Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

おんな城主直虎 

今年のNHK大河ドラマ「西郷どん」が始まっていますが、
いまさらながら、昨年の「おんな城主直虎」の感想でも書いておこうかなあと思います。

開始前は、森下佳子さんの脚本という期待はあったものの、
スタッフの話と、あまり史料のない人物であることを合わせると、
どうしても不安視せざるを得ない状態でした。
そして始まって数話くらいまでは、見続けるか悩んでいたのも事実でした。
ところが。

最終回、不覚にもまさかまさか号泣するという。

終わってみると、実に屋台骨のしっかりした、「家族で見る大河ドラマ」になっていました。
この作品が成功したのは、
少ない史料から、史実を壊さないように家族ドラマを構築したことはもちろんですが、

●主人公にこだわらなかった(後半は直政がほぼ主役)
●井伊家の話に集中した(有名武将に媚びなかった)

という2点ゆえではないかと思うのです。
ここに付け加えると、脚本のテクニック、各回のラストの引きが見事でした。
いつも次回に期待を持たせる終わり方で、中村梅雀さんの「つづく」というナレーションも、
その効果に大きく貢献していたと思います。

私は大河のOPは「その主人公の一生を象徴している」と思っているのですが、
今回は一部で「植物図鑑」と言われていたOP映像の意図が、ずっと読み取れませんでした。
音楽は躍動感の中に優しさがあり、穏やかながら力強さがあり、とても素敵な一曲でしたし、
「おんな城主」とはそういう人生を歩むのだろうということも感じてはいました。
しかしこの映像が象徴するものは……?
そして最終回、すべてに合点がいったのです。

おんな城主とは、「母」だったんですね。

直虎は実子を持つことはなかったけれど、「だからこそ皆が我の子だ」というような台詞もありました。
井伊家にとっての母であり、井伊の民にとっての母であり、井伊谷という土地の母である。
子を育て、子を守るために、母は命をかけて奔走しました。
その結果、民は増え、土地は豊かになり、井伊直政という実をつけて、花が開いていった。
後半はほとんど直政が主人公みたいなものでした。
だからこそ、徳川や織田と絡んでも無理がない展開になったわけですが、
その分、直虎の出番は極端に減っていったと思います。
しかし直虎の存在感は揺らぎませんでした。
前半で築いた土台があったからこそ、たとえ出番が少なくても、
「後ろにはいつもちゃんと井伊の母である直虎が控えている」という、心強さを感じさせました。

そうして「母」としての役目を終えたとき、
自分のことを一番心配してくれていたふたり、鶴と亀が迎えに来てくれるのです。
ここで私の涙腺が予告なく決壊しました。
「母でいることは、どれだけ大変なことだっただろうか」と。
1年見続けたからこそ、ここにたどりつけたのだとつくづく思います。

最後にミーハーな視点で振り返ってみると、
みなさんが「政次ロス」なんて涙しているときも、私はずっと傑山さん一筋でした。
いつも腕まくりをして上腕二頭筋を披露していたのはサービスだったと思いますが(笑)、
冷静沈着で物静かで、いつも主人公をそっと見守っていてくれる。
そこにはただ慈愛があるのみ。
腕っ節だけでなく、本当の意味で強い人なのだと思います。
あとね、その見守り担当だったからこそ、いつも子守係だったのも胸キュンポイントでした。

朝ドラ大河と言われていたのもよくわかるテイストではありましたが、
1年間というスパンを見据えてきちんと練られた佳作だったと思いました。
[ 2018/01/18 00:13 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(0)

憂いに満ちた人生? ~軍師官兵衛 OP~ 

毎年大河のOPについて戯言を綴っておりますが、
もう5月も半ばで今更感も半端なく、「別にいいかなー」と思ったのですが……。
やっぱり毎年恒例になっていることですし、一応今年も記事にしてみます。

今年の音楽は菅野祐悟さんが担当されています。
菅野さんの劇伴は、「SP」や「外交官 黒田康作」などのドラマで耳にしてきましたが、
特にメインテーマに関して言えば、非常にメロディアスな音楽を書かれる方だと思います。
上記ドラマのメインテーマはそれぞれ雰囲気が異なりますが、
どちらもシリアスドラマで影のある主人公ということもあり、
憂いを含んだ旋律がとても良く合っていました。
今回「軍師官兵衛」のメインテーマに関しては、
「SP」と「黒田康作」をミックスした感じになるのではと思っていたのですが、
正直言って、ここまで切ない音楽になるとは思ってもいませんでした。
予想通り、始まった頃は「戦国らしくない」とか「ワクワクしない」とか、
ネガティヴな感想ばかり目にしていたので最初に言っておきたいんですが、
私は今回のメインテーマは過去の音楽をリスペクトしつつ、
菅野さんらしい非常に美しい作品になっていると思っています!

大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック Vol.1大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック Vol.1
(2014/01/29)
TVサントラ

商品詳細を見る


構成は非常にオーソドックスで、ファンファーレに始まってメイン旋律、
Bパート、リフレイン、締めという流れで、大河の伝統を引き継いだ形です。
毎回書いていますが、大河のメインテーマは「主人公の人生を表している」と私は思っています。
そういう意味では、今回の音楽からは実は官兵衛の人生は全く浮かび上がってきません。
「くろべえってこんなに憂いに満ちた人生送ってたっけ?」と、初回視聴時に思ったくらいです。
しかし私はこのメインテーマを聞いた時点で、
今回描こうとしている官兵衛像というものを垣間見た気がしました。
官兵衛といえば幽閉事件はクライマックスの1つでもありますが、
ドラマとしてもここを支柱として官兵衛という人間を造形しようとしているのではないでしょうか。
つまり作品としては、ここが出発点ともいえるのかもしれません。
加えて側室は持たず、戦のない世の中を作るために奔走し……。
番組のコンセプトを思い返すと、このメインテーマがきちんとそれらを表現していることが聞き取れます。
にもかかわらずあまり印象に残らないとすれば、
それは制作側の官兵衛像と視聴者の持つ官兵衛像のギャップのせいだと思うんです。
メインテーマをイマイチと感じてらっしゃる皆さん、ぜひ一度目を閉じて聞いてみてください。
音楽としては壮大で、非常に大河らしいんですよ。
で、あるとき思ったんです。
「主人公が明智光秀とか石田三成とかだったらしっくりくるんじゃないかなあ」
もう一つ、これは否定する方が多いかもしれませんが「真田幸村」もアリじゃないかと思いました。
そう感じたとき、ふっと「岡田くんも幸村のほうがハマったのでは……」とも思ったんですよね。
そのときは当然ですが、再来年「真田丸」が来ることは知りませんでしたし、
発表になったときには「あああ、なんか惜しい!」と思ってしまいました。
曲のラスト、滝から水が落ちるように音が低音に向かって滑り降りてゆきます。
そしてそれは明るい音色とともに昇華されていきます。
これは果たして官兵衛の最期を暗示しているのか否か。
最終回に注目したいと思います。
[ 2014/05/19 02:13 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(2)

「独眼竜政宗」 #1-5 

スポニチ・アネックス:16年大河は“三谷戦国”主役候補に役所広司、佐藤浩市ら

ということで、再来年の大河は三谷さんが執筆の模様。
まだ制作発表なり公式発表があったわけではないですが、
かなり前からずっと「三谷さんで真田モノ」というのは言われ続けていたので、
「とうとう来たか~」という気持ちです。
記事内では主演候補に役所さんや佐藤浩市さんなどの名前が挙がっていますが、
何ら根拠があるわけではなく、多分記事に色を付けたっていうだけじゃないかなと思います。
現段階では堺さんもアリかなと思えますが、もし題材が真田ならナシでしょうね。
あるいは堺さんを主演にということであれば、
負ける側に興味があるという三谷さんの意向も考えて、私は三成を推します。
不安要素としては、三谷さんのような小ネタを拾ってつなげる面白さが魅力の場合、
戦国のような国vs国みたいな大きくて長い年月に渡る話をどう描くのかなあというあたり。
あまり大きな大名家ではなく、内輪ネタが多く、刀だけでなく策士部分も強くて……というと。
あれ? 真田家も該当?
うーん、「九度山の日々」とかで2ヶ月くらいもたせそう。(苦笑)
予想はともかく、正式発表を待ちたいと思います。
金曜日は「新選組!!」の再放送ですよー。
山本耕史くんの土方と片岡愛之助さんの榎本さんによる「サンドウイッチvs握り飯」談義が楽しみです!

なんだか随分長い前置きになってしまいましたが、政宗について。
4話まで見てきていろいろ思うこともあったんですが、5話目にして、

「愛姫カワイイーーーーーーーーーーーーーーーー♡」

これだけになりました。(爆)
なんですか、あのお人形のようなあどけなさと愛らしさは!
当時の大人たちがどんだけメロメロになったか想像に難くありません。
しかもおままごとをさせるってどうよ。
すげえよ、ジェームス三木!
すげえ破壊力だよ!

最高傑作の呼び声高い本作を見て思ったのは、
脚本の穴を役者の個性が埋めているということでした。
かといって脚本が面白くないわけではないです。
今ならさぞかしツッコまれるだろうという展開はありますが、
決めるところとフィクションとしての遊びの部分のバランスがとてもいいんです。
それでも「いやそれはちょっと^^;」というところがないわけじゃない。
そういう部分を補っているのが、俳優さんたちの放つ「スターオーラ」なんですよ。
出演されている俳優さんたちは、とにかくみなさん濃い。
みなさん顔も濃いけど個性も強烈。
いわゆる昔の俳優が持つ近寄りがたい「スターオーラ」があって、
それがキャラクターを立たせ、説得力を持たせている。
今の若い俳優さんたちもスターオーラは十分にお持ちだと思いますが、
今はどちらかというと「親しみやすさ」が重視されていると思いますから、
インパクトがあっても近寄りがたいようでは困るわけですよね。
またそうしたスターになる過程というのも昔と今では違いますし、
結果、醸し出す雰囲気はおのずと違ってくるわけで、
同じ脚本で今の俳優さんで制作したら、決して同じような評価にはならないだろうと思います。
そこが「その時のカンパニーでしか作れないモノ」ということであり、面白さでもありますね。
それにしても子ども時代をちゃんと子役が演じてるっていいですね。
秀吉みたいに一世一代で地位を築いたような場合はともかく、
今ドラマで描かれる戦国武将は親の世代があってこその話がほとんどですから、
そこから描くことで主人公がより生きてくると思うんですよ。

さてさて、三谷さんがどう戦国を描くのか、
いろいろ言われてますけど「清須会議」見ておこうかなあ。
あ、まず原作読めよ~(;´∀`)って話でした。(苦笑)
[ 2014/05/07 23:48 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(6)

「軍師官兵衛」#13 

感想はピンポイントでしか書かないとか書いておきながら、
もう記事にしちゃうわけですが。

いやー、もう谷原先生の半兵衛ターンが癒やしタイムですわー。
この作品、半兵衛だけがすごくまともというか、
それなりに描かれている唯一の人物だと思います。
官兵衛の「師」という立場上そうなったんだろうとは思いますが、
他の人物に「?」な言動が多いので、
いつか半兵衛も変な言動を始めるのではという不安があります。(苦笑)
それにしても今回は官兵衛がはしゃぎすぎて、びっくりしましたね。
秀吉と義兄弟になったのがそんなに嬉しいのかと。
なんでそこまで嬉しいのかと尋ねたくなるほどの舞い上がりっぷり。
それでも半兵衛が「こんな紙切れ」と言って誓詞を燃やそうとしてくれただけ、まだ救われました。
秀吉に見込まれ、自分も見どころのある人物と思った男が、目の前で異様に浮かれ騒いでいるのを見たら、
半兵衛のようなクールな男はさぞかしがっかりしたでしょうねえ。
視聴者も「なにがどうした」ってくらい、官兵衛喜びすぎでしたから。(苦笑)
この回は、どうやって御着の殿を説き伏せるかが話のポイントで、
そこに至る苦労や苦悩、思考の跡を丁寧に描くことで、
官兵衛の軍師としての成長具合が見えていくのが物語の楽しみだったと思うんですよ。
もちろん脚本もそれを狙っていたことはわかります。
だからこそ官兵衛のありえないほどの浮かれっぷりを描き、
そこから「覚醒した」ということにしたかったんでしょうけど、
もともと官兵衛はそういうことで舞い上がるタイプには描かれてきませんでしたし、
「そこじゃないんだよなあ」と思っちゃいます。
結果的にただ単に、
「秀吉の義兄弟にしてもらって有頂天の官兵衛が半兵衛に怒られた話」
になってしまったと思うんですけど、大体合ってます?
この作品、いつもそこじゃないところをクローズアップしてきます。(汗)

それはさておき、来月「新選組!!」が再放送されますよー!
過去に2回くらい再放送された気がしますが(木曜時代劇枠とか)、
せめて本編の総集編も再放送してからにしてほしいなあと思ってしまいます。
単独で見ても悪くはないのですが、やはり49話の上に成り立つ物語ですし、
本編放送からかなり時間が経ってますから……。
あの頃とはまた違う感想を持つんだろうなあと、私も久しぶりに見るのが楽しみです。
その前に本編を何か1つ見返そうかしら。


[ 2014/04/01 01:24 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(6)

「軍師官兵衛」#11、#12 

大河は、本当に歴史の好きな作家にしか書けないと思うんです。

今日書店でたまたま目に留まった「三谷幸喜 創作を語る」で、三谷さんが語っていました。
本は、三谷さんのこれまでの創作活動を対談で振り返る形式で、
上の言葉は2004年に担当した大河「新選組!」の項目で出てきます。


三谷幸喜 創作を語る三谷幸喜 創作を語る
(2013/11/15)
三谷 幸喜、松野 大介 他

商品詳細を見る


さらに、「過去に、脚本家は本当にこの人物が好きなんだろうか?と思う作品もあった」とも。
ああ、まさにそこなんだよなと思いました。
三谷さんが「組!」を担当されたとき、プロデューサーから、
「日本全国がアナタの親戚になったと思って書いてください」と言われたそうです。
「組!」は俯瞰で描く歴史物語ではなく、
その時代を一緒に生きるドラマとして作られました。
だからこそ実在の人物の年齢に近い若い役者を使い、
日常の細かいところを丁寧に紡いでいきました。
続きが楽しみでワクワクするような、登場人物が知り合いに思えるような、そんな作品。
しかしそうした点が往年の大河ファンには受け入れてもらえなかった、としています。
実際、当時の評判はよくありませんでした。
クレームもたくさん来たそうです。
それでもプロデューサーは「テコ入れは一切しない。好きな様に書いていい」と言ってくれたそう。
「実績のない自分に、よくオリジナルで任せてくれた」と三谷さんは感謝の気持ちを述べていました。
確かに話はミニマムサイズでした。
でもその代わり、登場人物のほとんどになにがしかの思い入れを持つことができたとも言えます。
そしてそれが、テーマが新選組だったから可能だった手法であることもわかる気がします。
こちらの本は短い時間での立ち読みだったので、いずれゆっくり読みたいと思っています。

官兵衛と関係のない話を長々と書いてしまいましたが、
要するに今年の大河に対しては、三谷さんの言葉がすべてのような気がするんです。
いろいろと戦国らしからぬシーンがあることは、もう仕方ないのでしょう。
そういうドラマなのですから、人物設定に「?」と思うところがあるのも当然です。
それでドラマとして面白いならまだしも、そんなワクワクがあるわけでもないんですよ。
12話で初登場の高山右近を見ていて気づいたのですが、この作品、
人物紹介でさえ「ドラマ」で見せずに「セリフ」で説明するんですよね。
結局年表と説明だけで進んでいくドラマに、どう共感すればよいのでしょうか。
あの「天地人」でさえ、どうであれまだそこに「ドラマがあった」ので、
「……。(汗)」と思いつつもものすごーーーーく寛大に見守った私ですが、
今回は見るそばから話を忘れてしまい、書ける感想がないという寂しい事態に……。
これからも視聴は続けますが、なにかポイントを見つけたときに記事にする感じになりそうです。
[ 2014/03/25 00:19 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(6)

「軍師官兵衛」#10 

光の膝を枕に「あのような大軍、見たこともない。怖かったのだ」とつぶやく官兵衛。

岡田くん、心を預けられる奥さんに来てもらえてよかったね~(ノД`)

光の侍女との情事を疑われるも、「軟膏を塗ってやったのだ」の一言で誤解をとく官兵衛。

さすが岡田くん、浮気なんかするわけないもんね~(ノД`)

……と思うととてもしっくりくるのですが、脳内では、

「アナタハダレデスカ?」

という声が鳴り響いておりました。


今回は毛利が5,000の軍勢で攻めてきて、いよいよ官兵衛の手腕発揮なるか?という回でした。
これまで毛利のことをほとんど描いてこなかっただけに、織田vs毛利という図がわかりにくく、
播磨がどれだけ緊迫した状況になっているのかがあまり感じられません。
そうした時代の緊張感みたいなものが感じられないだけでなく、
合戦シーンも演出やカメラワークでの見せ方が相変わらずいまひとつなので、
全体に非常にゆるいというか、合戦に迫力が足りないのは戦国モノにはイタイ気がします。
例えば撮影時の人員の少なさや、スタジオ撮影による距離感の不自然さは、
もう少し演出等でカバーして欲しかったですね。
戦力にならない老人たちに旗を持たせて援護の大軍が来たと思わせる手法はよく使われますが、
あまりにも敵との距離が近くて「近すぎ近すぎっ! バレるってば!(汗)」と、
変なふうに手に汗握ってしまいました。
は! これも作戦か?!Σ(゚Д゚)
小寺の殿と家臣がテンプレすぎるのはもう仕方ないのでしょうね。
劣勢になれば官兵衛を責め、勝利すれば手のひら返して持ち上げる。
小寺政職という人が、史実からはどのような人物に読み取れるのかわかりませんが、
いかにドラマだとしても、脚本としてこれはちょっと陳腐すぎます。
鶴太郎さんがこういう役作りをしてキャラ立ちさせてるのも、
さもありなんんという感じがします。

さて。
そんな英賀の戦いを経て、ドラマは謎のラブコメパートへ突入。
秀吉の浮気グセを信長がたしなめる手紙を出したのは史実ですが、
あれは信長が「この書状、あとで秀吉のやつにも見せてやれよ?!」と書いてるんですよね。
ということは、ねねが自ら所望したりしてないわけで。
しかもそれを濃姫も後押ししちゃってたりとか、
さすがにドラマでも「ちょっとちょっと(;・∀・)」と思わざるを得ません。
まあね、その他の政治パートがきっちり組み立てられていたなら、
登場人物のキャラがしっかりと立っていたなら、
こういう息抜きパートはちょっとくらいおかしなことになってても気にならないんですよね。
「あはは、まあやりそうだよな(笑)」とかって、お楽しみの部分になることもありますし。
ただそうじゃないから、どうしてもつつくことになっちゃう。(汗)
……というか、そもそもこのシーンはなんで必要だったんだ?
こういうシーンを入れてまで気分転換をしなければならないほど、
重く辛いシーンがあったわけでもないんですが。
こんなの書くくらいなら、もっと毛利の方に時間を割いて欲しかったよー!

さらにこれだけに終わらず、善助と光の侍女の間に恋愛フラグが立ったり、
なんと官兵衛まで浮気を疑われるという始末。
あはははは……。(乾)
目薬屋出身として薬に明るいかもしれないけれど、
殿自ら妻の侍女に軟膏を塗ってあげちゃったりします?
これ、別に時代劇じゃなくてもかなりの地雷じゃないですか?
それなのに「軟膏を塗ってやったのだ( ̄^ ̄) エヘン」だけで、妻が納得してしまうとは!
冒頭に書いたように、官兵衛だって膝枕しちゃうようなデレる部分があったかもしれません。
浮気を疑われても大まじめに「軟膏塗ってただけだもん」と答えたこともあったかもしれません。
ドラマだからこういうシーンがあったっていいです。
むしろそういうところに、共感ポイントを求めやすいわけですから。
ただそれって、結局人物がちゃんと描かれている上で成り立つもんだと思うんですよね。
しかも歴史物という縛りがある以上、ちゃんと環境も描かれていないとダメなわけで。

来週は陣内さんの宇喜多直家が登場ですね。
こちらのお芝居、なかなか楽しみです。
[ 2014/03/10 01:01 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(4)

「軍師官兵衛」#7、8、9 

溜まっていた官兵衛の録画を消化しました。
しかし……悲しいことに、見たそばから内容を忘れていく状態でして(汗)、
すでに記憶も心もとないのですが、ざっくりした感想を書き留めておきます。

第7話は「織田につくか毛利につくか」という話だったわけですが、
なぜ播磨諸国が織田と毛利の間で揺れるのかといったあたりが、このドラマではさっぱり伝わらず。
それでいて正直どうでもよさそうな官兵衛夫婦の子作りネタをひっぱります。
義姉が官兵衛に秘薬を差し出すシーンなどは、本来はおもしろシーンに数えられるはずなんですが、
重要なシーンに緊張感がないせいで、なんだか下衆なものに見えてしまうという逆効果。
チビ長政とチビ又兵衛のエピソードもド真ん中の直球すぎて、なんら感慨を呼びません。
官兵衛が小寺の殿を「織田側に」と説得するところはこの回最大の見せ場だったと思うのですが、
「おおお!」みたいな論も展開されないまま、殿があっさり「相わかった」と納得してしまい。
ここは劇伴が非常に良かったので、視聴者的には若干音楽に騙されたところがあった気がします。(苦笑)

第8話は「官兵衛、秀吉に気に入られる」という話。
ある意味分岐点的な回だったと言えるかと思います。
冒頭、信長と初めて対面した官兵衛は、何も問われていないのにいきなり持論を展開し始めます。
ここは、編集時にシーンやセリフのカットがあったのかもしれませんが、
その後もずーっと官兵衛の独壇場が続いた上で「信長に認められる」という流れだったので、
結果的に、ここで感じた大きな違和感を45分間引きずってしまう形になりました。
というのも、まあ所詮私のイメージと言ってしまえばそれまでですが、
こういう「求めもしないのにペラペラペラペラしゃべってくるやつ」は、
信長が最も嫌うタイプじゃないかと思うわけでして……。
あとは「官兵衛と秀吉が親睦を深める」という内容に終始しますが、
それもあまり今後に生かされそうにないエピソードで表現してくるところは、
もうこの作品のテイストと思って見たほうが良さそうです。
で、困ったことにですね、こういうどうでもいいエピソードのほうが、
むしろセリフが生き生きしているというのはどうしたものか。(泣笑)
ところで官兵衛は信長からもらった「圧切り」を持ったまま、
そのあたりの一膳飯屋的なところへ入っていってましたが、あれってアリ……?

第9話は「両兵衛の力量を示す」のが目的の回だったかと思います。
しかししかし!
これで2人とも将来軍師になるのか???と思ってしまうような内容でした。
半兵衛が官兵衛を試そうとするのは、同属の感とでもいうんでしょうか。
あるいはライバル意識とでもいうんでしょうか。
「主がそこまで言うなら、ちょっと試してやれ」的なところから始まったんでしょうけど、
それなら最後は互いに「こやつ、出来る!」となるのがオチですよね。
もちろん筋書きとしてはそうなっていましたけど、肝心の中身が伴っていないので、
見終わっても、官兵衛も半兵衛も何がよかったのかさっぱり把握できませんでした。(汗)

こんなに愚痴っていて、「何で見てるの?」と思いますが、
それはやっぱり「戦国スキー」だからで「まだどこかで見捨てられない気持ちがある」からで、
そして「岡田くんに頑張って欲しい」からだったりします。
「江」のときはあっさりバッサリ切ったのにな!(苦笑)

ところで、第7話で官兵衛を襲った賊はどこの手の者だったのでしょうか?
そしてこのネタは回収されるのかしら?
まさか忘れられて放置……じゃないですよね?
それともどこかで回収されてましたっけ?
[ 2014/03/08 23:36 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(2)

「軍師官兵衛」#6 

私は、基本的にブログではネガティヴなことは書かない主義です。
人間ですからたまに愚痴やら文句やらも書くことはありますけど、
基本的にネガティヴループになるようなことは書かないと決めています。
がーーーーー。
今回の大河だけは、これだけはどうしても寄り添えない。
未だに寄り添いポイントが見つけられないでいます。

さて……。
今回は「側室を置くか置かないか」という話。
最近の大河に、側室を持たないのが「誠実な男の証」みたいな流れがあるのは、
もう風潮として受け止めるしかないんでしょうかね。
結婚前に乙女チックな出会いを入れてくることからして、
そういう純愛路線?に仕立てたいというのは見えているのですが、なんだかなあ。
でもそれならそれで、考証を踏まえた上でのセリフっていうのがあると思うんですよ。
そこを無視してしまうから、「側室を持たなかったなんて、いい男ダナー」になっちゃうんですよ。
そうじゃないっていうの!
この時代、本当に側室を置かなかった武将もいます。
しかし一般的には、櫛橋パパが言うように「側室の一人二人当たり前じゃ!」なわけです。
でもそれは政治的に重大な意味があるからであって、
誠実不誠実とかいう次元の話ではありません。
いや中には、単なる女好きもいたとは思いますよ?(笑)
官兵衛は光に側室を勧められて「オナゴはそなただけで良い」とか、
「まだ生まれぬ子よりも、今いる松寿丸を懸命に育てよ」とか言ってましたが、
「オイオイ、それじゃいかんだろう」と。
ドラマの本筋から見たらたいしたことではないのかもしれませんが、
官兵衛が荒木村重の妻にデレてたシーンをこの回に持ってきていますから、
やはり気になってしまいました。

信長パートでは何の前振りもなく延暦寺が焼き討ちされ、あっという間に足利義昭が失脚しました。
信長包囲網は非常に厳しく、当の信長も相当苦労したはずなのですが、
そういう緊迫感みたいなのは何も感じられませんでしたね。
サブタイトルが「信長の賭け」だったにもかかわらず、
「そんな命を賭けるほど大変になってるの?」という雰囲気で。
この作品、本当に伏線がないんですよねー。(泣笑)
確かに信長パートはある意味年表参照みたいな部分もありますし、
黒田家ほど詳しく描く必要はないのですが、それとドラマとしての緊張感は別だと思います。
脚本もさることながら、演出とかカメラワークも、
戦シーンになるとバストショットの静止画ばっかりというのは興ざめです。
別に毎回毎回鎧刀で見せなくたっていいじゃないですか。
官兵衛にとってはすべて伝聞なわけですから、そういう形式をとってもいいんですよね。
あれ? もしかしてこれまでのところって、信長出さなくても良かったとか?^^;
それじゃあ視聴者が離れてしまうかなあ……。

母里太兵衛と栗山善助が義兄弟になった経緯も軽かったなあ。
官兵衛の家臣てみんなバ○なの?っていうね。(汗)
太兵衛は強いから母里さんのところを継いだわけじゃないんですが、
あれだと突然そのへんから拾ってきたどこの馬の骨かもわからないやつを、
急に重臣の家の跡継ぎに取り立てたために、他の家来から「妬まれた」ような展開に見えました。
しかも彼の持つ大切なお守りを取り上げて「やーいやーいヽ(`△´)/」とかやっちゃう家来って。(汗)
「キミたちは小学生か?!?!」と。
またそういうのが見抜けない善助とか井上どのっていうのもどうなのかなーとね……。
これもですね、本筋から見たらたいしたことじゃないんだろうとは思いますが、
善助と太兵衛は官兵衛の重臣になっていくのだし、
今のうちに少しずつ色んな物を積み上げていかなければ、
「ここぞ」というときに何も心に残らないではないですか……。

「信長と村重と饅頭」の逸話は、
「刀で饅頭を刺すとか、景勝くんが見たら怒りに震えそうだなー」と、ふと思いました。(苦笑)
そういえば伊丹市の和菓子屋さんが村重饅頭を売りだしたと読んだ記憶があるんですが、
どんな饅頭なのかな―。
そんな第6回でした。
[ 2014/02/11 02:13 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(4)

「軍師官兵衛」#5 

みなさーん!
「信長のシェフ」、今夏続編放送決定ですよー!!!
意外と良かったミッチー信長がとても楽しみです!
ソースはコミックスの帯。

信長のシェフ


関係ない情報はさておき、「官兵衛」5話。
今回は赤松氏との最大の戦を描き、
傅役の母里親子初め母里一族がほぼ討ち死にするという壮絶な史実を扱ったわけですが、
まだ5回とはいえ話があまりに薄いので、何の感慨もわかないという残念なことに。
大将が一騎討ちしちゃうのとか別に気にしないです。
直前になってわかりやすい「死亡フラグ」が立ちまくるのも「お約束」として受け止めます。
今後のことを考えれば、この戦には信長や義昭を絡ませておいたほうが面白いと思うんですが、
それが採用されなかったのもわからなくはないので別に気にしないです。
あと、官兵衛が全然軍師っぷり(あるいは策士っぷり)を見せなかったのも、この際いいです。
それよりもなによりも!

まずドラマとして登場人物に感情移入させてくれよー(ノД`)

普通なら、傅役の死とかベタにウルっとさせるシーンですよ?
生死を共にしてきた幼なじみの死とか、もうベタに泣かせるシーンですよ?
こういうのはベタでいいんですよ、みんな盛り上げどころだってわかってますから。
そこでどれだけ心を揺さぶってくれるかがドラマじゃないですか。
なぜそういう美味しい展開が活用されていないのですかーーーー!?
だから前回、
「少女マンガみたいな夫婦の出会いよりも家臣団とのエピを描いて!」
と、書いたんですよぅ。
例えば、母里武兵衛が官兵衛の息子松寿丸の傅役を仰せつかりたいと申し出たシーンも、
もし官兵衛とその傅役である小兵衛のエピソードをもっとしっかり入れてあれば、
「ああ、息子が息子の傅役に……(;_;)」と、感慨深い思いも抱いたと思うんですよ。
しかもその後2人とも、官兵衛の命令に従って討ち死にするわけですからね。
上で「まだ5回とはいえ」と書きましたけど、
考えてみれば1クールのドラマだったらもう中盤ですよね。
視聴者側としては、入れ込む対象のキャラがとっくに決まってるときですよね。
それが未だにないというのは、結構致命的じゃないですかね?
個々の役者さんはみんな結構いい味出してると思うんですよ。
善助は愛されキャラになりそうだし、半兵衛は温和に見えて手強そうだし、秀吉はいわずもがな。
それなのに、みんなキャラが立ってない。
官兵衛すら、あまり主役的扱いに見えない。(主役がイイ人の大河ルールは発動されてますが)
顔ぶれを見ればみんなとても個性的なはずなのに、なぜか人物像が見えてこない。
そうした人物を描くエピソードだけじゃなく、全体的に説明も足りない気もします。
そのせいか場面転換が切って貼ったみたいな感じがして、それも気持ちが持続しない一因なのかなあ。
秀吉が半兵衛を迎える場面にしても、芝居から伝わってくる熱いものはありますが、
話として「秀吉が半兵衛を説得したことがいかに大きなことか」は全然伝わってこないんですよね。
スタッフやキャストの熱意と脚本の厚みが、一致していないような印象を受けます。
なんだかとてももったいない。

歴史ドラマについてじゃなくて、ドラマそのものに対する感想ばっかりになっちゃう。(泣)
うーん、これはよくないな。
母里武兵衛とお国ちゃんに「ヒュ~ヒュ~」なシーンは良かったですよ。
光の「すぐ隣におるではないか!」というツッコミはナイスでした。
ああいうシーンて、緊張した場面の合間に入るとすごく和むし微笑ましいし、
しかも集まった面々の人物像が見えやすいところでもあるんですが、その効果は……。

あ、そろそろOPのことも分析しないとだなー。
[ 2014/02/03 01:39 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(6)

「軍師官兵衛」#4 

「信じられませぬ!」

官兵衛との婚礼の夜に光が発した言葉。
今回の感想は何をおいてもまずコレでしょうか。(苦笑)
おたつちゃんの死をここまで引きずってくるとは思いませんでしたよ。
「将来を誓ったおなごがいたのだ。けれどその娘は死んでしまった。
わしはその娘を到底忘れ得ぬ。されど……そんなわしを受け入れてはくれまいか」
とかなんとか官兵衛は話したんでしょうが、それってどうなのさー。
しかも妻を連れて初恋の人の墓参りとはこれいかに!
これで「ああ、初恋の人が忘れられないのね。゚(゚´Д`゚)゚。」みたいに共感するオナゴは、
まあ……いないと思います。
だって木登り事件で光に出会ったときから、
光のことが「気になっていた」とか言ってましたし。
もちろん、失った恋の痛手は次の恋でって言いますよ?
でもそれを別にここで見なく(ry
あるいはこの忘れ得ぬ初恋の人が、今後何かの伏線になってくるのでしょうか……?

そんな瑣末なことに気が行ってしまう今大河ですが、
毎回ストーリーが1行で表せてしまうのはどうなんでしょうか。
今回は「主君の疑念を払うために結婚した」という話ですよね。
それはそれで一本筋が通っていていいのですが、こういう特に大きなネタのない時期にこそ、
家臣団との結びつきを一番丁寧に描けるんじゃないかなーと思うんですが。
光との少女マンガでもちょっと恥ずかしい出会いに時間を割くよりも、
傅役の母里さんとか、家来の母里&栗田コンビとか、
これからの展開でどんどん重要になってくる人たちとの関係性を打ち出しても良いのでは。
こういう頃に出てきたエピソードが、最終回近くで回収されたりするのを見るのが、
1年間大河を見る醍醐味だと私は思ってるんですけどね。

ということで、第4回も「流れはわかるけど物語に没頭できない」ままでした。
うーん、もうちょっと気持ちを上げてくれる要素がほしいです。
[ 2014/01/30 23:31 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(4)