Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

古文書講座 3 

全5回の古文書講座もあっという間に終わってしまいました。
初心者向けのテキストだったので非常に読みやすく、
慣れてくると割と察しがつくようになって、読むのがどんどん楽しくなりました。
ただ、事前の予習を仕事の待ち時間とか合間にやっていたので、
わからない文字を字典を使って判読するという作業が出来なかったのが心残り。
この文字はこれかな、あれかなと考え想像し調べる作業をしていかなければ、
結局古文書が読めるようにはならないというのに。
今回はわからない文字はそのまますっ飛ばして放置したまま講座に行っていたので、
そういう面からのアプローチが全くもって足りず……うう、反省。

古文書テキスト

講座では、こちらで元康さんにいただいた江戸俯瞰図のクリアファイルを、
宣言通り使わせていただきました!
読んでる古文書が越後のものだったので、江戸の地図は正直関係なかったんですが(苦笑)、
いっつも講座にギリギリ滑り込んでいた私にとっては、
このクリアファイルで「江戸城」と「外桜田門」を見ることで、
平成の雑踏から一挙に江戸時代へワープすることができました。
元康さん、ありがとうございました♪

さて、最後の2回は証文を読む作業でした。
どれも不慮の事態を想定しての保証が含まれていて、
「誰かが文句を言ってきたらこちらで対処します」とか、
「どんなことがあってもこちらで責任を持ちます」とか、
昔も今も変わらぬクレーム対策がされていたんだなあと興味深く思いました。
今回面白かったのは年貢米の話。
テキストは年貢を運ぶための船をチャーターしたことへの、運搬契約書みたいなものでした。
「うちと契約してくれてありがとね♪
運搬中に事故があっても全部こちらで責任もちますんで、村には迷惑かけません」
という、
今ではありえないような、業者の腰が低ーい証文です。(笑
当時は、鼠の入ってしまった米や、湿気でダメになってしまった米なんかは、
「刎ね米」として年貢としては受け取ることが出来なかったそうなんです。
ただ当時は米と鼠は切っても切れない関係にあって、
そうした「刎ね米」が出ることは想定内だったそう。
そこで役人は、実際の年貢の量よりも若干割り増し気味に納めさせ、
リスクを回避していたというんですね。
じゃあ「刎ね米」がなかった場合はその割り増し分を村に返すのかといえば、
それは返さない。(苦笑
それどころか、その余った米が役人さんの懐を暖かくしていたんですってよ~。
……人間それほど成長していないようで。(苦笑

庶民の生活に密着した文書というのも、こうしてみるとなかなか面白いです。
武将の書状だと政治的で大きなことにばかり目が向いてしまって、
その裏の生活だとか事情まで読むことに思い至りませんが、
一般庶民の文書だと、書面には見えない世相だとか生活だとか風習を読み取るという、
奥の深い面白さがあるのだなあと思いました。
でも次は、最後に「恐々謹言」というお決まりの文句がある、武将の書状を学んでみたいです。
武将の書状だって、庶民の文書と同じように、
書面には現れない世相や事情が透けて見えるはず。
せっかく首を突っ込んだ世界なので、ここで止めてしまわずに、
少しでも古文書に触れるように努力はしたいと思います。
せっかくブログにカテゴリーまで作ったしね。(笑
[ 2008/10/30 22:46 ] 古文書 | TB(0) | CM(8)

古文書講座 2 

今月から通い始めた古文書講座も、早いもので3回が終わりました。
習字の手本にもなった大きくて読みやすい字から、少しずつクセのある字へと、
また読み下す文の量も増えるなど、結構なスピードでレベルアップしています。
書き手が同じ文書ですと、1つ読み下せると2通目はかなり楽に読めるのですが、
「わーい、読めたー!」という感激もつかの間、また新しい文書になるとちんぷんかんぷん。
「読まずにまずは眺めてください」と先生はおっしゃいますが、
そこに文章があると思えば読みたくなるのが常でございます。
毎度毎度、すぐにも読みたい気持ちと戦っております。(苦笑

闕字  今回、今までの謎が1つ解けました。
  よく古文書を眺めていると、文章の途中に空欄があるんです。
  古文書は句読点がないので、基本ずら書き。
  その中に突如出現する空白は、とても奇妙に見えました。
  左の図にあるような感じです。
  これは「闕字(けつじ)」といって、相手に敬意を表するときに、
  わざと空欄を作ったり、時には改行する(平出という)こともあるという、
  1つの礼儀のようなものなんだそうです。
  左の図は、「村のためによく働いてくれたので、
  褒美として金百疋あげますよ~」というお達しの文書なのですが、
  「御賞」の前を空欄にすることで、
  褒美を出す相手に敬意を表したということのようです。
他に、目上の人の名前だとか、「上意」なんて言葉の前も、空欄になっていたりします。
筆の運びというのは、筆とか墨とか書き手の気分によっていかようにも変わるので、
空欄もそんなムラ気の1つかと思いきや、「間違えたわけでも気分でもありませんから!」と、
先生が強調しておられました。
文書中に空欄があったら、何か重要な言葉が入っていると思えばいいんですよね。
そういうことから中身を想像することもできるから、「まず眺めろ!」と仰るんだろうなあ。

もう1通、「田んぼの具合が悪いから年貢を減らしてくだせえ」という願書があったんですが、
江戸時代、村方が大好きな言葉が「水損」「干損」という2語で、
水害がなくても日照がなくても、「水干損だから年貢何とかして~」とお願いしていたんだとか。
でも、田んぼの具合を見てもらうために役人を呼ぶと、彼らは必ず最低2人で来たそうなので、
人数分の経費だとか接待費だとかであれこれ費用がかさんで、
結局年貢を減らしてもらう以前にものすごいお金がかかってしまうことも多かったらしく、
1回願書を提出したけれども、「(お金かかるし)やっぱりやーめたっ!」といって、
願書を返してもらう……なんてこともあったんだそうです。
役人の接待には、今も昔もみな苦労しているようで。(苦笑
でも一度出した書類を返してもらえるんだから、随分鷹揚な時代ですよね。
たった1通の文書から、それがどこに保管されていたのか、印鑑は押されているかなどを見ると、
文書の中身以上のことが分かってくるところが面白いんだとのお話もありました。
文書を読むと、ついその中身だけに目が行ってしまっていましたが、
なるほどそういう見方もあるんだなあと、さらに文書への興味が深まりました。

宿題なんかも出ておりますが、ゆっくり腰を据えて取り掛からないと、
とてもじゃないですが、数えるほどしか判読できません。
古文書って、ある意味ひらめきみたいなもんが必要だし、
毎日必ず触れるようにして、でも焦らずに眺めることが肝心なようです。
[ 2008/10/18 19:14 ] 古文書 | TB(0) | CM(6)

古文書講座 1 

上杉熱が昂じて、ついに行き始めてしまいました。
古文書講座。

きっかけは、史料として読み始めた越佐史料です。
寛元元年から天正十二年六月までの越佐地方の歴史を編年体で編纂してあって、
例えば上杉関係であれば、ひとつの出来事に関して多数の文書や、上杉家御年譜、
甲陽軍鑑や北越軍記などを並列に読み進めることできます。
現代語訳されたものではないので、文章は漢文体であったり、和漢混合だったりで、
読解に時間がかかるのは当然なのですが、その前に躓いたのが変体かなでした。
この史料、変体かなもそのまま翻刻されちゃっているので、そこでお手上げ状態。
発作的に音訓引き古文書字典を購入してしまいました。
字典を読むだけでも勉強になるという言葉につられ、読み物としても活用してたんですが、
このあたりからだんだん雲行きが怪しくなりまして(苦笑)、
こういう翻刻物ではなく、古文書そのものを読みたいなあと思うようになり……。
ついに年に一度の県の古文書講座に申し込み。
行ってみてビックリしました。
なんと参加者90余名!
定員を大幅にオーバーしている上にお断りもあったとか。
古文書人気はすごいんですねえ。

さて、募集のチラシには「初心者大歓迎」とあったのですが、
「初心者大歓迎の文字はただの飾り」なことがほとんどですよね。
私のような超初心者がついていけるレベルなのか、かなりビクビクしていたんですが、
講師の先生の「この講座は初心者の方対象ですから、ご了解くださいね」の一言で、
なんとかなるかも?とちょっと安心。
で、最初のテキストがこちら。

源平藤橘

「源平藤橘」といって、人名によく使われる文字を学ぶ手習いの手本です。
書き順がわかるように丁寧に書かれているので、非常に読みやすいです。
子供たちは伊呂波をやって、数字をやって、それからこのお手本を学ぶんだとか。
「みなさんも昔の子供たちと同じように、これを手本に筆で書く練習をしてみてください」
先生はそう仰いましたが、さすがにそこまではなかなか……。
やったほうが数倍早く古文書が読めるようになることはわかってるんですけどね。(汗

導入は源平藤橘でおしまいで、続いて早くも書状の解読になってしまいました。
でも、非常にきれいに書かれていたので、判読できる文字が多くて助かったー!
たとえ翻刻ものでも、変体かなにある程度慣れていたのも役立ちました。
字典を読むだけでも勉強になるとの言葉も嘘じゃなかったです。
先生が一字ずつ解読して解説してくださったのもよかったですし。
「こういう文字は解読というよりも、形で覚えてくださいね」とか、
「これは筆の出入りじゃなくてちゃんとした文字ですから読んでくださいね」とか、
懇切丁寧なアドヴァイスで、あっという間に2時間の講座が終わってしまいました。


結局のところ、焦らず一文字ずつ読んでいくしかないということと、
私たちが漢字を学んだのと同じように、
一文字ずつ書いて覚えるのがベストということだと思いました。
ですので、1ヶ月間全5回の講座ですが、
講座が終わっても自力で読めるようにはならないと確信しました。(苦笑
[ 2008/10/04 22:25 ] 古文書 | TB(0) | CM(10)

音訓引き古文書字典 

この年の瀬の物要りなときに、衝動買いをしてしまいました……!!!
友人との待ち合わせ時間まで小1時間ほどあったので、大型書店に入ったのが運のつき。
最近上杉関係の小説で飽き足らなくなって、ついに史料に手を出してしまったのですが、
これが幸い活字になっているとはいえ、変体仮名が読めねえ。(苦
ついでに漢文の読み方もおぼろげにしか覚えてなくて、意味不明なところがいっぱい。(涙
読解が遅々として進まずにいた中で、ふと見つけてしまったこの字典。

音訓引き古文書字典  『音訓引き古文書字典』
  林英夫監修 (柏書房)
  
  くずし字と意味が同時に引けるなんて、なんて画期的……!
  これまでにもいくつか字典は見てたんですが、
  書体の字例は多くても意味が載ってないのは不便だし、
  とりあえずくずし字を判読する必要のない私の場合、
  熟語にもなっていて意味も載っていて、ついでに、
  くずし字も調べられるとあっては、買わずにいられません!
  これでもう、誰かに頻繁に質問しなくてすむーーー!

活字化されていない古文書そのものを一から判読しなきゃいけないときには、
おそらく別な字典のほうがいいんだろうなとは思いますが、
とりあえず今の私には、これがあるだけで充分すぎるくらいありがたいです。
ああ、これでもう、「然者」を「しかるもの」なんてバカな読み方したりしないわっ!
今まで、うねうねした記号(=変体仮名)ばっかりで、
一行ごとにため息ついていた「景勝一代略記」も読めるんだわーーーっ。
うおー、感涙じゃ。

先週末、図書館からコピーしてきた史料を睨み続ける私に、
「あなた、そんなのが面白いなんて、職業選び間違えたんじゃないの?」
と、声をかけてきた母。
自分でもちょこっと「そうかもしれない……」と思いました。(苦笑
というか、のめりこむとあっという間に没頭しちゃうんです。
(それで冷めやすいところが玉にキズ?)
そんなわけで未だ中途半端にしか掃除が進んでません。
今から続きやります……。あ、その前に晩ご飯作らなきゃー。  
[ 2007/12/29 19:47 ] 古文書 | TB(0) | CM(2)