Step by Step

category: 天地人  1/6

「天地人」 最終回

この作品の陰の主役は遠山眉毛氏ではないかと思っていたのですが。見事に「使い捨て」になっておりましたー!ま、そんなことだろうとは思ってましたけどね。というわけで、最終回くらい感想書こうかと思います。これを書く前に、ざっと過去の記事を読んでみたのですが、私にとっては、どうやら御館の乱あたりまでが許容範囲だったようです……。「大河ドラマ」は今でも史実だと思っている人が多いです。ドラマなんだからドラマとして面白...

  •  10
  •  1

「天地人」#39 三成の遺言

No image

結局長谷堂城の戦いもうやむやのうちに終結してた気がしましたが……。直江兼続を主人公にしておきながら、北の関ヶ原と言われる部分はないがしろ。これってドラマとしてどうなんでしょうかね。正直、「んーと、主人公誰だったっけ~?」な状態なのですが。多分上杉家ということで、守銭奴と言われつつも実は天晴れな漢だった岡左内とか、新陰流の祖の孫という説もある上泉泰綱、傾奇者として有名な前田慶次とか、こういう人たちが活...

  •  6
  •  0

撮了だそうです

No image

天地人、スタジオクランクアップだそうです。この週末の南魚沼ロケ(噂によれば明日は八海山)ですべて撮了となるとか。約13ヶ月に渡って一人の人物の生涯を演じてきた役者さんたちにとっては、ドラマの内容如何に関わらず、こちらが想像できないくらい感慨深いものがあるのでしょうね。区切られた空間の中とはいえ、自分とは別な人間として1年間を過ごすというのは、やはり特別なものなのだろうなあと思いますし。この一年、ごち...

  •  8
  •  0

「天地人」#38 ふたつの関ヶ原

No image

連休を利用して、未見だった数話を一気に視聴しました。相変わらずの超ダイジェストぶりに「おいおいおいおい」と思いつつ、38話をリアルタイム鑑賞。放映時間にちゃんと見るの、久しぶりだなあ……。関ヶ原、天地人的には頑張ったなあと思いました。スタジオ撮りと葵三代の使いまわし(!)とCGの組み合わせがほどほどになっていて、それぞれの境目の違和感はありましたが、映像から来る印象はまずまずだったんじゃないかと。30...

  •  6
  •  0

「天地人」#34 さらば、越後

No image

ドラマの内容がどうであれ、私の中では日曜8時はリアルタイムに上杉家が存在しています。ドラマに対していくら文句や愚痴をつづっていても、救いようがないとわかっていても、それでも心の隅っこのほうで、リアルタイムに越後の上杉家というものを感じていました。ですから今回のタイトルが「さらば、越後」であると知ったとき、本当に悲しかったんですよ。それは多分自分が越後民で上杉フリークで、カゲカツィストだからでしょうね...

  •  8
  •  1

「天地人」#33 五人の兼続

No image

テレビ兼PCが壊れたりいろいろあって、久しぶりのドラマ記事です。タイトルを見て、一体何を展開しようというのかとかなーり不安になりましたが、「兼続が5人いたら統治も楽なのにな~ → 五大老で国政を」っつうことでしたか……。ちょっと脱力しました。(苦笑しかしこの作品の三成は複雑ですね。「自分」というものをまるで感じさせない。「自分」を押し殺して秀吉のために働いているのは、理想の国・日本を作り上げるためで、それを実...

  •  12
  •  0

美しき刀。

先週の土曜日、どうしても長岡で時間を潰す必要があったので、新潟県立歴史博物館で「天地人展~直江兼続とその時代」を見てきました。本当はもうちょっとゆっくりじっくり見たかったので、展示換えもあることですし会期中にもう一度行く予定にはしています。東京のサントリー美術館で開催されている間は、お客様もあまり入っていなかったようで、「閑古鳥鳴いてました……」とか「人がいなくて見やすかったです」とかの感想を拝見してまし...

  •  10
  •  0

との、ご出陣!

No image

相変わらず「天地人」関連の検索で拙ブログをご訪問いただくことが多いようなのですが、ドラマの感想をまったく書いていなくてすみません~。TVと一体型のPCが壊れてドラマを数回見なかったら、なんだか見るのが面倒になってき(以下略えー、それはさておき。今年も上越市では8月22-23日に謙信公祭が開かれます。2年連続GACKT謙信で盛り上がりを見せたこの祭、注目の今年のゲストは。との、こと北村一輝さんです!謙...

  •  4
  •  0

「天地人」#26 関白を叱る

No image

アバンタイトルの「愛の詩人」とか朝日姫(平田敦子さんは好きです)とか、何かと突っ込みたいことはあるのですが。それよりもこの素朴な疑問……。結局、上杉主従は何のために上洛したの~( ・◇・)?このとき秀吉には、天下に知られた大名である上杉家を上洛させることで、「上杉家もワシに従ったぞ!」と広く知らしめたいという意図がありました。一方上杉家にとっては、越後を統一し国を固めていくには、もはや秀吉の傘下に入るしかない...

  •  10
  •  0

「天地人」#25 天下人の誘惑

No image

なんだか上洛話がすごいことになってる気がします。まるで、「かねつぐとふしぎなだいぼうけん」とかいうのを見ている気分です……。才色兼備の男に、どこぞの姫が「助けてください!」と雨の中をすがってきたり、地元の美人が「好きになっちゃったわ♪」なんてあれこれ世話を焼いてきたり、地元の有力者が「オレのもとへ来い!」なんて誘いをかけてきたり、まさにファンタジーノベルのようです。なのに、ファンタジーノベルほどのワクワクも...

  •  12
  •  1