Step by Step

category: 食・グルメ  1/17

Nitro Cold Brew

ここ2年くらいでしょうか。コールドブリューコールドブリューコールドブリューという言葉をやたら目に耳にするようになりました。「水出しコーヒーと何が違うの?」と思っていらたら、珈琲専門店には昔からあった「水出しコーヒー」のことでした。海外の言葉になると、何でも最新のものに感じてしまいますね……。そんな水出しコーヒーの中で、このところ見かけるのが、窒素ガスでビールのように泡々させたクリーミーなコーヒー。Nit...

  •  0
  •  0

ドライマンゴー

最近のお気に入り。LAWSONのピュアドライマンゴー。無添加無糖のありがたいおやつ。いわゆるスイーツを受け付けなくなってから小腹がすいたときにつまむものに困っていたんですが、これを見つけたときは「ハラショー!!」と叫んでいました。だって、ドライフルーツ、特にマンゴーは無糖ではなかなか売ってないんですもん。一袋30gで、食物繊維も取れるし、βカロチンとか葉酸とか、最近話題の栄養素なんかも含まれていて、ちょっと...

  •  0
  •  0

ほっこりラテアート

お魚くわえた子猫ちゃん。ラテアートが楽しい季節になりました。ううう、寒い。...

  •  0
  •  0

壺切茶

修学旅行のお土産に、祇園辻利の「壺切茶」をもらいました。煎茶、ほうじ茶、玄米茶のティーパックがそれぞれ2つずつ入っています。すごく可愛いお土産に、思わず顔がほころんじゃいました。観光バスの添乗員さんに教えてもらったんですって。でもこれ、修学旅行のお土産にしては、ちょっと奮発じゃないですか?なにかお返ししなくっちゃ。壺切茶というのは、荒茶(摘んだ茶葉を揉んだり乾燥させたりしただけのもの)を壺に入れて...

  •  0
  •  0

ファラフェル!

すり潰したひよこ豆に玉ねぎや薬味、スパイスを混ぜ込んで揚げたファラフェル。簡単に言うとひよこ豆のコロッケといったところで、中東の食べ物として、日本でもメジャーになってきているようです。私が初めてファラフェルを食べたのはドイツ。確かトルコ人がやっている屋台でした。ドイツで屋台といえばソーセージとフライドポテトと思いますが、トルコ人が多く住んでいたベルリンではむしろドネルケバブのほうが主流で、ベルリン...

  •  2
  •  0

太ーーいアスパラガス

私の大好きなアスパラガスの季節がやってきました!ホワイトアスパラも好きなんですが、なかなか手に入らないし、自分で調理するのが難しい。でも普通の緑のアスパラは、お手軽で栄養もあって、毎日食べたいくらい大好きです。この新鮮で美味しそうなアスパラ、実はすごーく太いんです。その名も〝ふとっパラプレミアム〟と、日に10本程度しか入荷しない3Lクラスのアスパラガス。県内のアスパラの産地として知られている新発田...

  •  2
  •  0

ひとりランチ

食事って、やっぱり誰かと一緒のほうが楽しいと思うんですよ。もちろん誰とでもというわけではなく、おしゃべりや食事が進む相手とということですけど。ひとりだと入りづらい店があるという物理的な理由もありますが、美味しいものを食べて「美味しいねー」って言いあえるってホッとするんですよね、私は。でも、それでもひとりきりのランチっていうのも実は嫌いじゃないです。静かな店にひとり座って、ボーっとしながらランチを味...

  •  2
  •  0

おまえがおれをころすたべもの

ちょっと前、桜を見るために来日したドイツ人がツイッターで話題になっていました。彼は桜前線とともに北上して日本旅行を楽しむつもりだったようなのですが、途中で出会った「カツサンド」の旨さにノックアウトされ、以降、桜ではなくカツサンドを追い求めて旅をしたようなんです。詳しいことは失念してしまいましたが、彼のカツサンドとの出会いは、確か「まい泉」のヒレかつサンドだったと思います。「揚げた分厚い肉がパンに挟...

  •  4
  •  0

雷神♪

ワタクシのおやつボックスがブラックサンダーでいっぱい(´∀`)~♪大変大変お世話になっている Go Plain ! のAkiさんが、東京おかしランド限定の「桃色の雷神再到来! ピンクなブラックサンダー」と、東京限定「東京サンダー」を送ってくださいました!ピンクは想像通りのイチゴ、東京サンダーは「常盤堂雷おこし」とのコラボ商品です。普段チョコレートは買わない私でも、ブラックサンダーは大好きです。カロリーすごいけど、ち...

  •  2
  •  0

亀の翁

今年の正月は、この「亀の翁」で迎えました。手に入れるのがかなり難しく、私も初めて飲む日本酒です。「亀の翁」は明治維新後に庄内で作られた「亀の尾」という稲を酒米としているのですが、倒伏しやすく病気に弱かったために、昭和も後半には栽培されなくなっていた幻の稲。しかし久須美酒造の杜氏が「亀の尾で作った日本酒が美味しかった」と言ったことがきっかけになって、久須美酒造はこの米で日本酒を作る計画を立てます。新...

  •  4
  •  0