瓦そば

去年の長州紀行(7月)レポを放置したまま、いつしか1年たってしまいそう。(汗
8月に国体のちょるるくんネタを書き、10月に萩の幸隆神社ネタを書き、
結局歴史的なものは何にも書いてませーん。
幕末、というかそもそも長州という土地が未知の世界な私。
ちゃんとレポを書くにはかなりあれこれ資料を読まないといけないと思うんですが、
幕末スキーのみなさんやかの地を旅した方々がすでに詳しく書いておられるので、
別に私がここで書かなくってもいいかなーと丸投げすることにしました。
ということで私は、戦国目線とか北国目線とか無知目線とか、そんな感じでぼちぼちお届けします。(爆
そのときどきでツッコんだりご教授くださればこれ幸いにございます。

で、これ。

瓦そば

長府の維新ダイニング十楽さんでいただいた瓦そば。
熱した瓦の上に茶そばと牛肉、レモン、錦糸卵がのっているのが一般的だそうです。
普通のめんつゆにねぎ、もみじおろしといった薬味でいただきます。
基本的に茶そばって結構麺がやわらかいので、瓦でカリッと焼いてあるとおいしいです。
下関の郷土料理だそうですが、「何で茶そばなの?」というのが素朴な疑問。
ググってみると、
西南戦争の際に熊本城を囲む薩摩軍の兵士たちが、
野戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べた

という逸話をもとに、1961年に高瀬慎一が開発した(wikiより)ということらしいので、
茶そばは野草をイメージしているのか?と無理やり理解してみました。
熊本城って多くの人は加藤清正を連想するんでしょうけど、
私は西南戦争と西郷隆盛だったりします。
理由は簡単で、初めて熊本城を意識したのが日テレ時代劇の「田原坂」だったからです。
その後実際に熊本城に行く機会があったため、熊本城には幕末のイメージが強いんです。
ちなみに「田原坂」の主題歌「遥かな轍」(by堀内孝雄)は今でも歌えると思います。(笑

お店の左手には壇具川が流れ、対岸には長府藩侍屋敷長屋が見えます。
非常に風情のある風景でしたよ。

6 Comments

びびんば  

美味しそう・・・・

幕末の事はよく分かりませぬが、その瓦そば・・・・とても美味しそうです
蕎麦がカリッとしている・・・・なんて、とても魅力的です(うっとり)

食べ物にのみ食いついて、申し訳ござもはん(頭深々)

2011/02/14 (Mon) 21:30 | EDIT | REPLY |   

Aki_1031  

おおお!長州紀行だ☆
…って、ワタシもハンパで止まったままですが(汗)。

なんだかんだでのっけから瓦そばを堪能したんですよねー(笑)。
懐かしいなぁ。。。
「白虎隊」「五稜郭」と堪能して、実は「田原坂」だけ見ていません。
でもそろそろ見てみようかしら。
DVDでレンタルされていると
いいんだけれど…(白虎隊も五稜郭も“ビデオ”レンタルでした・泣笑)

2011/02/14 (Mon) 23:57 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■びびんばさん

どちらかというと茶そばはあのもたっとした麺の食感が苦手なんですが、
瓦で焼いてあるのと牛肉とのコンビが意外とよかったですよ。
下関のご家庭では、フライパンで作られるそうです。
麺が余ったときとか活用できそうですよね~。

2011/02/15 (Tue) 19:27 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■Akiさん

やっと着手しました。(汗
すでに「懐かしい」お話ですよね。
時がたつのはあっという間ですねー。

日テレの年末時代劇スペシャルはDVDになってるはずですよ。
レンタルもあるはず……!
で、Akiさん、肝心の「奇兵隊」はご覧になってないんですね?
私は「五稜郭」までしか見ていないんですが、「田原坂」が一番印象に残ってます。
なぜだろう……。
またこのシリーズ見返したいな~。
見たことのない、マツケンサンバな高杉晋作(@奇兵隊)も。

2011/02/15 (Tue) 19:39 | EDIT | REPLY |   

豆州  

焼いたそばをめんつゆにつけて食べるのですか~
風情のある街中で食したら、より風情を感じられそうですね^^

「白虎隊」の主題歌の「愛しき日々」ならば歌えます^^♪

2011/02/15 (Tue) 21:14 | REPLY |   

カタリーナ  

■豆州さん

ちょっと焦げた麺をめんつゆにつけていただきます。
これもなかなかオツなもんです。
東京都内には下関の郷土料理店などありそうですよね。

♪愛しき日々のはかなさは……
でしたっけ。
これも多分歌えると思います。(笑

2011/02/16 (Wed) 23:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment