。
けれど元忠は、家康のために命を賭して働くというのに、何も得ずに死んでしまう。
どう報いればよいのかと悩む家康に、元忠は最初で最後の望みを伝えます。
その後2人は酒を酌み交わしますが、酒が五臓六腑に沁み渡るように、
2人の思いがまた、聴き手の心に深く響きます。

どちらも20分程度の作品ですが、脚本の面白さ、
緩急使い分けた素晴らしい演技と、短いながらも私は大満足。
余韻に浸りながら眠れそうです。
[ 2012/03/16 21:49 ] ドラマCD | TB(0) | CM(4)

石田さんが石田さんを。 

私のネット書房としていつも頼りにしているまるひげさんから、
「石田さんが石田さんを演じてますよ!」
との情報をいただき、
これまたいつもお世話になっている石田さんスキーのAkiさんにコンタクトを取ったところ、
「ポチりました♪」
とのお返事をいただき、
結果、お2人のおかげで聴かせていただくことができました。
ありがとうございます!

歴史魂

歴史魂 <REKIDAMA> Vol.5
(FC2から商品詳細が貼れないので公式HPからお借りしました)

こちらの付録CD 歴史NEO講談 『大谷吉継、友義に殉ず! 関ヶ原の戦い』 でございます。
語りは石田彰さん。
主人公は大谷刑部ですが、治部と湯浅五助も出てきます。
よって、「石田さんが石田さんを」ということになった次第でして。
こちらの雑誌本体は読んでいないんですが、内容を聞いた雰囲気では、
IFモノあり、ゲーム話ありと、全体的にトンデモ方向なのかなと想像していたので、
このNEO講談も結構ぶっとんでいるのではないか?と思ってました。
それがですね、予想外に(?)すごく真面目でオーソドックスな作りでした。
奇をてらった演出も、変なエピソードの創作もなく、
知られている逸話をわかりやすく1本のCDに仕上げたという感じです。
話をよく知っている人には「なーんだ」かもしれませんが、
「刑部ってどんな人だったっけ?」という向きにはオススメかもしれません。
関ヶ原では刑部の片腕的存在として戦った平塚為広が、死の直前に刑部に送った辞世の句と、
刑部の返句のくだりなんかもさりげなく入れてあって、ホロリとさせます。

そして何より石田さんの語りが非常にわかりやすい!
時の流れは朗読風に解説され、場面を演じるときには講談調というように分けておられます。
石田さんといえば「喉に家族を持つ」と言われるほどのキャラ分けの達人ですが、
今回は講談を意識して、あまり人物ごとに演じ分けていないとのこと。
とはいえ、刑部は物事を冷静にとらえる落ち着いた人物として、
治部は己の信じた道を行くまっすぐな人物として、五助は刑部を慕い忠誠を尽くす若者として、
出番の少ないキャラであっても、それぞれ聞かせてくれます。
関ヶ原で毛利輝元を西軍の総大将にと進言したのは刑部だったと思いますが、
ここでは治部が自ら「自分は頑固で横柄だから安芸中納言に」と申し出ていて、
しかも石田さんの口調がとても爽やかで理知的なので、
「これで人望がないとか不思議だわ……」なんて思ってしまいました。(笑
あと五助!
死を決意した刑部に介錯するよう言われたときの、
「はっ!」という返答が本当に切なくて切なくて……。(涙
五助の出番なんて最後にちょこっとしかないのに、
たったこの一言で刑部と五助の絆がわかってしまうんですよ。
ドラマCDも脚本次第ではありますが、絵面を自分で想像できる分、
もしかしたら映像作品よりも楽しむ余地が広いかもしれません。

というわけで、35分ほどの刑部語りを大いに楽しませてもらいました。
で……次号の講談CDはどなたが来るのでしょうか?
もう来月発売ですが、告知まだですかーーー?
歴史魂のHPはコチラです。
[ 2012/02/07 01:25 ] ドラマCD | TB(0) | CM(6)

姫という役は難しい。 

少し前にこちらでおーるめんずキャストによるベルばらCDについて書きました。
そしてなんと、縁あって該当CDを聴く機会をいただきまして。

サウンドシアター ドラマCD ベルサイユのばらサウンドシアター ドラマCD ベルサイユのばら
(2010/04/22)
イメージ・アルバム、森川智之 他

商品詳細を見る


がっつり聴かせていただいてしまいました。
私にとってこういうタイプのCDは初体験ですので、
聴き始める前は、

赤面ものだったらどうしよう

笑いが止まらなかったらどうしよう

気色悪かったらどうしよう

などなど、いろいろ不安になりつつの再生だったのですが。

うん、なくはないな。

というのが、わたくしの率直な感想でございます。
キャストトークでオスカルを演じた森川さんが、すごい作品に出演したことについて、
「敬意を持って演じましたが、我々的には力及ばず」
と発言して、総ツッコミを入れられていたのが何とも。(笑
それだけ難しく、大変な作品だったということなんでしょうね。
それはとてもよくわかります。
でもキャラクター表現という点では、私は違和感は感じませんでしたよ。
女性の役だからと、変に作りすぎていなかったのが良かったのかもしれません。
宝塚の男役さんもよくおっしゃってますが、「男や女ではなく、人を演じる」という意味では、
何を演じようとも関係ないのだろうと思います。
ただ「声」に関しては、男性の声域で少女の声を出そうとするのは酷というもので、
笑い声や叫び声、泣き声といったあたりにちらちら男声が出てしまうのは、
いたしかたないかと思われます。
作品のストーリーは、オスカルにまつわるエピソード集です。
原作を知っている人にはすぐにピンとくる場面ばかりですが、
知らない人には流れがなかなかつかみにくいと思います。
一応オスカルのナレで説明はされますが、話に入り込むには難しいかなといったところ。
何か1つに話を絞ったほうがよかったような気もします。

これを聴いて思ったのが、「姫」という役はつくづく難しいものなのだなあということ。
マリー・アントワネットは、普通に女性が演じてもハードルが高い役だと思います。
絵に描いたようなお姫様で、天然なお嬢様。
何をしていても漂う名門ゆえの気品、優雅さ。
「パンがなければお菓子を食べればいいじゃないの」の有名な言葉も、
アントワネットにとってはごくごく普通の会話でしかない。
悪気もなければ疑問もなく、なぜそれが民衆の怒りを買うのか見当がつかない。
そういう「姫」を嫌味なく演じるのはやはり難しいんですね。
何度もベルばらを上演している宝塚でも、アントワネットを演じられる姫役者は、
そうそういるものではないと聞いています。
そんな役を、お姫様に憧れを抱くことのない男性が演じるのは、相当大変だろうと思いました。
アントワネットを演じた鈴木達央さんは、池田理代子さんから「無垢と品」を求められたそうですが、
かなり苦戦されたように思います。
特に14、15の少女の頃の無邪気さは、おてんば娘とも違いますし。
鈴木さんの場合も、少し大人になってからのほうがしっくりきていたので、
アントワネットが己の立場に目覚める後半のほうが、聴かせどころになったかもしれません。
残念ながらこのCDでは取り上げられていないのですが。
実際に聴いてみて、おーるめんずの魅力がまだよくわかっていませんが(苦笑)、
他のものもちょっと物色してみたいな~と思ってしまいました。(←!)

以下個々のキャラについて書きます。
[ 2011/12/09 02:00 ] ドラマCD | TB(0) | CM(4)

これは衝撃的! 

マリー・アントワネットが作曲した歌曲の楽譜がどこかに転がっていないか、
ネット上をあちこちふらふらしていたところ、
知ってはいけないような気がするものを発見してしまいました。(笑


サウンドシアター ドラマCD ベルサイユのばらサウンドシアター ドラマCD ベルサイユのばら
(2010/04/22)
イメージ・アルバム、森川智之 他

商品詳細を見る


アマゾンのこの画像だけ見ると普通に「ああ、ベルばらのドラマCDなのね」と思うのですが、
キャスティングを見てあたしゃのけぞりましたよ!

オスカル:森川智之
アントワネット:鈴木達央
アンドレ:鈴村健一
フェルゼン:遊佐浩二
ロザリー:前野智昭
メルシー伯 / デュ・バリー伯夫人:鈴木千尋
ベルナール / ポリニャック伯夫人:羽多野渉
ばあや:間島淳司
ルイ15世:最上嗣夫
ノアイユ伯夫人:大原崇
ジャルジェ将軍:遠藤大智

お、お、お、おーるめんず……!
何という企画!!!
声優さんて出せる音域にもよるとは思うけど、
基本的に性別年齢関係なく演じられるとは思うんですよね。
そこが魅力だとおっしゃる声優さんも多いですし。
当然ながら、「1人○役に挑戦!」みたいなのを聞くとその演じ分けに本当にびっくりします。
このCD、聞いてみないことにはわからないけど、わりと普通に仕上がってる気がしないでもない。
おーるめんずであることを考えなければ。
考えると、気恥ずかしくてワタシの耳は耐えられなさそうです。(苦笑
宝塚や歌舞伎と違って、声だけの作品でおーるめんずというのは、
どのあたりにその魅力があるのかいまいちよくわからないですけれども。

発売元のHPにあった一文。

"あの名作をモモグレ名物「全部男」でドラマCD化させていただきました!"


こちらのメーカーさん、いわゆるB○モノなど扱っているようですね。
ああ、なるほど。
だからこういう発想になるのか。
名作のおーるめんずシリーズもかなり企画されていて、
「こんな渋い声の人まで女を演じてるのか!」と、
ワタシ、かなり衝撃を受けているところでございます。
いやー、声優さんてやっぱりすごいですねー。

とりあえず、遊佐さんのフェルゼンはかっこよさそうだな!
[ 2011/10/12 22:00 ] ドラマCD | TB(0) | CM(6)