Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「待たせたな!」再び。 

「新選組!! 土方歳三 最期の一日」の思いがけない再放送。
本日の前編、久しぶりに正座で鑑賞いたしました。
約2年前に見たときは、本編から1年しかたっていなくてまだ興奮冷めやらずだったせいか、
逆に入り込めないというか、離れたところから見てる感じだったんですよね。
それはドラマとしてどうというのではなく、多分、土方歳三を拒否した時代を、
私も「見たくない」と、心のどこかで感じていたからのような気がします。

そして今日、2006年の放送後全く見返していなかったので、
割と真っ白な状態で再放送に臨んだわけですけれど、
男たちのぶつかり合う感情に、心を揺さぶられ続けました。
島田ってこんなに暑苦しかったっけ……尾関ってこんなに頼りになったっけ……。
そして何より、独り戦う土方さんが眉間によせる苦悩のしわが痛々しい。

「おれが何のために今日まで生き続けてきたと思うんですか。
すべては近藤さんの無念を晴らすため。
あの人が死んだときおれの人生も終わった。
それでもおれが死ななかったのは、
近藤勇を罪人のままにしておくわけにはいかなかったからです。
今薩長に白旗を揚げたら、おれはあの人に何と言って詫びたらいいんですか!」


すべての思いはここに帰結します。そしてすべての出発点でもあります。
土方さんが必死になればなるほど、その奥に孤独と脆さが見えてくる。
「新選組」のすべてを背負い、近藤さんの死を背負って独り立つ苦を抱えつつも、
でも実はそれがあるからこそ、土方さんは立っていることができたようにも思います。
土方あっての近藤勇ではなく、近藤勇あっての土方歳三だったのではないかな、と。
近藤勇がまったく登場しないのに、ここでの近藤さんの存在はとてつもなく大きい。
そんな近藤勇の無念を晴らすために前に進み続ける土方さんにとって、
新政府軍に対する「降伏」という選択肢はありません。
無念を晴らすか己の命が尽きるまで戦うか、どちらかしかありえない中で、
総裁・榎本武揚は「降伏」することを告げます……。

若干セリフのカットがありましたが、
「組!」を見ていた人向けと思われる部分が削られていたので、
「単発ドラマ」として見る分にはうまく処理されてましたね。
いいところで終わってしまったので、来週を待てずにDVDを見てしまいそうです。
何なんだろう、この心の昂ぶりは。
[ 2007/12/13 23:54 ] 新選組! | TB(0) | CM(2)

「トシ……」でいっぱい 

今月13、20日のNHK木曜時代劇枠で「新選組!! 土方歳三最後の一日」を再放送!
昨日の「音二郎」で山南さん的堺さんを見て、
また「組!」が見たいなと思っていたのでまさにタイムリー。
昨年の放映時以来リピートしていないので、また新鮮な気持ちで見れそうです。
思えば「組!」のときの12月は、異様な空気の中で生活していた気がします。
とにかく1週間が重くて辛くて悲しくて。
ドラマなのにドラマじゃない……みたいな、ね。
やっぱり自分には特別な1年だったなあ、2004年。

そんなところへ、Akiさんのところ「新選組!的な脳内メーカー」が紹介されてました。
かの有名な「うそこメーカー」と「成分解析」が合体したタイプみたいですね。

さてやってみますと。
じゃ~んっ!

解析結果

・「トシ……」 45%
・井上源三郎のお茶 41%
・永倉新八の「悪口を言っていいのはオレだけだ」 9%
・ロマンチ 5%


 わ~い(?)、ロマンチ入ってます。(笑
 「トシ……」はどう理解すればいいんですかね。
 頭の中が、歳三でいっぱいってことか?(苦笑


因みに同じやつで「前世の脳内メーカー」というのを見つけたのでやってみると、
 ・戦 47%
 ・逃 38%
 ・仁 8%
 ・遊 5%
 ・優 2%
う~ん、結構ヘタレみたいです。(苦笑
[ 2007/12/03 22:01 ] 新選組! | TB(0) | CM(0)

「新選組!」サントラ第2弾発売~ 

やっぱり来ましたよ。このお知らせが。

NHK大河ドラマ「新選組!」 オリジナル・サウンドトラック第二集
2006年4月21日発売! 税込\2,940(税抜\2,800)


発売済みの第一集とかぶる曲はないそうです。(テーマを除く)
正月時代劇のDVDと同時発売ということなので、春にはもう1度祭り開催になりそうですね。
私としては、DVDよりサントラのほうが嬉しいかな。
すでに固定イメージがついてしまっている音楽もあるけれど、
音の世界ではいくらでも自由に想像を膨らませることができるし、
分析とかやってみるとものすごく面白い発見があったりします。

あーあ、結局「組!」の話題は尽きないんだなあ…。(苦笑
[ 2006/02/07 23:49 ] 新選組! | TB(0) | CM(2)

「新選組!!」DVD発売決定 

これが「新選組!」カテゴリー最後の記事になるのかな…。

新選組!! 土方歳三 最期の一日
2006年4月21日発売 税込4,935円


【DVD特典】
☆メイキング
☆『新選組!!土方歳三最期の一日』トークショー IN 京都
(出演:山本耕史、照英、片岡愛之助)

メイキングって撮影風景だけじゃなく、
美術さんのお仕事ぶりなんかも見せて欲しいなーと思います。
だってドラマのセットにここまで注目したこと、これまでになかったですから。

そしてパッケージは、もちろん副長の凛々しいお顔です。
[ 2006/01/20 20:40 ] 新選組! | TB(1) | CM(5)

「愛しき友」バトン 

昨年末、徒然帖。のきりはさまからいただいた「愛しき友」バトン。
大河「新選組!」が正月時代劇「新選組!!」をもって終了したというこのタイミングに、
余韻に浸りつつ回答してみたいと思います。

Q1.組!俳優さんでは誰が好き?
ここのブログをず~っと読んでくださっている方には、
私が谷原章介ファンだということはよくご理解いただいていると思いますが、
谷原さんのファンになったのは、「組!」がきっかけではないんですよね。
なので「組!」で気になるようになった俳優さんというと、
佐藤浩市さんと藤原竜也くんですねー。
これまで佐藤浩市さんにはあまり良い印象がなかったんですが、
素直に「すごいなー、カッコイイなー」と思いました。
鴨がいなくなったら誰に注目すれば?って思っていたくらい。
藤原くんは、多分藤原くんというより藤原くんが演じる沖田総司が好きなんだと思います。
本放送の時には、ひたすら姉の気分で見守ってました。(苦笑

Q2.第何回がお気に入り?
お気に入りと訊かれると、三谷ワールド炸裂だった第5回「婚礼の日に」かなあ。
心に残ってるのは、やっぱり第38回「ある隊士の切腹」なんですけどね。
ただひたすら悲しかった。何の理屈もなく、とめどなく涙が流れた回でした。
そして第48回「流山」はもう別格ということで。

Q3.隊士になるなら何の役職?
諸士調役兼監察ですね。でもドジだから、自分の方がボロ出しそう…。(苦笑

Q4.朝起きたら局長に!まず、何をする?
起きたら「局長」になってたってことですよね?
そりゃあ兎にも角にも、まず「トシ」を呼ぶ!
だって本当に局長なのか確認したいもん。(笑

Q5.今一番行きたい新選組関連の史跡は?
会津、会津、会津!
京都と函館は「組!」のときに行ったので、
小学生以来足を踏み入れていない会津へ行きたい。
でも「組!!」を見た今、もう一度函館行きたいよー熱にも浮かされてます。

Q6.幕末にタイムスリップ!どうする?
わー、どうしよう。
とりあえず松本良順先生のところへ弟子入り!
幕末の動乱の渦中にありながら、冷静に公平に時勢を観察してみたいですね。

Q7.歴史を一つ変えられるとしたら?
新選組としてですよね。
じゃあやっぱり、蝦夷共和国の建国。もちろん土方歳三が戦死しないという条件つきで。
日本が分裂するという意味では好ましくないかもしれないけれど、
「組!!」を見ていたら、どんな国を作るつもりだったのかものすごく興味を持ちました。

Q8.「新選組!!!」の脚本を書くことに!主役は誰にする?
それはもう、島田魁ですよ!
やはり三谷さんの一話で一日形式を引き継いで、
榎本武揚が面会を求めてくる日を選びます。
榎本武揚からの呼び出しに憤った島田は、懐から土方歳三の戒名を取り出し、
「土方さん…」と涙を落とす。
そして、あとは回想シーンになりますが、「組!」でも「組!!」でも語られなかった、
京や箱館でのエピソードを描きます。
最後はきっぱり面会拒否の返事をする島田で。

Q9.貴方の好きな組!俳優さんに一言。
すみません、ここはやっぱり三谷さんに言わせてください。
このドラマに出会えて幸せでした。ありがとうございました!

Q10.次の隊士5人へ!いざ!
「新選組!」といえばやはりこの方たち。
神変紅丼のレッドさま。
歩行者優先のぷ~さま。
東海道線通勤日誌のななおさま。
興味がおありでしたら、「組!」完結記念にどうぞご回答くださいまし。
[ 2006/01/10 23:18 ] 新選組! | TB(3) | CM(7)

『新選組!! 土方歳三 最期の一日』 

今回の『新選組!! 土方歳三 最期の一日』でテーマとなった音楽は、
哀愁に満ちたワルツだった。
これまでの「新選組!」の音楽は、服部隆之さんが意図したように無国籍でありながら、
それでいて多摩や京といった日本の土地や新選組の雰囲気に、ぴったりと合うものだった。
ところがそこへ、今までとまったく毛色の違う、ヨーロッパ産のワルツが流れた。
これまでにない、およそ新選組には似つかわしくない音楽。
おそらく多くの人が、「何かが違う」と感じたことと思う。

日本にワルツがいつ頃入ってきたかは正確にはわからないが、
少なくとも広く一般に普及するようになるのは、鹿鳴館の開館(明治16)以降だろう。
外国人と交流する機会のあった土地では、もっと早くから耳にできたかもしれないが、
土方歳三が死を迎えるこの時点で、
ワルツを聴いたことのある庶民はほとんどいなかったのではないだろうか。
土方歳三自身も、聴いたことはなかったかもしれない。
それを踏まえると、ここで聴こえるメランコリックな「ワルツ」は、
これから始まるまったく新しい時代、西洋文明を称賛した時代を象徴しているとともに、
幻となって消えてゆく「蝦夷共和国」の運命をも奏でているようだった。
私たちが見守ってきた新選組と、今ここに見える新選組は違う。
彼らはそれだけの時を過ごしてきたのだ。
音楽はそんなことも語ってくれる。

そう思って初めて、明治という時代が、
輝かしくその幕を開けたわけではなかったことを痛感した。
日本は、丁髷で刀を振り回していたときからたった半世紀の間に、
鉄道が走り、飛脚が郵便に変わり、内国勧業博覧会が開かれるまでに成長する。
しかしその一歩を踏み出す前に、あまりにも切ない死闘が繰り広げられていたのだ。
会津で、長岡で、宮古湾で、そして箱館で。

ドラマのラスト、市村鉄之助が多摩に向かって緑の大地を駆けて行くシーン。
ここで、「死ぬことは、それで終わりということじゃないんだ」と思った。
その人は死んで終わるかもしれないが、終わらない何かがある。
続いていく何かがある。
ドラマ49回分の全てを背負い、始終眉間にしわを寄せ、
1人闇の中で苦悶し、戦い続けていた土方歳三。
その彼が最期に微笑むことができたのは、きちんと生きることを諦めなかったからだ。
目的を見失わず、精一杯生き抜いたからこそ、そこから引き継がれていくものがある。
「新選組!」というドラマは、もしかするとすべてがその「バトン」で、
つながれてきた物語であったのかもしれない。
[ 2006/01/08 03:49 ] 新選組! | TB(1) | CM(2)

準備万端! 

TVnavi特別編集 「新選組!! 土方歳三最期の一日」 メイキング&ビジュアル完全ガイドブック TVnavi特別編集 「新選組!! 土方歳三最期の一日」
  メイキング&ビジュアル完全ガイドブック

 とりあえずゲットしました。
 パラパラと見た感じでは内容濃そうですね~。
 でもネタバレは嫌なので、放送終了後まで封印!
 各種テレビガイド誌でも番組の特集があるようですが、
 今回は全然チェックしてません。
 天下のTVナビ様だけでいいや~という気分。(苦笑
 あとは、放送日までに本編を再視聴すれば備えは万全です!

[ 2005/12/21 00:22 ] 新選組! | TB(1) | CM(5)

「新選組!」続編配役決定 

NHKのHPでもやっと配役が発表されましたねー。

 【土方歳三】…山本耕史さん
 【榎本武揚】…片岡愛之助さん
 【島田魁】…照英さん
 【尾関雅次郎】…熊面鯉さん
 【相馬主計】…小橋賢児さん
 【蟻通勘吾】…山崎樹範さん
 【山野八十八】…鳥羽潤さん
 【市村鉄之助】…池松壮亮さん
 【永井尚志】…佐藤B作さん

 <回想シーンで登場>
 【沖田総司】…藤原竜也さん
 【藤堂平助】…中村勘太郎さん
 【原田左之助】…山本太郎さん
 【永倉新八】…山口智充さん
 【山南敬助】…堺雅人さん
 【井上源三郎】…小林隆さん
 【斎藤一】…オダギリジョーさん
 【松平容保】…筒井道隆さん
 【近藤勇】…香取慎吾さん


試衛館のメンバーも総出演で、しかも回想シーン…。
「回想」っていうだけで、何だかもう寂しくなってしまいます。
だって試衛館には楽しかったころの思い出が多いから、
その後の悲劇的末路を経て、土方さんが最期の日にそれを思い出すとしたら、
こんなに切ないことはありません。
さらに、市村鉄之助は言わずもがなですが、池田屋事件で土方隊に属し、
その後も付き従って箱館山で戦死した(とされる)蟻通勘吾や、
新選組として最後まで戦い、晩年はかつての同志を弔って過ごしたという山野八十八らが、
メインキャストとして挙がっているところを見ると、
おぼろげにドラマの構図が見えるような気がして、妙な息苦しさを感じます。
放送まであと4ヶ月弱。情報が出るたびにドキドキしてしまいそうです。
あ、そうか。今回は「組!」も「組!!」にしないといけませんね。
[ 2005/09/22 21:19 ] 新選組! | TB(1) | CM(8)

やっと出た!~「新選組!」続編情報 

久しぶりに「新選組!」の話題です。
続編のキャスト発表を待ちわびていた方も多いかと思いますが、
ウルフこと吾妻謙アナが、福島放送局のキャスター通信にてフライング(?)発表!
詳細を知りたい方は、今すぐキャスター通信へGO!
しかし、さすがは会津の地に派遣されただけのことはありますね。
これまでもちょこちょこ情報を落としてくれていましたけど、
ウルフ吾妻アナ、ほとんど監察方です。(苦笑

「新選組!!~土方歳三 最期の一日」
<追加キャスト>
  榎本武揚…片岡愛之助
  相馬主計…小橋賢児
  大鳥圭介…吹越満


今回は「!」が2つなのか、それともウルフ吾妻アナの打ち間違い?
前から続いて出演する人たちについては、正式決定のものから噂まで、
まだまだいろいろ言われているようですが、
とにかく撮影自体は明後日の18日(日)からだそうですよ!
「NHK105スタジオおよび近郊ロケ」とのこと。
105スタジオって見学できましたっけ?(行けないけど)

もう9月も半ば。ああ、時間が経つのが早い。
あっという間に次の正月が来るんだろうなあ…。
[ 2005/09/16 20:11 ] 新選組! | TB(3) | CM(9)

誠バトン 

誠バトン  naturally24さまの++なにげない日常にハマり続ける日々++から、
  昨年9月下旬にスタートした「誠バトン」
  とうとう、うちのブログにそのバトンが回ってきました。
誠バトンとは、昨年の大河ドラマ「新選組!」に関する記事を載せているブログを繋ぐ、
いわゆる友達の輪みたいなものです。
以下、naturally24さまの記事から少し引用させていただきます。

誠と共に突っ走る自分のオススメブログを
紹介された方が紹介し続けたら、
どれくらいいくのかな?と。

そんな素朴な疑問で始めた、

【『誠』で繋がったら、どの辺までいけるかな?実験】


この企画を見つけたとき面白そうだなと思ったのですが、
こんな僻地で細々とやっている自分のブログに、
バトンが回ってくることはまずないだろうと思っておりました。
そして本編の放送が終了してしまった今、まだバトンを持って走っていらっしゃる、
ブロガーさんたちがいることを全く忘れていました。(謝
そんな今になって、歩行者優先のぷ~さまから、第46走者としてバトンを託されびっくり。
謹んで受け取らせていただきました。

さて、私が第47走者として誠バトンをお願いするブロガーさんは、
徒然帖。のきりはさまです。
きりはさまは、「新選組!」を通して知り合った、一番最初のブロガーさん。
以来「組!」の応援だけでなく、ブログサーバーの受難をも一緒に乗り越えてきました。
もともと斉藤一がお好きだったという方ですので、
「俺がいる限り、新選組は終わらない!」の言葉とともに、
バトンを握って走っていただきたいと思います。
よろしくお願いしますね!

そして、続編を楽しみに待ちたいと思います!
[ 2005/07/18 21:34 ] 新選組! | TB(2) | CM(5)