Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

『危険な関係』@シアターコクーン 

DSC_0153.jpg

シアターコクーンで舞台「危険な関係」を観てきました。
グレン・クローズやジョン・マルコヴィッチが出演しての映画にもなりましたし、
宝塚ファンには「仮面のロマネスク」として知られている作品です。
(いつか仮面のロマネスクの感想も書きたいです)

上演が発表になったのは今年の春先でしたが、その瞬間、
「玉木宏がヴァルモン子爵をやるの? なにそれ美味しすぎる!」
と、もうそれだけで観劇を即決。(爆)
初日開けてから、ぱらぱらっと感想に目を通してみたんですが、
みなさんまず玉木くんの半裸の肉体美を大絶賛!
「鼻血~鼻血~。生きて帰れない~」という叫びで溢れていました。
その一方で、芝居そのものの感想はあまりなく、
そもそも話が入り組んでいてわかりづらいという意見が多かったんです。
ここでちょっと「大丈夫かな……」とそこはかとなく不安を感じたのですが……。

さて、ヴァルモン子爵=玉木宏、メルトゥイユ侯爵夫人=鈴木京香 のキャストで始まった舞台ですが、
音楽はジングル程度で最低限しかなく、まさに丁々発止の会話のやり取りで展開する、
実に緊張感に満ち満ちたものでした。
最近ニュースで、
「ミュージカル鑑賞が、約30分のエクササイズと同じくらい健康にいいことが明らかになった」
という研究報告を取り上げていましたが、それを実体験するような舞台でした。
とにかく膨大なセリフの応酬が激しくて、言葉を理解し、物語の展開を追うだけで、
脳も体もエネルギーを消耗する感じ。
今まで様々な舞台を見てきましたが、こんなに疲れた観劇はなかったです。

長くなるのでたたみます。
[ 2017/11/18 00:28 ] 舞台 | TB(0) | CM(0)

壺切茶 

修学旅行のお土産に、祇園辻利の「壺切茶」をもらいました。
煎茶、ほうじ茶、玄米茶のティーパックがそれぞれ2つずつ入っています。
すごく可愛いお土産に、思わず顔がほころんじゃいました。
観光バスの添乗員さんに教えてもらったんですって。
でもこれ、修学旅行のお土産にしては、ちょっと奮発じゃないですか?
なにかお返ししなくっちゃ。

壺切茶というのは、荒茶(摘んだ茶葉を揉んだり乾燥させたりしただけのもの)を壺に入れて封をし、
熟成させるためにそのままひと夏越させ、秋になってからお茶製品として整えたもののこと。
茶道では、秋にこの壺の封を切る行事があって、それで「壺切」という秋限定のお茶があると、
テレビで見た記憶があります。

寒くなって、すっかり温かい飲み物の季節になりました。
どんな味がするのか、お茶を淹れる日が楽しみです。

壺切茶
[ 2017/11/17 01:30 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(0)