Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎 著 

私にとって、初・伊坂幸太郎作品です。
あらすじは3行で書けと言われているので3行でまとめます。

平凡な暮らしを営む一市民が、
突然首相暗殺犯に仕立て上げられ、
彼がその「罠」からいかに逃げ延びるか、というお話。


ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



小説は今さらネタバレもないと思うので、ガンガン書いちゃいますね。
木暮兼人さんからいただいた映画の宣伝パンフで、主演の堺雅人さんが言っていました。
『良くできた物語がありますが、どう思いますか?』
これは、まさにこの作品の本質を突いた言葉だと思います。
この作品は本当に上手く作られている。
とにかく構成力がすばらしくて、文章のテンポもいいし、一気に読ませる力があります。
伏線を張るタイミング、回収するタイミング、どれも適確に仕込まれています。
謎が謎で終わってしまう部分、つまり「首相暗殺の真犯人は誰なのか?」が明確にされないのは、
私としてはたいして気になりません。
なぜならこの作品は一貫して一般市民の視点から描かれており、
その一般市民は真相から最も遠いところに置かれた存在だからです。
この作品の元ネタは、何度も文中で取り上げられるケネディ大統領暗殺事件でしょう。
ケネディの事件も真相は闇の中。
ちょっと過去を振り返れば、他にも真実がうやむやにされている例はいくらでもあります。
真実を知っている人間がどこかに必ずいるのに、それが世間に明かされることはないという、
いわゆる人間の作る闇の世界が、作品の中にも広がっています。
しかしこの点が、この作品をミステリとして読み、
鮮やかな事件の解決を求める人に不満を持たせてしまうでしょうね。
この作品に謎解きを期待してはいけません。

それに対し、濡れ衣を着せられた主人公が逃げる様は、実に克明に綴られています。
その行動、心理状態、思考回路、すべてが手に取るようにわかります。
それを我が身に置き換えてみれば、先を読まずにいられないというのも納得できます。
だからといって、じゃあこの小説は実際どうなのかといえば、うーん。
私はあまりにも「上手く作られすぎている」と感じました。
なんというか、すごく作為的な感じがしてしまったんです。
多分みんなが思っていることだろうと思いますが、
主人公が出会う人物が、みな彼に対して敵意を見せないというのはやっぱり腑に落ちない。
すべてがあまりにも都合よく進みすぎて、悪く言えば鼻につきます。
これでもかっていうくらい、すべての歯車がピタリと合ってしまう。
彼が出会う人物は、ほぼ全員過去に縁のあった人物で、
その人たちがみな過去を思い出しつつ彼を助けてくれる。
作品の根底に流れているものは、タイトルになった「ゴールデンスランバー」の歌詞にある、

かつてそこには故郷へ続く道があった

に表されていて、それが最終的にホロリとさせる要因でもあるのだけれど……。
仮にラストで巨大な敵と正面から戦っていたらまた別な感想も持ったかもしれません。
見事ではあるのだけれど、正直に言って、惜しいな、と思いました。
[ 2010/10/04 23:18 ] ミステリー | TB(0) | CM(8)

「過ぎる十七の春」 小野不由美 著 

随分昔に読んだ作品ですが、ちょっと気になったことがあったので押入れから出してきて再読。
便宜上ミステリーに分類しちゃいましたけど、ジャンルはホラーだったと思います。
でも、ホラー小説ではないと私は感じてますが。

過ぎる十七の春 (講談社X文庫―ホワイトハート)過ぎる十七の春 (講談社X文庫―ホワイトハート)
(1995/03/28)
小野 不由美

商品詳細を見る


人間、何が一番怖いのかと考えると、やはりそれは「人間」なのではないでしょうか。
幽霊や物怪よりも、絶対に人間のほうが恐ろしい。
人間が人間の形をしていながら別な「何か」に変化したとき、
それは人間にとって最も恐ろしいものになる気がします。

この作品にはもちろんホラーとしての、人間対非人間という怖さもありますが、
それ以上に人間対人間の恐ろしさを描いていると言えます。
思えば同じ小野先生の「屍鬼」も似たようなテーマでした。
ホラーと思って読むと肩透かしを食らうかもしれません。
作品が描こうとしているのは人間の深く濃い情念なので、ホラーとしての斬新な展開はないです。
ティーンズ向けだからなのかな?
しかし、小野先生の筆が紡ぎ出すひたすら美しい情景が、より恐怖心を煽り、
さらには悲しみを倍増させていて、その表現力に圧倒されてしまいました。
人間の恐ろしさを刻みつつも、どこか救いのあるストーリー。
地味ですが、サクッと読めて余韻が味わえる作品でした。
[ 2010/07/02 22:53 ] ミステリー | TB(0) | CM(0)

「くらのかみ」 小野不由美 著 

講談社の「ミステリーランド」は、
「かつて子どもだったあなたと少年少女のため―」
というコンセプトで刊行されているシリーズです。
小学校の図書館の本を思わせるしっかりとした装丁に、やわらかくて丈夫な紙、
角が丸くなっていて、文字も大きく漢字にはルビが振ってあり、
優しいタッチの挿絵も入っています。
そのしつらえからして、このシリーズは「子供」を対象にしているように見受けられます。
でもコンセプトを読むと、「大人向け」でもあるんですよね。
その辺の的の絞り方が難しいんじゃないかなあと思いつつ読んでみたのがこちら。

くらのかみ (ミステリーランド)くらのかみ (ミステリーランド)
(2003/07/30)
小野 不由美

商品詳細を見る


2003年の発刊当時に一度読んでるんですが、
そのときは小野不由美さんということでかなり濃いものを期待して読んだせいか、
正直「肩透かし」を食らった感じでした。
「これでおしまいー!?」と、そのあっさりとした終わり方にちょっとがっかり。
でも今回改めて読んでみたら、「自分、何にもわかっちゃいなかった」と、
小野不由美さんに平謝り状態でした。(苦笑

ある年の夏休み。
本家の屋敷に集まった子供たちがある遊びを始めると、子どもが1人増えていた。
けれどどの子も最初からいたとしか思えない……。

山奥、座敷童子がいるという古い屋敷、崇り、伝説、そして夏休み。
子供ならワクワクしてたまらない要素がすべて盛り込まれています。
大人でもすごく懐かしくなるシチュエーションが設定されています。
そこに「後継者争い」というネタが絡んで、二重の謎解きになっているところが、
ミステリーたる所以でしょうか。
「どの子が座敷童子なのか?」というのが一番の謎なんですが、
実はこれはわりと早い段階で察しがついてしまうんですよね~。
そういう意味ではミステリーとしてのドキドキ感は薄れてしまうんですが、
そこはノスタルジーで補えるかなと。(苦笑
でも実はそうした謎解きよりももっと大切なことがあったことに、今回やっと気づいたんです。
それは、何度か繰り返される「座敷童子は家を守る」ということが、
どのように行われたのか、ということ。
座敷童子は気まぐれに出てきたわけではなく、ちゃんとタイミングをつかんでいたんです。
座敷童子は具体的には何の行動もしなかったけれど、ちゃんと役割を果たしてたんです。
そのことに気づいた今、「小野不由美さんてやっぱりすごい」と思いました。
ああ、なんて読解力がなかったんだろう!
今になってやっと謎を解いた気分だよぅ。(涙

この作品は小野不由美さん独特の文体を残しつつもかなり平易に書かれていて、
内容も「死人が出ない」点から見ても子供向けではあるんですが、
それでもやっぱり子供にはちと難しくないか?と思います。
かといって大人には物足りない面がある。
この作品の場合は「大人が子供に戻って読む」というのが可能ですから、
かろうじてこのシリーズのコンセプトは守れているのかなと思いますが、
果たして他の作品はどうなってるんでしょう。
もう1冊手元にありながら放置してある作品があるので、それを読んでみようかと思います。
[ 2008/11/18 23:06 ] ミステリー | TB(0) | CM(2)

「警官の血」 佐々木譲 著 

昨年の「直木賞」候補になり、「このミステリーがすごい!」で1位を獲得した本書。

警官の血 上巻警官の血 上巻
(2007/09/26)
佐々木 譲

商品詳細を見る


上下巻、一気に読んでしまいました。
久しぶりに読むミステリーだったのですが、この作品はミステリーというよりも、
社会派の小説にミステリー要素が加えられたものと思います。
作品は3部構成になっていて、それぞれ祖父、父、子を主役としています。
彼らは三代続いた警察官の一族。
しかしいわゆるキャリアの部類ではなく、ノンキャリアで、そう裕福でもなく、
一般市民と同じ様に悩みもがきながら生きていく警察官です。
戦後間もない頃から現代にかけて、それぞれの時代に実際に起こった事件を交えながら、
「警察官とは何か?」
「警察官の職務とは?」
「罪とは?」
そういったことを、問いかけていきます。
祖父と父は二代続けて谷中・天王寺の駐在所に勤務しますから、
この辺りに土地勘のある人にとっては、それだけでも面白い作品でしょうし、
戊辰戦争、関東大震災、東京の空襲でも無事だった天王寺五重塔が炎上した事件や、
全共闘の時代、「大菩薩峠事件」を扱った部分はとにかく読み応えがあり、
当時を知らない私でも、事件が生々しく蘇る……という感覚になりました。
祖父の死の真相を解く、という点がミステリーとなっているわけですが、
これに関してはそれほど重要な要素ではありません。
謎解きというほどのものでもありません。
それよりは、その時代時代で警察官にも生き方があり、悩みと苦しみがあり、
その中で精一杯生きていたということのほうがずっと響いてきます。
理想の警察官、清廉潔白な警察官などいない。
「警察官も人間なのだ」ということが、ページを繰るごとに伝わってきます。
最後に希望は残されますが、哀しい物語でもありました。
[ 2008/04/08 20:12 ] ミステリー | TB(0) | CM(4)

ダ・ヴィンチ・コード 

ダ・ヴィンチ・コード(下) ダ・ヴィンチ・コード(下)  ダン・ブラウン
 ゴールデンウィークあたりから読み始めて、
 3冊読み切るのに今日までかかってしまった。
 といっても、持ち歩いていただけの日数が長く、
 実際に読んだ日数は5日くらいだろう。
 そのおかげで記憶は曖昧だし、
 たいしたレビューも書けそうにないのだけれど、
 一応読書記録として残しておこうと思う。

読んでみて、テーマがテーマだけに騒がれて当然の内容ではあるが、
そうでなければ、ここまで大ブームにならなかったのでは…というのが正直な感想。
しかし、多くの人が映画版を観たいと思う理由はわかる気がすると思った。
それは読み進んでいくうちに、ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」や、
ルーブル美術館、ウェストミンスター寺院、ロスリン礼拝堂など、
謎の鍵となる絵を、建物を、暗号を、この目で確かめたくなってしまうからだ。
しかしそれ以上の期待は、あまりできないように思う。

この作品は、日本人にとっては特に馴染みのないテーマ、
「キリスト教の聖杯伝説」を扱っている。
そういう意味においては、知的好奇心を満たすものであり、
謎解き、暗号解きの面白さもあり、「へ~」と思う場面はいくつもある。
しかしそれらが、どうにも「トリビアの泉」並みにしか感じられなかったのは、
やはり、私がキリスト教的土壌に育っていないせいだろうか。
だが何よりこの作品に入り込めなかった最大の理由は、
感情移入できるキャラクターがいなかったからに他ならない。
簡単に言えば、ただひたすら謎解きをしてもらっているだけで、
これなら黒板の前に座っていれば充分だと感じてしまった。
サスペンスであるにしろ、ミステリーであるにしろ、そこには必ず人が関わっているわけで、
彼らの感情の動きによって、私たち読み手もハラハラドキドキ、
スリリングな展開を追いかけることができるのだと思うのだが…。

因みに映画は観ていないが、ルーブル美術館には行きたくなってしまった。
今年はこういう観光客が多いに違いない。
[ 2006/07/29 23:50 ] ミステリー | TB(0) | CM(6)

マギンティ夫人は死んだ 

知らない人が見ると、驚くようなタイトルですが。

マギンティ夫人は死んだ
マギンティ夫人は死んだ
アガサ・クリスティ著

ご安心あれ。アガサ・クリスティの小説です。
アガサ・クリスティは、中学高校時代の愛読書で、毎晩読みふけり、
おそらく当時、手に入るほとんどの作品を読破したのではないかと思います。
それでも読み落としている作品はいくつもあるわけで、これもその一つ。
ずっと積読箱に入れてあったものを、かれこれ10年ぶりくらいに読んでみました。
今作品では、口ひげとエナメルのとんがった靴が印象的な探偵、
エルキュール・ポアロが事件を解決していきます。
ポアロといえば、灰色の脳細胞を駆使し、静かに、また鮮やかに事件を解決していく、
何から何まで「エクセレント!」という言葉がぴったり似合いそうな人物です。
しかし今回は、そのポアロが逗留先のがさつな夫人に振り回され、
まずい料理にほとほと困り果てるという様が、事件の真相よりも面白いのです。
事件はというと、無実の罪で死刑を宣告された男の冤罪を晴らすというストーリーですが、
その冤罪の男に危機感がなく、死刑が近づいているという緊迫感もなく、
それに関してはちょっと脇へ置かれてしまった感じですが、
殺人があった村で、人々の心理戦がひたすら繰り広げられるので、
その秘密を解き明かしていく過程でのドキドキ感はあります。
昔はただひたすら読みふけるのみでしたが、
今回は割と冷静に、一緒に推理をめぐらしながら読むことができたのは進歩?
だけど全然、全くの見当はずれ。
いやそれよりも、アガサ・クリスティに見事に振り回されてました。
[ 2005/01/15 23:00 ] ミステリー | TB(0) | CM(0)