Step by Step

category: 日常  1/52

新しい世界を見せてくれた人たち

No image

2018年もあと3ヶ月となりました。まだ3ヶ月を残してはいますが、今年はいろいろな世界で時代を牽引してきた方々が、次々と亡くなられた年のように思います。特に子どもの頃の私に、新しい世界を教えてくれた方々が、多くこの世を去ってしまいました。1月14日、夏木陽介さんが亡くなりました。私が初めて拝見したのが大河の「徳川家康」で、柳生宗矩を演じてらっしゃいました。精悍でかっこよくて、また柳生宗矩という役がぴったり...

  •  0
  •  0

命に関わる暑さ

連日猛暑が続いています。それどころか毎日暑さの表現がグレードアップして、ついに「命に関わる暑さ」になりました。今日は熊谷で最高気温41℃、熱中症で亡くなる方も絶えず、さすがに「この気温、地球のインフルエンザだよねー」なんて、ありきたりの冗談を言っていられない状況です。そして車を炎天下に1時間位放置しておいたら、温度が43℃。車を運転するようになってから何度も夏を迎えていますが、メーターが40度を超えたこと...

  •  0
  •  0

夏越の大祓

6月30日、夏越の大祓に行ってきました。ちょうど神事が始まろうというときになって、突然の豪雨。最近はゲリラ豪雨なんて言いますが、昔懐かしい「夕立」のような雨で、祝詞があげられている間中、激しい雨が降り続けました。私たちは神主さんの素晴らしい機転により、雨が落ちる寸前に拝殿の軒下へ入れていただいたので、ずぶ濡れになるのは避けることができました。茅の輪をくぐる頃には小雨になりましたが、さすがに写真に収め...

  •  0
  •  0

薔薇の季節になりました

薔薇が美しく咲き乱れる季節になりました。たまには青空の下をのんびりお散歩できる時間を持ちたいところ。でもなかなかそうもいかないのが現実で。学生の頃は公園でお弁当を広げたり、寝転がって本を読んだりしたものですが、学生時代って、とても贅沢な時間の使い方ができてたんだなと思います。薔薇を見たあとはやっぱり座ってお茶の一杯も飲みたいですよね。薔薇だとどうしても紅茶のイメージがあるのですが、今日はコーヒー。...

  •  0
  •  0

ベルガモットの香り

私の好きな香りのひとつに「ベルガモット」があります。紅茶のアールグレーの香りですね。この香りが嗅ぎたくて、わざわざアールグレーを頼むこともあります。ベルガモットは不安や緊張を和らげたり、鎮静効果もあるそうなので、必要なときは精油を持ち歩いたりしています。必要なくてもスーハーしちゃうこともあります。だって好きなんだもの(笑)。で。ホテルに行くと、わりとよく出会うアメニティに、POLAの aroma ess.(アロマエ...

  •  0
  •  0

夜桜

今年の桜は花が開いたと思ったらあっという間に満開になり……ほんの少しだけ花見がてら散歩でもと思っても、週末はいつも悪天候……今日は仕事帰り、駐車場へ行く道をわざわざ遠回りするもすでに葉桜……夜桜も悪くありませんが、如何せん寒かったです...

  •  0
  •  0

テンプレートを変えてみた

昨日ふと思い立ち、ブログのテンプレートを変えてみました。確か某「天地人」の頃は、すでに前のテンプレで定着していたはずなので、かれこれ10年ぶりくらいになりますか。今はすごいですね、ページの移行もスムーズだし、何よりPC版とスマホ版が同じデザインで表示できるんです。それぞれに表示させるテンプレを選ばなくていい。ブログという文化の歴史も、初期から数えたら20年くらいになるんじゃないかと思いますが、当たり前だ...

  •  2
  •  0

7年目の3.11

7年目の3.11を迎えました。この機に、2011年の3月、4月のブログを読み返してみました。そこには、混乱の中でできるだけ冷静でいようと努力している自分がいて、そして当事者ではないからこそ冷静でいられる自分がいました。普段は見かけない場所で、大型トラックやタンクローリーと頻繁にすれ違っても、福島ナンバー、いわきナンバーの車をいたるところで見かけても、一時的に一部の物資が不足したり、交錯する情報に踊らされて不...

  •  0
  •  0

ブログは廃れるのか

No image

壮大な(?)タイトルを挙げましたが、大したことを綴ろうと思っているわけではありません。実は最近、使っていた2つのアクセス解析がサービスを終了したお知らせが届きました。ここ数年はブログの更新そのものが稀なことだったので、アクセス解析なんて見てもいませんでしたが、2つのサービスが終了、少し前には突然の「グリムス」の消滅と、いわゆるブログパーツ的なものが相次いでその使命を終えていることに、ブログ文化の廃...

  •  0
  •  0

わらアートで「犬」

刈り取った稲わらで立体作品を作る「わらアート」。夏の終わりの風物詩としてすっかりお馴染みになりましたが、今年は冬の雪原にも出現してました。「戌年」にちなんで「犬」だそうです。後ろの山と比較していただくとわかると思いますが、結構大きい。母は「ワンコじゃない、これオオカミ」と言っていましたが、確かにこの背の高さといい、牙の鋭さといい、耳の尖り具合といい、オオカミかもしれません。でもワンコの先祖はオオカ...

  •  0
  •  0