Step by Step

category: 史跡めぐり  1/2

そういえば

先日昇太師匠の落語を聞きに高田へ行った記事を書いたときに、「そういえば去年、松本城へ行ったんだっけ」と、突然思い出しました。思えば、長野へ行った話を途中で放置していた模様……。(苦笑)松本の駅から徒歩でお城へ向かったのですが、その途中で「牛つなぎ石」なるものを発見。上杉謙信が甲斐の武田へ塩を送ったとする例の「敵に塩を送る」を語るものでした。ここ松本は当時武田の支配下にあって、その塩の通り道だったとのこ...

  •  4
  •  0

囲炉裏ばた

住宅街の雪はほぼ消えました。春らしい香りも漂ってきて、「やっと春だー」と思ったんですが、どうもこの週末からまた雪がちらちら降るとの予報。もう除雪車を出すほどの雪にはならないと思いますが、さすがに今年の雪には参りました。何でもほどほどがいいとつくづく思いますが、この夏はまた猛暑とか言われてますね。(汗まだ雪が残っておりますが……。市内最古の民家と言われる「旧武田家住宅」を見てきました。作られたのは1700...

  •  4
  •  0

国宝 ~長崎紀行6

小分けにUPしたおかげでなんと第6回を迎えてしまった長崎紀行。今回は国宝訪問です。調べたところによると、現在九州には国宝(建造物)が5つあり、そのうち3つが長崎にあるんだとか。まず1つ目が大浦天主堂。正式な名称は「日本二十六聖殉教者天主堂」です。グラバー園の隣に建つ大浦天主堂は、来日したフランス人のフューレ、ジラール、プティジャンの3神父の指導により、元治元年(1864)12月29日に俊工、翌年慶応元年(1865...

  •  2
  •  0

官官接待の始まり ~長崎紀行5

長崎に来たらやはり卓袱料理は逃せません。大きなテーブルに所狭しと並べられる大皿料理。卓袱料理がいつ頃から長崎に現れたのかわかりませんが、ルーツはおそらく中国の円卓料理ではないかと思います。オランダのターフル(テーブル)料理がもととも書かれていますが、鉢や皿を回してそれぞれ自分の箸で料理を取るというスタイルは中華料理に近い気がします。そこには、汁椀物があって焼物があって、煮物があって、八寸に似たものや...

  •  2
  •  0

リベンジ亀山社中 ~長崎紀行4

前回長崎に行ったのは5年前の春。あのときは仕事だったので、長崎観光はおまけでした。当然のごとく、何のリサーチもせずに行ってしまった亀山社中。長い長い坂をパンプスで登り、途中で帰りたくなったりしながらもたどり着いてみたら。******************  閉館しました ******************無情な立て看板が私を迎えました。うっそー、ここまで登ってこさせておいて門前払いですか?せめて坂の下に案内出しておいてほしかった...

  •  4
  •  0

グラバー園 ~長崎紀行3

仕事先に「ちょっと長崎まで旅行に行ってきます」と言ったところ、「ハウステンボス? 佐世保バーガー?」と即聞き返されました。私は結構意外だったんですけど、一般的には長崎といったらこちらのほうが知名度が高いんでしょうか?ってことで、とりあえず長崎旅行鉄板のグラバー園でございます。ここはみなさんよく御存じの旧グラバー邸。日本最古の木造洋館で、国の指定重要文化財です。この日はちょっと天気が怪しくて、残念ながら...

  •  2
  •  0

月で兎は何をする ~長崎紀行2

旧暦8月15日に行われる中秋節。今年は9月12日ということで、長崎新地の中華街もお祭りで賑わっておりました。中秋の名月なだけあって、お祭りの開催も夕方から。ちょうちんやランタンに明かりが灯って気分も盛り上がります。中華街の十字路、東西南北四つの門に祭壇が置かれ、それぞれ神様が祭られていました。こちらは関聖帝君、関帝です。多分東側だと思うんですが、合ってますか? <中国に詳しい方お供えには果物のほか...

  •  6
  •  0

中秋の名月~長崎紀行1

昨日の名月はみなさまご覧になりましたか?6年ぶりに満月を見ることができたそうですね。私は一足早く、長崎の稲佐山で月を愛でてまいりました。眼下に広がる長崎港と長崎の街。函館山の夜景は100万ドルの夜景と謳われておりますが、稲佐山からの夜景は1000万ドルだそうですよ。(案内板より)真実はぜひ、ご自身の目で確認してくださいまし。(笑今ではネオンの灯る夜景の美しさが魅力ですが、ほんの150年くらい前は真っ暗だったん...

  •  2
  •  0

高田城のはずが……

ひょんなことから高田へ行くことになり、「春日山城にもまだ行っていないのに!」とかわけのわからないことをつぶやきつつ、電車で訪問してから早2か月。因みに高田駅は春日山の駅の隣りです。正直旅行記というよりネタにしかならない旅でしたが、とりあえずプチメモ。まず高田駅。ガラス窓がステンドグラスになっているのがお洒落です。高田にはなんとなく教会のイメージがあるんですが、この外観の由来は何なのかな?そして街灯に...

  •  6
  •  0

運を守る新田神社

大田区の新田神社へ行ってきました。ここは新田義貞公の次男、新田義興公を祀った神社です。新田さんが越後にいたことは知っていますが、南北朝に関する知識はほぼゼロです。そんな私がなぜこの神社へ行ったかというと、どうも今年に入ってから「ついてないなあ」と感じることが多かったので、せっかく都内へ出るのなら、パワースポットへ行ってお祓いとお浄めをしようと思い立ったからです。いろいろパワースポットや神社の御利益な...

  •  2
  •  0