Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本当に家族に乾杯だった。 

やっと見ましたよー、「鶴瓶の家族に乾杯」広島県三原市編。
谷原先生、若干ふくよかになられましたが、ブルーのコートがまあステキ♪

ゲストは俳優・谷原章介。
祖父が広島県本郷町(現在の三原市)出身という谷原が、
自らのルーツを探して、三原市を旅する。
本郷地区へやってきた谷原は、数少ない手がかりをもとに、
地元の人に聞いて回るが、当時を知る人に巡り会えない。
そこで、聞き込み情報で聞いた、谷原姓のお宅を訪ねることに。
果たして、目的を果たすことができるのか? 
衝撃の事実も次々と明らかに。  公式HP



この番組はこれまでも断続的に見てきていますが、
やっぱり自分のルーツを探る旅となると、ちょっと趣が異なりますね。
本来は鶴瓶師匠とゲストが日本各地を回って、
その土地その土地のステキ家族を見つけて紹介するというコンセプトだと思うのですが、
谷原先生の場合は「自分の先祖を探す」旅だったため、
番組コンセプトからは若干外れるものの、
焦点が絞られたせいかばっちり感情移入して見てしまいました。
谷原先生が持っていた情報は、
○ お祖父さんが広島県本郷の出身
○ 船乗りで満洲へ渡ったのち、戻ってきた
○ 山陽道を通すとき、土地が引っ掛かり国に買い上げられたらしい

という、手がかりとするにはちと心もとないもの。
どれだけ聞き込みをし、お寺の過去帳を見せてもらっても何のつながりも見出せず、
「やっぱりこんな短期間で運よく親戚が見つかったりしないよな」って思っていた矢先、
多分谷原先生自身も諦めかけていた矢先、
たまたま声をかけたおじさんが「谷原さん」だったー!!!
ここからが怒涛の展開でした。
後日談とはいえ、家系図は判明するわ、お祖父さんの生家は判明するわ、
なんと先祖のお墓までわかってしまった。
もちろんお祖父さんの戸籍謄本を取ればもっと早く色々なことがわかったはずです。
でも自分の足でその土地を歩いて回るからこその感動がそこにはありました。

谷原先生がお墓を見つけることができたのも、
実はご親戚筋がちゃんと谷原家のお墓を守ってくださっていたから。
今の時代、忙しい、遠いなどの理由で、お墓参りもおざなりにしてしまいがちですが、
いつか遠い未来にこうして誰かが訪ねてくるかもしれないと思うと、
その奇跡のためにお墓を磨くことも悪くない気がします。
最後に、遠い親戚と判明した三原市の谷原一家からのビデオレター、
谷原先生が訪問したときに家にいなかった小学生の娘さんが、
「章介おじさん」と呼びかけたことに軽い衝撃が。(苦笑
確かに、いくらイケメンでも確かにもうおじさんな年ですよねえ。
いや、もしかしたらお嬢ちゃん的には親戚のおじさんの意味合いだったかもしれないけど、
やっぱり「章介おじさん」の響きは結構効いたぜよーーーー。(笑
何はともあれ、家族のつながりと不思議な縁に乾杯したくなりました。
スポンサーサイト
[ 2012/05/28 23:03 ] 谷原章介 | TB(0) | CM(8)

らんまが実写化~~? 

ワタクシ、地元民だからというわけではありませんが、
高橋留美子さんの作品は大好きです。
でも「めぞん一刻」以外結末を知りません。(苦笑

何年か前、「めぞん一刻」が伊東美咲ちゃんの主演でドラマ化されたとき、
三鷹さんは谷原先生で!と訴えてたんですけど、キャスティングされたのはセクスィー部長でした。
ドラマはちらっと見たはずなんですけど、ビミョーだったような……。
で、そのほかにこんなことも叫んでました。

「らんま1/2」の九能帯刀をやってもらいたいと常々思っていたのです。

これはもしや実現か!?
と、一瞬思った「らんま1/2」ドラマ化のニュース。
とはいえさすがに私でも、今の谷原先生に九能帯刀はないわ~と速攻却下しました。
九能センパイ、一応高校生だしー。(爆
剣道が上手くて突きの技は異常なほど素早く、
自意識過剰でナルシストで、ヘタレな美青年である九能センパイ、
谷原先生で見てみたかったな~。(どういうファンだ・笑
ちなみに先生、ご出演で東風センセイなんですね。
あら、また「先生」役じゃないですか。
骨格標本ベティちゃんで遊んだり、骨外したり、かすみちゃんの前でキョドったり、
こっちも面白そうなキャラではあります。
ガッキー主演ということはあかねがメインですよね……どういう話になるんだろ。
らんまと九能センパイと東風センセイとおさげの女とあかねとで何角関係になるんだ?
個人的には東風センセイの谷原先生もですが、

乱馬の父・早乙女玄馬の古田新太
あかねの父・天道早雲の生瀬勝久


この2人のお父上の丁丁発止のやり取りが超楽しみです。
古田さんがパンダに変身するというのがすでに納得できてしまっているワタクシ。(笑
ドラマがビミョーでも、多分この2人はハズさないと思います。
しかし変身シーンとかアクションシーンとか、どうやるんだろうなあ。
萎えるCGだけはやめてつかあさい。(懇願
[ 2011/09/28 00:35 ] 谷原章介 | TB(0) | CM(2)

「かわいくて、すっかり親バカになっています。」 

谷原先生がパパになってたよ!!!

オメデトウゴザイマス~~~~ 

結婚と同時にすでにパパではあったけれど、今回は自身のお子様ですものね。
しかも女の子だって。
目に入れても痛くないほど可愛いんだろうなあ。
「かわいくて、すっかり親バカになっています。」なーんてコメントがあったそうですが、
ワタクシその映像は見ておりませんっ。(明日流れる?)
それはきっと、程よく溶けたアイスクリームのようにメロメロの笑顔だったんでしょうね~。
これでパパはますますはりきって、さらにバリバリ働いちゃうんでしょうね。
某2009年NHK大河掲示板で、「兼続に谷原章介は?」という意見を見かけたけど、
「働きすぎ!」と即座に突っ込まれていたのには爆笑しました。(笑
私は個人的に、先生に兼続のイメージはあんまりないんですけど。(原作未読)
いやでも出てくれるなら、私もさらにはりきって見るよ! おう!
なんか話が逸れたけど(苦笑)、とにかく一言お祝い残しときます。
そしてますますのご活躍を楽しみに。
[ 2007/11/08 23:26 ] 谷原章介 | TB(0) | CM(2)

今度こそ。 <追記あり> 

あの「しゃばけ」がとうとう(いよいよ?)ドラマ化決定だそうですね。
TVナビを読んでいて、「へ~、一応見よっと」なんて思ってたんですが、
たまたま覗いたブロガーさんに落っこってた情報によると、

谷原章介=仁吉(白沢)

だっていうじゃないですか!!!
ムキャーーーー! 見るよ、見る。絶対見る!

仁吉って、外回りに出ると袂に付け文が一杯入ってくるような色男。
それって、谷原さんがやってそうでやってないキャラクターだな。
ただ「白沢」はインテリな妖怪だから、そのあたりはピッタリなのかも。
私としては、本を読んだときのレビューに、
「谷原さんは屏風のぞき」なんてコメントいただいてたので、
谷原先生は屏風のぞき……でデフォルトになってたんですけどねー。(笑
谷原先生ご出演のドラマとは、私はどうも相性が悪いらしく、いつも脱落してるので、
今度こそ最後まで愉しみたいなあと期待しています。

で、他のキャスティングはというと、
手越祐也(NEWS) = 一太郎(若だんな)
高杉亘 = 佐助(犬神)
早乙女太一 = 鈴彦姫

までは判明しているようですが、役まではわからないものの、
宮迫博之、、山田花子、十朱幸代、志垣太郎、真矢みき、
岸部一徳、岡田義徳の皆さんが共演。
ほとんど妖怪になっちゃうけど、特殊メイクでどこまでやるのかが見ものかな。
江戸の町がフルCGっていうのはちょっと微妙ですけどねー。

若だんなの手越くんは、全く顔がわかんなくて、さっき検索かけて見たんですが、
うーん、ちょっと健康的過ぎるかなあ。元気よさそうだし。
堺(雅人)さんがもう15歳くらい若かったらねー。(苦笑
きっとピッタリだったんでしょうに。
まあ、ドラマが始まる前のイメージなんてあんまり当てにならないか。
早乙女くんは大衆演劇で最近人気の女形ですよね。
きっと素敵な鈴彦姫になるんだろうなあ。
映像的には、まずはCGやVFXで失敗しないことを祈ります。
早く扮装写真が見たーい!
ドラマのサイトはこちら

****************************************

<2007.08.31 追記>
メイン・キャスト、発表されてました。

 手越祐也 … 一太郎、長崎屋の若だんな
 谷原章介 … 仁吉(白沢という妖)、長崎屋の手代
 高杉 亘 … 佐助(犬神という妖)、長崎屋の手代
 宮迫博之 … 屏風のぞき(屏風絵の付喪神)
 早乙女太一 … 鈴彦姫(鈴の付喪神)
 山田花子 … 獺(美童姿のカワウソの妖)
 岡田義徳 … 松之助、一太郎の腹違いの兄
   ・
 志垣太郎 … 岡っ引き、日限りの親分と呼ばれる
 真矢みき … おたえ、一太郎の母親
 岸部一徳 … 藤兵衛、一太郎の父親
 十朱幸代 … おぎん、一太郎の祖母であり実は齢3千年の妖

菓子屋の栄吉くんは出ないのかなあ。私結構好きなんだけどな。
「しゃばけ」と「ぬしさまへ」の2作が下敷きらしいので、
慌てて「ぬしさまへ」を買ってきました。(苦笑
読まなくっちゃ~。
[ 2007/08/29 23:20 ] 谷原章介 | TB(0) | CM(6)

イワヒバ 

珍しく昼時に家にいたので、何ヶ月ぶりかに「笑っていいとも!」を見てみました。
月曜日なのに草くんが出ていたり、ほしのあきちゃんがいたりして、
しばらく見ないうちにメンバー入れ替えがあったんだなあなんて思ってたんですが、
(その後、草くんはお休みの香取くんのピンチヒッターだったことが判明)

「CMの後は谷原章介登場!」

とのテロップに、挙動不審になる私……!
蕎麦を食べようとしていたんですが、七味唐辛子のふたは落とすわ、
蕎麦をすすったままテレビの画面を見つめて咳き込むわ……。
いやだって、先の結婚会見以来なんですもの~。お姿拝見するのが。
大河の「風林火山」は2月以降見てないし(録画はしてある)、
ただいまご出演中のドラマも見ていないし(録画はしてある)、本当に久しぶりなんだよぅ!

今回はテディベアとサーフィンとイワヒバの話で、変なパンツの話じゃなくて一安心(?)。
ただサーフィン話のとき、椅子をカメラ前にずらして足漕ぎの再現をしていたのが、
「やっぱり谷原さん、アンタは面白い!」って思っちゃっいましたけどね。(笑
「乗っててず~と足、こうやってかいでるんですね」
「かいでないと板がこうバランス崩しちゃって倒れるわけですよ」
「立ち泳ぎをず~とこうやりつつ、うしろにこう回る時なんかも、こう足をかいで」
って、全部実演付き。(笑
見かけは二枚目なのに、三枚目キャラな部分が惜しげもなく表に出てくるそんなアナタが、
私はダイスキです。(何気に告白……

ところで谷原先生の最近の癒しは、このサーフィンとイワヒバだそうで。
岩松と書いて「イワヒバ」と読むと、今日初めて知りました。(汗
これからは岩松了さんもイワヒバさんと呼んでしまいそうだ。

イワヒバ イワヒバ(岩松)
 日本にも自生するイワヒバは、
 樹上、岩上に着生しているシダで、
 江戸時代から改良が進められた古典園芸植物で、
 多くの品種があります。枝は放射状に密生し、
 羽状に分枝しており、葉は濃緑色、裏が淡緑色の鱗片状で、
 独特の姿をしています。(役立つ観葉植物図鑑より引用)


イワヒバっていうのは、あんまり世話のいらない植物なんですね。
もともと岩場に自生する植物のため、肥料もいらない、水も神経質にならなくていい、
ただ日光はたっぷり浴びさせて……。
乾燥すると葉が丸まっちゃいますが、でも慌てて水をザバザバやると腐るとかで、
そのうち雨が降れば、また生き生きとした姿に戻るんだそうです。
そういえば、枯れたと思って捨てたら枯れてなかったっていう話をよく聞きますが、
これのことだったんですね~。
大きく育つこともないし、手間もかからないし、鉢物の世話が滅法苦手な私には、
ぴったりな観葉植物のような気がしてきました。
クシュって丸まった葉っぱが、水を吸い込むとパーンって瑞々しい姿になるんですよ。
こんなに明快なリアクションを返してくれる植物ってのも、そうそうなさそうですし。
そんなところが谷原先生も気に入っておられるようですが、
私もお洒落なベンジャミンとかより、ちょっと惹かれる。(笑

しかし苔を育てているあの方といい、谷原先生のイワヒバ(羊歯)といい、
男性には共通する、何かこう盆栽への憧れみたいなものがあるんですかね。
そういえば、ちょっと前にすごいブームになった「マン盆栽」ってどうなったのかな?

谷原先生はちょっと焼けて精悍な感じになっておられました。
サーフィンのおかげか忙しさのせいか、ちょっと体が締まった気も。
相変わらずのお姿にデレデレしすぎて、蕎麦がすっかりのびてしまいました。(苦笑
[ 2007/05/21 23:19 ] 谷原章介 | TB(0) | CM(3)

やっぱり書かなきゃダメ? 

谷原章介さま、ご結婚間近とのこと、オメデトウゴザイマス。

第一報は、Akiさんからのメール。(Akiさん、ありがとう!)
「ムキャーッ! だ、誰とデスカーーーー!?」とちょっと動揺する私。
お相手はいしだ壱成の元奥様とのことですが、どなたのことかさっぱりわからない……。

どうも結婚間近らしいというだけで、決定的情報というわけでもなさそうだったので、
まあ正式に発表されたらここでも一言お祝いをとは思っていたんですが、
なんだか書いた方がいいのかな?という空気なんで、とりあえず記事にしました。(笑
というのも、アクセスカウンターがいつもの倍以上回っていて、
アクセス解析を見てみたら、検索語句のトップに「谷原章介」がきてたんですよ。
こりゃあやっぱり期待(!?)に応えるべきかしら、と。

昨年「チューボーですよ」に出演なさったときには、そんな素振りは少しも見せず、
「40でパパになったら、子供が成人するときには還暦」だから、早く子供が欲しいって、
そんなお話はされてましたよね。
それが、奇しくも結婚と同時に3歳児のパパに!
ついでに未来の奥様もオメデタのようなので、早々に希望が叶えられた形になるんですねえ。
奥様の子供もご自身の子供と一緒に育てていく決意をされたわけですから、
そのあたりはさすが谷原先生だなあと思いました。
これでいまや公私共に充実された谷原先生。
益々不思議な魅力を発揮して、芸能界のおしどり夫婦を目指すと同時に、
俳優としても素敵なお仕事に巡り会われることを願うばかりです。
とりあえず、「風林火山」の義元坊ちゃんに期待してマス。
[ 2007/01/15 20:47 ] 谷原章介 | TB(0) | CM(6)

一体何が彼を駆り立てるのか 

おとといの晩からメールが受信できなくなり、
とりあえずWEBメールで内容確認だけはしていたんですが、
さすがに丸1日以上受信不可っていうのは不便を通り越してイライラにつながり、
サポートセンターに問い合わせるやら自分であれこれ解決策を探るやらで、
本当に何にもできなかった今日一日。
結局サポートからの返信が来る前に、何とか解決させました。
サーバーのメール詰まりが原因だったようなのだけど、
特に大きなメールが届いていたわけでもなく、全くもってコンピューターは不可解です。
なんとか復旧し、やっと眠れると思った矢先にニュースが!

仲間由紀恵「ダメ嫁」…2年ぶりに民放連ドラ

女優の仲間由紀恵(27)が来年1月スタートのテレビ朝日系ドラマ、
「エラいところに嫁いでしまった!」(木曜・後9時)
に主演することが28日、同局から発表された。
フリーライターの槙村君子さんが、
実体験を基に携帯サイトに連載していた同名エッセーが原作。
仲間が演じるのは、その君子さん役。
イケメンだが主体性のない夫・磯次郎(谷原章介)と、
しきたり好きで世話焼きな姑・志摩子(松坂慶子)との爆笑エピソードをコミカルに演じる。
「断り切れない性格」の君子と、とにかくおせっかいな志摩子が、
従来の嫁姑ドラマとは違った掛け合いを見せる。  (スポーツ報知より引用)


谷原先生がまたもや連ドラにご出演の報!!!
一体なぜ先生はここまでドラマに出続けるのか。
一体何が彼をそこまで駆り立てるのか。
ファンとしてはそりゃあご出演は嬉しいですが、
さすがにここまで出ずっぱりなところを見ると、余計な心配をしてしまいます。
何か、働き続けねばならない恐ろしい理由でも…………。

それは冗談として、来年の新しいドラマ。
谷原先生の役名が磯次郎。磯次郎? イメージ湧かないなー。(苦笑
原作となるエッセーを全く存じ上げないので、なおさらわかりません。
センスもダサダサなんでしょうか。髪がはねまくったり? 家ではトレパンとか?
しかもイケメンだが主体性のない夫、イケメンだが主体性のない夫……。
どうも谷原先生の役は、「イケメンだが○○」というものに固定されつつあって、
完璧なるイケメンからどんどん外れていっているのはなぜなのだ。
しかも二枚目半から三枚目に移行しつつある気配…。
ああ、私はイケメンな悪役とか見たいんだよー!!!(←個人的希望
とはいえ妻が仲間由紀恵で母が松坂慶子。
その2人にいいように扱われる谷原先生、かなり見たいのも本心です。(笑
ある意味、「華麗なる一族」よりも楽しみだ!

そうだ、谷原先生、来年から「王様のブランチ」の司会もされるんですよね。
一体どれだけ仕事を詰め込むのだ。
そのうちみのもんたのようになってしまうのでは……。(怖
[ 2006/11/29 23:18 ] 谷原章介 | TB(0) | CM(2)

谷原章介、今度は義昭になる! 

休む暇なくドラマに出ずっぱりの谷原章介氏。
来年大河の「今川義元」を披露する前に、フジ新春時代劇で「足利義昭」を演ずるそうな。
先生、また公家メイクですか……?
義昭といえば今年の大河「功名が辻」での三谷幸喜の怪演が目に焼きついているので、
どうしても谷原先生の義昭振りを想像するのが困難です。(苦笑
いやいっそ、あそこまで壊れてくれと思わなくもありません。(笑

因みに作品は「明智光秀~神に愛されなかった男~」。

明智光秀……唐沢寿明
豊臣秀吉……柳葉敏郎
織田信長……上川隆也
光秀の妻ひろ子……長澤まさみ
明智秀満(婿養子)……大泉洋
おね……小西真奈美
足利義昭……谷原章介        (ソース=サンスポ)

唐沢さんの光秀はいいかもしれないですね。
反旗を翻すに至るまでを、納得させてくれそうな感じです。
信長の上川さんも、どこまで迫力ある信長を見せてくれるのか。
光秀vs秀吉、光秀vs信長という男の「戦い」に興味が尽きません。
そこに義昭はどう絡んでくるんだろう。
来年正月に、早くも楽しみな1本が発表されました。
[ 2006/10/26 01:06 ] 谷原章介 | TB(0) | CM(4)

くるぶしがお好き 

city_living.jpg 「くるぶし」
 谷原(章介)先生は、女性のこの部分に、
 魅力を感じるんだとか。
 しかも、夏はサンダルでくるぶしもよく見えるけど、
 冬はブーツで隠れちゃうから残念ですねという、
 司会者のツッコミに、
 「夏はみんなのくるぶし、冬は僕だけのくるぶし」と、
 ニッコリする先生。
 ……わけわかりません。(苦笑
というわけで、横浜ロイヤルパークホテルで行われた「OLの夏の風物詩"サマーナイト"」に、
かろひさんのご好意で同行させていただきました。(8月22日開催)
このイベント、OL限定750組1500名のご招待。
行きたいけど、谷原先生見たいけど、それはちょっと無理。
そう諦めていた私に天使のメールが届きました!
「ご都合つくならばご一緒しましょう」
ああ、ありがとう! かろひさん。あなたのくじ運の強さにも脱帽です。
イベントは、夜店感覚で楽しめる協賛各社のブースと、
横浜のインディーズバンドN.U.のライブ、そしてパペットマペットのお笑いライブ、
谷原章介トークショーに大抽選会にと盛りだくさんの内容。
でも、私にとっては「谷原章介トークショー」がメインですけどね。(苦笑
そもそもトークショーを楽しむには整理券が必要で、それをゲットしたら、
ご飯食べたりブースを覗いたりする時間はまったく残っていませんでした。
それはそれでとても残念。
で、そのトークショーを聞いて思ったのは、谷原先生は今旬に入ったということ。
ちょうど波に乗ってきて、すごく輝いてる時なんだなと感じました。
私はリアルに有名人を見た機会は数えるほどしかありませんが、
谷原先生が振りまく空気がとても輝いていたんです。
それはファン心理を抜きにしての感想。
これがスター性であり、オーラであり、旬の輝きなんだなと。
そういう人は、顔やスタイルに関わらず、美しく見えるものです。
自分も自分らしく輝くために、ちょっと努力しないといけないかな~なんて、
思わず反省させられてしまうまぶしさを感じました。

というわけでこれ以下は、谷原先生のトークショーに興味おありの方向けです。
[ 2005/08/24 23:08 ] 谷原章介 | TB(0) | CM(4)

テディベア チャリティー・オークション 

みなさま、テディベアのオークションですよ。テディといったらあのお方!

今年日本では、『日本におけるドイツ年』ということで、展覧会を始め、
コンサートや芝居、物産展などドイツ関連の様々なイベントが企画されています。
その一環として、フジテレビが明日30日から開催する『ドイツ・ランド』は、
「シュタイフ・アニマルワンダーワールド」と「ドイツマーケット」を軸に、
ぬいぐるみの祭典とドイツの技術や文化を楽しんでもらおうという企画のようです。
私が何でこんなイベントに目をつけたかといいますと、もちろん、
テディベアのオークション谷原章介さんが出品されるからです。
厳密に言うと、シュタイフ社から寄贈されたベアの衣装を、
趣旨に賛同した著名人がデザインするというものなんですけれど。
いやはや、毎度み~は~ですみません。(苦笑
この企画を知ったのはちょっと前なんですが、当時はまだオークションの詳細がわからず、
谷原先生が手がけるデザインとは? まさかアオザイ?(ベトナム旅行で調達)
などなど、ちょっとハラハラしながら今日の日を待っていた私。
何しろ先生のセンスは、あちこちで「ビミョー…」と評価されてますからね。(苦笑
結局、テディという名前がアメリカのルーズヴェルト大統領に由来していて、
尚且つ谷原先生が古着マニアでいらっしゃるということで、
フライトジャケット「L2-A」とチノパンというデザインになった模様。
先生ご自身もお召しになりそうな組み合わせで、至ってシンプルです。
でも個人的には、高見沢ベアに惹かれますね。(笑
あのオスカルヘアが再現されていないのが少々残念ですけど。
今週の目玉は桂由美さんのブライダルベア、2体で20万円スタート。
他は8万円スタートとなっております。
注目は、王冠に3.5ct.のダイヤモンドを配し、
このベアのために用意したアレキサンドライトと1.5ct.のダイヤのペンダントが輝く、
プリンセス天功のテディベアでしょう。
ペンダントはプリンセス天功とお揃いとか。
一体いくらでスタートし、いくらで落札されるのか。楽しみです。

『ドイツ・ランド』は、8月31日まで新高輪プリンスホテル大宴会場「飛天」で。
[ 2005/07/29 22:25 ] 谷原章介 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。