Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『マリー・アントワネットの嘘』 惣領冬実/塚田有那 著 

つい先日までやっていた「マリー・アントワネット展」に合わせるように発刊された、
惣領冬実さんの「マリー・アントワネットの嘘」。
タイトルからてっきり、
マリー・アントワネットにまつわる「噂」「逸話」の真実を明らかにするもの、と思ったのですが、
よく考えたら惣領冬実さんは漫画家であって歴史家ではないということに思い至りました。



本作中では、もちろんマリー・アントワネットに関する誤ったイメージを正そうとする章もあるのですが、
それよりは惣領冬実さんが漫画「マリー・アントワネット」を描くにあたり、
ヴェルサイユ宮殿の監修を受け、いかに真実に近いマリー・アントワネットをあぶり出すか……
という、歴史マンガを製作するに当たっての心がまえとか、製作過程を記録したドキュメンタリーでした。
昨年の大河「真田丸」で時代考証の丸島和洋先生が懇切丁寧に解説をしてくださったこともあり、
マンガのための資料を集めていくうちに見つけた「噂と史料の狭間」を覗き込めるんじゃないかなんて、
何となくあんな感じの展開を期待してしまったのですが、それは私の完全なる思い違いでしたね……。

マリー・アントワネットの「嘘」に関する章は、約40ページほど。
全体の4分の1の量にしか過ぎません。
ヴェルサイユの庭園にある離宮プチ・トリアノンは、
マリー・アントワネットがお気に入りだけを招いて享楽にふけった場所という印象が強いですが、
すべてが「劇場の舞台」であり、一種の役割を演じ駆け引きせねばならない宮殿内と違い、
実は国王と子どもたち、家族のみで過ごすことのできる、
完全に家族のためのプライベート空間であったという事実が書かれていました。
それは私には新しい発見だったのですが、いかんせんどの書籍から引いているのかがわからないんです。
またスウェーデン貴族フェルセン伯爵との恋も、それが「どこまでか?」という疑問を呈しつつも、
それに対する事実というよりは惣領冬実さんの推測が述べられているのみ。
ひとつの根拠として、頑丈なコルセットと荘厳なドレスを身に着けていたマリー・アントワネットが、
たやすくフェルセンと密会し、情事に到れるかという点を挙げていらっしゃいますが、
確かマリー・アントワネットは普段、
もっと簡素なゆるいドレスを着ていたこともあると読んだことがあります。
そんな姿で恋人に会うかどうかさておき、推測の拠り所としては弱い気がします。
中にはきちんと書籍の引用が書かれているものもあるのですが、事実を明るみに出すというよりも、
どちらかというと、漫画を描くために底本とした書籍を読み、どう理解して作劇したかという、
作家の思考回路をたどったものととらえたほうが良さそうです。
少なくとも歴史の真実を史料に拠って暴くというような内容ではありませんでした。

残りの4分の3は、漫画「マリー・アントワネット」がいかに出来上がったかというお話。
ヴェルサイユ宮殿からの依頼で漫画を描くことになったことや、
歴史を扱うとき姿勢などが語られています。
「歴史は勝者によって語られる」
「善か悪かは後世の人間が決めるもので、その場に生きている人間には関係ない」
「残虐で愚かな行為も、正当化も批判もせず、そこに至った動機と事実だけを描きたい」
といったあたりは、とても誠実に歴史と向き合っておられる姿が見えて好感度UPです。
結局、この本はタイトルがちょっと煽りすぎと思わざるをえません。
マリー・アントワネットのことが知りたい人ではなく、
惣領冬実さんのファンの方や、「チェーザレ」の連載を心待ちにしている方にとって、
一読の価値ある一冊ではないかと思いました。
スポンサーサイト

『名刀伝』 牧秀彦 著 

巷で大人気となっているブラウザゲーム「刀剣乱舞」。
昨日で開始から1ヶ月になりましたが、ユーザーが50万人以上とか。
話題続行中の「艦隊これくしょん」以上の盛り上がりとも聞いております。
この異様なブームに光の速さで食いついたのが刀関連業界。
美術館、博物館、出版社に刀鍛冶まで、これを好機とばかりに打って出てきています。
博物館では普段は飾られていない宝刀が早速特別展示され、
出版社は刀剣関連の書籍の売り込みに全力を注いでいるように見受けられます。
ホント、「今やらなくていつやるの?」って話ですよね。(笑)

そんな中で、おそらく真っ先に情報を流したのが「新紀元社」さんではなかろうかと。
「ゲームに登場する名刀とそのエピソードを知りたい方にぴったりの本」を紹介したところ、
あっという間にその本の在庫が一掃されてさらに重版がかかったようです。
恐ろしや、予期せぬブーム…………((((;゚Д゚))))


剣技・剣術〈3〉名刀伝剣技・剣術〈3〉名刀伝
(2002/08/01)
牧 秀彦

商品詳細を見る


ってことで、「名刀伝」借りました、図書館で。(笑)
この書籍は良書です!
天下五剣、天下三名槍を始めとして、平安から幕末までの名刀を、
その造りから時代とエピソードまで、非常に読みやすい形で紹介しています。
専門書というよりも入門書として執筆された経緯からも、
刀にはそこそこ興味があるけれど詳しくはない……といった向きにはぴったりだと思います。
といっても、ムック本のようにパラパラっとめくって終わりという軽いものではなく、
とてもしっかり書かれているのに気軽に読める文なので、非常に満足度が高いです。
刀によってページ数に差があるのは逸話ゆえだけではなく、
著者の思い入れも反映されているような気がしましたが、そこはご愛嬌でしょうか。
個人的には山田浅右衛門に言及していたところが良かったなと思います。
私自身、歴史スキーとして刀剣には興味がありますが、
思えば個々の刀剣のエピソードってあまり知りませんでした。
記憶にあるものといえば、織田信長のへし切長谷部、本多忠勝の蜻蛉切と義経の今剣、
幕末だととりあえず村正、沖田総司の菊一文字、土方歳三の和泉守兼定、そのくらいでしょうか。
上杉フリークとしては長光と一文字の刀は外せませんが、
上杉家の刀ってキャッチーな逸話がないんですよねえ。
一応本書では、小豆長光が取り上げられておりました。
刀剣乱舞に登場する刀剣はあまり載っていませんが、全部で約100振りくらいが掲載されています。
巻末の資料編では、刀の造り、刀匠、国宝等を分類して解説しています。
全体的に、通して読むというタイプの書籍ではない印象です。
資料編は辞書のようにポイントポイントで活用するのにふさわしく、
刀剣紹介編は一日一振りといった感じで、寝る前などに1つ読むのがオツかもしれません。
刀の姿を想像し、時代に思いを馳せ、刀の主を思い、刀の運命とともに歴史をたどる……。
なかなかロマンある視点じゃありませんか?
そうそう、本書には該当刀剣の写真が掲載されていないので(一部絵図があるものもある)、
その姿はひたすら想像するか、ネットで画像検索するしかありません。
もっとも、現存しないものについてはどうすることもできないジレンマに苛まれますが。(苦笑)
手元に一冊あってもいいかなと思いましたが、
この刀剣ブームを機にまたいろいろ出てきそうな気もしたので、ちょっと保留。(笑)

まずはシマヘビを飼うことから始めよう 

最近リアル書店をゆっくり覗く時間がなくって悶々としておりますが、
そんな私の救世主であるまるひげさんが、またもや素敵な雑誌を紹介してらっしゃいました。
「これは是非とも”買い”だと存じます」という言葉に釣られてそそくさと書店でお買い上げ。
早速読んでみましたが……。

戦国スキーも幕末スキーも、これは買いです!!!


日経おとなの OFF (オフ) 2009年 12月号 [雑誌]日経おとなの OFF (オフ) 2009年 12月号 [雑誌]
(2009/11/06)
日経おとなのOFF

商品詳細を見る


一般雑誌の特集ですし、マニアックな視点から論じているわけでもありません。
ただ、特集切り口が非常に面白いんです。
幕末側でも戦国側でもちょっとした人物比較論が載ってるんですが、
狩りを通して西郷隆盛と徳川慶喜を語ってみたり、土方歳三と高杉晋作を俳句で並べてみたり、
加藤清正と藤堂高虎の築城対決や細川幽斎と武田信玄の教養対決だったり、
ちょっとした記事なんですけれど、なかなか楽しめます。
ゆかりの神社をご利益表示してあるところもナイスアイディアといった感じで、
特に熊本の清正を祀る加藤神社のご利益が「土木・建築」なところがツボでした。
どれもまあ、そのまんまなんですけどね。(苦笑

幕末はファッション、戦国は食という視点も興味深い。
本能寺の変のきっかけとも言われる安土城での家康用晩餐メニューも再現されています。
昔の人って、ほんとたんぱく質ばっかりだよなー。
そうそう、上野の西郷さんが彰義隊のお墓に背中を向けてるなんて知らなかった!
幕末に疎い私には、へ~なエピソードがいろいろありました。
目玉としては、幕末の志士と戦国武将の脳を分析して、
読者の脳タイプを判断できるページがあります。
西郷隆盛タイプの私は、ピカレスク型斎藤道三に学ぶべきだそうです。
とりあえず首からシマヘビぶら下げようかしら。(爆

この雑誌、適度な特集ぶりで保存版ではないかと。

まるひげさん、すっかりお世話になってます。
ありがとうございます~。

戦国のコミュニケーション 山田邦明 著 

戦国時代、大名たちはどのようにコミュニケーションを図っていたかを考察した本です。
こう書くと小難しい書籍のように思えますが、これがとても読みやすくて面白い!
当時のコミュニケーションの手段は書状です。
この書状を通して、武将たちがどんなやり取りしていたか解説しています。
Aという人物の書状に対して、それをもらったBはどう返事をしたためたのか、
あるいはどう行動したのかがつぶさに見て取れ、
扱っている事件を臨場感タップリに感じることができます。

戦国時代の書状は、当然ながら使者が先方に赴くことで届けられるわけですが、
今ほど確実でスピーディーな交通手段がない上に、
敵対している大名の土地を通らなければならないこともあって、
遠隔地ともなると、書状を出してから先方に届くまでに何ヶ月もかかることがありました。
その結果、刻々と変化する状況に書状の往復が追いつかず、
先発の使者が先方へ到着しないうちに、次の使者を立てなければいけない事態も起きます。
そうなると先発の者は全くの無駄足ということにもなりかねません。
また、覇権を争うこの時代、こうした使者の持つ「書状=情報」は常に狙われており、
それを敵に奪われないよう、慎重且つ迅速に、確実に運ばねばならず、
使者という任務はまさに命がけの仕事でもありました。
さらに言えば、今のようにマスメディア的役割の存在しない当時において、
書状に書かれた情報が真実であるのか、あるいは偽に流されたものなのか、
その判断がかなり難しかったことも、特徴のひとつにあげられそうです。
戦国期をちょっと想像すれば、それは容易に想像できることではありますが、
実際に行き交った書状を並べてみると、そうした状況が手に取るように見えてきます。

しかし、緊急を要さない手紙の場合、とくに大名間以外での書状のやり取りなどは、
莫大な費用のかかる使者や飛脚を用立てることはせず、
その方面へ旅する人に預けるという方法がとられていたようです。
おかげで、自分が書いた手紙の返事が1年以上たってから届くという事実も……!!!
このあたりの悠長さは、戦国の混乱期に相反するようで興味深いです。

「漢文調の文なんて読んでられない!」
そう思ったアナタ。私もそうですが、大丈夫です。
ここで取り上げられている書状には、ちゃんと読み下し文と訳が併記されているので、
何の問題もありません。

例えば、

「こんな噂が聞こえてきていますが、本当のところはどうなってるんですか?」
確実な知らせよりも噂が先に流れてきてしまい、
早く本当のところを知らせてほしいというお願いだったり、

「時間が経たないうちに、早く出陣してください。どうかお頼みします」
という援軍出兵への必死の懇願だったり、

「殿のご機嫌が悪くならないうちに早く挨拶にいらっしゃい」
というような忠告だったり、

「妻がいてくれたらよかったのに……。ワシはもう疲れた」
という愚痴だったり、

「その情報だけでは信用できないから、もっと確実なものを持ってきてくれ」
という緊迫感溢れるやり取りだったり、

上杉謙信、北条氏政、毛利元就や伊達政宗といった有名な武将たちが登場し、
それぞれの書状の内容も様々なので、読んでいて飽きません。
戦国期の息吹を感じたいという人だけでなく、
これから古文書を読みたい、候文に慣れたいという人にもオススメかと思います。


戦国のコミュニケーション―情報と通信戦国のコミュニケーション―情報と通信
(2001/12)
山田 邦明

商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。