Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

あれから20年 

今でも大好きな白城あやかさんのブログをいつもチェックしているのですが、
3月14日付の記事で、ご子息が高校を卒業されたことを報告されていました。
中山秀征さんと親子3人のスリーショットが微笑ましい。
それにしてもご長男、本当にご両親を足して2で割ったくらい、どちらにもよく似ていらっしゃる。

そうか、あやちゃんの一番上の男の子ももう18歳なんだ

なんだかものすごく感慨深い思いに襲われてしまいました。
宝塚の場合、ファンはジェンヌさんが20歳前後のお嬢さんの頃から、
10年も15年もその姿を見守っていくわけですよね。
座談会やインタビューなんかの話しぶりや受け答えを見たり読んだりする中で、
そのジェンヌさんの舞台人としてだけでなく、人としての成長もつぶさに見ることになる。
また退団されてからもずっと応援していくこともよくあることで、
そうすると自分の人生と並行してその方の人生も追っていくことになる。
だからなのか、知り合いでもないのに、遠い遠い遠い遠い親戚くらいな気持ちがどこかにあったりします。
あの綺麗で美人だけどまだ垢抜けなかった花組時代のあやちゃんが、
星組に移って少しずつ大人の魅力を発揮するようになって、気づいたら名を残す名娘役になっていて、
私の傷心をよそに(笑)寿退団して、まさかの男の子4人を育て、あっという間にご長男は大学生。
やはり言葉にならない、なんとも言えない思いが去来します。
こんなふうに思うのは、あやちゃんが現役で活躍していた時代と、
私が一番大変で苦しかったときが一致しているからかもしれません。
あやちゃんの存在に、すごく支えられてたんですよね。

あやちゃんが宝塚を退団したのが1997年。
あれから20年。
私の20年はさほどドラスティックな変化をしていないし、
むしろその変化の無さにもがいている部分もあったりして、
なおさらその年月を思うと、ため息が出たりもします。
実は去年宙組さんの「エリザベート」を見て以来、ちょっと宝塚熱が再発してました。
昔の映像が無性に見たくなってしまったという。
ビデオを探して「なんであれ捨てちゃんたんだろう~」って頭を抱えてる作品もチラホラ。
当時は毎回購入していたプログラムをめくったり、
最初の5作品くらいだけ(←)つづっていた観劇記録を読み返してみたりして、
私自身も相当青くて幼かった頃の思い出にひたる日々……。
年を取ったんだなあと思う一方、そんなふうに蘇らせることのできる思い出があるということは、
それはそれでとても幸せなことだなとも思います。
[ 2017/03/25 00:02 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

冬の終わりに 

春の風が吹いたなと思ったら寒くなり。

春の香りがするようになったなと思ったら雪が降り。

冬に逆戻りかしらと思ったら太陽がポカポカした日差しを落としたり。

山茶花

毎年、雪に埋もれる山茶花を見ると、「冬の終わり」を感じます。

「春の訪れ」ではなく「冬の終わり」を。

今年は雪もあまり積もらず、いつもより暖かい冬だったような気がします。

春の青い空が見上げられるのも、あと少しかな。
[ 2017/03/15 23:53 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

あけましておめでとうございます 

小正月を迎え今更ではありますが、2017年あけましておめでとうございます。
みなさまにとってより良き年となりますよう、お祈り申し上げます。

今年は酉年。
ペットに鳥を飼っているみなさんからはそれぞれのカワイイ写真入り年賀が届き、
どのこもかわいいなあとしばし見とれていました。
年賀状といえば、ここ最近切手シートすら当たりません。
100枚に2枚は当たるっていうのに!

さて、酉年にちなんで、FC2さんのトラックバックテーマが
第2218回「今年は酉年!どんな鶏肉料理が好きですか?」でございます。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の一之瀬です今日のテーマは「今年は!どんな鶏肉料理が好きですか?」ですローストチキンやサラダ、鳥つみれ団子などたくさんありますが、たれ味の焼き鳥や龍田揚げを丼ぶりにして食べることが好きですみなさんはどんな鶏肉料理が好きですか?
第2218回「今年は酉年!どんな鶏肉料理が好きですか?」



もうこれは、迷うことなく!

鶏の竜田揚げ

鶏の竜田揚げですね!

中がジューシーで外はカリカリサクサク、味はちょっとスパイシーなのが好みです。
同じ揚げ物でも、フライドチキンは好きじゃない。
その差は何かというと、多分フライドチキンのほうが味が濃くて脂っぽいからかな?
それも、鳥臭さを消すには仕方ないのかなーと思いますが。(笑)
「鳥料理って、食べているうちにだんだん鳥臭さを感じるよね……」って、
先日ちょうど友人と話していたばかりなんですよね。
ええ、鶏肉を苦手とする方の気持ちもわかります。
他に鳥料理というと焼き鳥とか親子丼がメジャーでしょうけど、そういえばほとんど食べないですね……。
鶏鍋もしないし、シチューとか煮込みにはたまに使うかな。
あれ? つまり竜田揚げしか食べてない?
鶏肉って使いやすいからよく買ってる気がしたけど、
結局竜田揚げしか作っていないのかも?(苦笑)

新年最初の更新、他愛もない話でした。
[ 2017/01/16 01:22 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

茅の輪くぐり 

もう半月も前のことですけど、今年も無事茅の輪をくぐってきました。
今年ももう後半、いろいろと少しでも上向きになれば良いなあと思います。

最近はお焚きあげに持っていったものを、検査されるのですよね。
家庭ごみを持ち込む人が増えていたというのもあるようで、そんな注意書きもありました。
お焚きあげするものをガードマンに差し出し、手荷物検査さながらに調べられるというのは、
このご時世仕方ないことなのかもしれませんが、雰囲気としてはちょっと残念。
他の神社でもそうなんでしょうか……。

茅の輪

茅の輪くぐりって、毎年やってるのになぜか回り方を覚えてないんですよね。(汗)
何回回るんだったかな~と、今回は最後に半周回り忘れ、再度やり直しました。
ちゃんと説明読んだはずなのに……。(苦笑)
[ 2016/07/15 23:35 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

生きている奇跡 

このブログ、2ヶ月放置してたんですけど、久しぶりに開いてみて自分がびっくりしました。

ヘッダーの画像が冬山だよ……(;・∀・)

ってことで、春らしく変えましたよー。

ブログを放置していたのも、特別生活が変わったからとかじゃなくて、
単純に文章を推敲している時間がないだけなんです。
体力的に、夜もたなくって。(汗)
確かに、定期的にブログを更新していた頃に比べたら仕事量が増えました。
それをこなしてるうちにブログにまで手が回らなくなったというのもあるんですが、
でもそれを言ったら私なんかよりずーっと忙しい方たちでも、
きちんきちんと更新されてるんですよね。
晩ごはんの後に眠くなって沈没しちゃってることもよくあって、
「食後に眠くなるのは胃が弱っているから」という話にひどく納得したりしてるんですが、
まあ要するにいつの間にかサボりグセがついたってことですかね……。

そんなこんなでもう5月も終わるわけですが、
#ゴールデンウィークの思い出 を書くようにというFC2ブログさんからの指示が出てました。
GWは毎年そうなんですが、同級生と再会するのが恒例になってます。
そして今年はね、やっぱり同級生っていいなと、改めて感じました。
利害関係もないし、変な大人の付き合いみたいなのものないし、
自分がバカだった頃のことも見てくれてるから、取り繕ったりする必要もないし。
話しててすごく気がラク。
学生のときの話で盛り上がるのはいつものことだけれど、
今回はちょっと違って、「年齢」を感じました。
そうなんです、一番盛り上がったのが「健康ネタ」だったんです。
この一年私を含め、体調を崩してた人が多かった。
会って開口一番、お互いに「痩せた?! どうしたの?」だったのがもう印象的で。
話してみたら、私なんて全然軽い方で、みんな入院したり手術したりしてました。
ああ、そういう年齢なんだな……って、思いましたね。
これまでも十の位が変わるときに体調崩したり、体質変わったりするよとは聞いていましたが、
本当にそうなんだな、と。
そして、それまではそんな話題が出たこともなかった同級生たちと、
まさか病院だの薬だのサプリだのの話をするようになるとは。

現代の医療があれば、平均寿命までは生きられると思ってしまうのですが、
やはり「生きる」ってものすごく大変なことなんですよね。
同級生の中には、病でこの世を去った人がもう何人もいます。
信じられないけど、何人もいる。
それ以外にも、不慮の事故や、天災で命を落としてしまうこともある。
今は100歳以上の方も多い時代だけれど、
やはりそこまで「生きる」って並大抵のことではないのだと痛感します。
今生きていることが奇跡なんじゃないのかと、
偶然が重なって今生きているんじゃないかって、そう思えてしまうのです。
[ 2016/05/23 22:19 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

うるう年は4年に一度必ず来るものではない 

4年の一度のうるう年。
かつて2月29日にブログを更新したことがあったかなと見返したら、
2008年に小野不由美さんの「丕緒(ひしょ)の鳥」が発表されたことを興奮気味に綴ってました。(笑)
2004年はまだこのブログを始めておらず、2012年は未記録。
せっかくなので今年は書いておこうと思います。

で、うるう年って言ってますけど、この「閏」ってなに?とずっと思ってました。
「潤う」に似てるけど意味は違うんだろうなと思いつつ検索。

日本では「潤」を「うるう」「うるむ」と読むところから、
「閏」の漢字にも当てられた読み方で、本来は「じゅんねん」である。
漢字「閏」は王が門の中に居ることを表す字で、中国では暦からはみ出した閏日(閏月)には、
王が門の中にとじこもり、政務を執らないことに由来する。
(語源由来辞典)

通常の暦から外れた日には、王様が門の中にいて政務にあたらない。
それが由来になるところが漢字の面白さですね。
グーグル先生によれば、この「閏・うるう」は、
本来あるもののほかにあるもの。正統でないあまりもの。 
という意味だそうですが、ここでデジタル大辞林を見てみると、
2 正統でない天子の位。「閏統/正閏」
なんていうのが出てきます。
更に調べてみると、「南北朝正閏論」なんていうふうに使われているんですね。
例の、南朝と北朝とどちらが正統か、という論争。
ここは私にとってまったくもって疎い時代なので、この言葉は聞いたことがありませんでした。
正閏、ちゃんと変換候補に出てきますね。(苦笑)

太陽暦では1年365日ですが、地球の公転は365日5時間48分46秒とずれているため、
これを4年で1日分補っているのがいわゆる「うるう年」なんですが、
これ、4年に一度、必ず挿入されるわけじゃないんですね。
知らなかったよ!!!!
グレゴリオ暦には規則があって、

4で割り切れる年はうるう年
100で割り切れる年はうるう年ではない
400で割り切れる年はうるう年


なんですって。
つまり、後ろ二桁が0の年で、400で割り切れない年はうるう年じゃなくなるってことなんですよね。
調べてみたら、
1600年、2000年は閏年
1700年、1800年、1900年は通常年でした。
このあとは、2100年、2200年、2300年が通常年で、
2400年はうるう年になります。
私が「4年の一度の周期なのに、うるう年じゃない!」という経験をすることはできませんが、
8年間2月29日が来ないというのは、この日がお誕生日の人にはかなり悲しいお知らせな気がします。

ちなみに、うるう年ってなんで2月に閏日を挿入するんだろうと思ったら、
どうも古代ローマの暦に由来しているようでして。
結論としては、当時は1年の始まりは「春」、3月1日が新年だったようで、
2月というのは1年最後の月だったんだとか。
単純に年末で調整しよう=2月を増やそうになったっていうことですね。
そもそもなんで2月は28日しかないの?という話も結構面白かったんですが、
また日を改めて書こうと思います。
忘れていなければ。(苦笑)
[ 2016/02/29 23:45 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

冬ですねえ 

今年は雪も積もらないのかなと思っていましたが、先週来ましたね。
どっとひと降り、あっという間にあたりが真っ白になりました。
その中にツバキの蕾が。
雪の中で映えますね。
毎年見ていますが、心がちょっと暖かくなる好きな景色です。

雪椿
[ 2016/01/30 00:59 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

小正月 

あっという間に小正月。
豊作を祈る日ですね。
とある商店を訪ねたらまゆ玉が飾られてました。
うちの県では多分ここ1軒ではないかと思われるまゆ玉作りの老舗があり、
職人さんがひとつひとつ筆で色付をされていたかと思うのですが、
昨年から注文を受けなくなってしまったようでして……。
昨今の世情から見て、後継者がいないのかなあなんて残念に思っています。
私、かぶのまゆ玉って初めて見ました。
「根が付きますように」とか「株があがりますように」なんて意味があるそうです。
この鮮やかな色合を見ていると、華やかな気持ちになりますね。

小正月
[ 2016/01/15 01:50 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

謹賀新年 


あけましておめでとうございます

みなさまにとって2016年が良き1年となりますように
そして本年もよろしくお願い申し上げます


event06_500x375.jpg


Photo by FlashNatural
[ 2016/01/05 12:35 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

クリスマスも過ぎて 

クリスマスが過ぎて、世間は一気に年末モードですね。
挨拶も「良いお年を」に変わり、「掃除しなきゃな~」なんて思い始めたところです。

それにしてもこんなに暖かいクリスマスがあったでしょうか。
ヨーロッパも気温が高いようで、
クリスマスマーケットの様子を見ても雪もないし寒そうでもないし、
こうやって季節感みたいなものが変化していくんだなあとちょっと感傷に浸ってしまいました。




いまさらだけど、ベルリン・フィルの「きよしこの夜」を聴いていたら、
欧州のクリスマス独特の香りと凍えるような空気を思い出して、これまた感傷に浸ってしまい……。

日本では明治時代からクリスマス行事をやってたんですね。
Wikiを見ていたら、
<昭和初期から、日本のクリスマス・イヴはカップルが一緒に過ごす日でもあった。>
なんて記述があり、さらに1931年(昭和6年)12月25日に報知新聞掲載された記事の抜粋で、

 「クリスマスイーヴ(東京)」
 …(略)
 「モシモシ、失礼なんですけれど、貴女がたはお二人だけなんですか」
 「マァ、失礼な方!」
 「僕たちも二人っきりで、サッキからカスンでるんでス、
 一緒に御飯をたべさせてくれませんかァ」
 「マア図々しいワネ」
 「アラ、いいわよ。そのかはり君たちお払いするのヨ」
 「O・K!」
 一九三一年を送らうとしているお嬢様たちは、この位チャッカリしていらっしゃるのです。
 かうして楽しいクリスマスの犠牲になって、くやしがりながらシメられる七面鳥の数は、
 東京全市で千二三百羽にのぼるのです。
 …(略)


なんてのが載っていて、「全然変わってないんだなあ」と、妙に感心してしまいました。
近年は「クリぼっち」だの「シングルベル」だの言われるようになってますが、
昭和の頃から同じ思いを抱えていたようで。(苦笑)
結局のところ、時代が移って価値観が変化しても、
人間の根本的な部分はそんなに変わらないもんなんだなと改めて思った次第です。
みなさんは2015年のクリスマス、どんなふうに過ごしましたか?
[ 2015/12/26 22:21 ] 日常 | TB(0) | CM(2)